オノレ・ド・バルザックの名言

2019年9月5日
オノレ・ド・バルザックの名言は、彼の心、また経験から生まれました。今回はそのうちの最も有名なものをいくつかご紹介します。

劇作家兼小説家のオノレ・ド・バルザック。彼の言葉の中でどれが最も素晴らしいかを決めるのは容易なことではありません。彼のどの言葉を取っても、それは美しく知恵の詰め込まれたものばかりなのです。彼は史上最高の小説家の1人と言えます。

こちらもご覧ください ガンディーが残した31の名言とその哲学

 

彼の名言の興味深い側面は、リアリズムとその鋭さです。それは人間のありようをはっきりと思い浮かべることの出来るものばかりです。オノレ・ド・バルザックは個人や社会の様子を深い視点からとらえており、彼の作品はそれを上手く反映しています。

また彼の作品では人間の複雑性の尊さを表現しています。登場するキャラクターに、単純明快な人物はいません。彼は私たち全員の中にある矛盾の力をよく理解しており、人間の持つ偉大さを引き出しつつ、その悲惨さを強調しています。これはバルザックの名言にも最も良くみられる特徴です。

 

「幸せは勇気と努力の賜物である。これまでたくさんの不幸を目にしてきたが、私はエネルギーと、何よりも希望を持って、彼らを乗り越えさせた。」

- オノレ・ド・バルザック

 

オレノ・ド・バルザック 名言

 

オノレ・ド・バルザックの深い洞察力

「忘却は強く創造的な人生の秘訣である」

この言葉は、記憶がアイデンティティの構築において明確な役割を果たすように、忘却もまた前へ進むための能力において、決定的な役割を果たすのだという事を述べています。

また「強い意志力なしに、素晴らしい才能はありえない」とも言っています。バルザック自身がそれを証明しています。彼は1日15時間働き、また眠らない日も多々ありました。これが「人間喜劇」が不朽の作品である所以なのです。

「あなたが力に不信を抱くとき、あなたはその力を不信そのものに与えている」。これは自分自身への不安についての、真実をついた言葉です。

こちらもご覧ください ポジティブな人は健全な人間関係の燃料

 

オノレ・ド・バルザック、考える人

オノレ・ド・バルザックは多くの人生とその意味について、そして価値とその意味について書きました「最悪の不幸は決して起こらない。不幸を予測するから悲惨な目に合うのだ」とこれらの思考から導き出された結果を述べています。どのような悪いことが降りかかるのだろうと考えるのは無意味なのです。

バルザックの名言の中では、悪と情熱が何度も繰り返し出てきます。

「高潔な情熱は悪のようなものである:満たせば満たすほど、より大きくなる」

これは情熱にはポジティブな面とネガティブな面があることを語っています。情熱も悪も、どちらも際限なく膨らむものなのです。

「大きな危機は、心を折るか強くする」ここでの「強い」とは、柔軟になるという意味です。

オノレ・ド・バルザック 名言

 

人間関係

友情に関する素晴らしい名言もあります。「友情を確かなものにし、その魅力を倍増させるものは、愛が欠けていると感じる気持ち、つまりは確実性である」彼は全く間違っていません。ロマンチックな恋には常に不安が存在し、友情は確実性を与えてくれます

また人間関係について、バルザックは「悪党が血みどろの戦いの末和解するのに対し、恋人は一瞬のよそ見や言葉が原因で別れる」と言っており、本物の愛は、都合の良さや習慣に基づくものより遥かに繊細なのです。

フランス人であるバルザックは、外観とエレガントさに力を注ぎました。「優雅さは、人と同じように何もせず、人がしていること全てを行っているという印象を与える科学である」

その他の歴史上の人物と同じく、バルザックの人生も決して単純なものではありませんでした。劣悪な幼少、青年時代を生き抜き、彼の言う「知力の詰まり」へと陥りました。彼は小説や知人と楽しく戯れることを愛し、文学という形で私たちに多くの知識を残してくれたのです。

  • Benjamin, R. (1962). La vie prodigieuse de Balzac. Union générale d’éditions.