本当の「ユートピア」とはなんだろう?

27 8月, 2020
ユートピアという概念をしっかりと理解できるよう、この記事ではその定義と有用性に焦点を当てて説明していきます。

「ユートピア」は私たちの日常生活にも馴染みの深い言葉で、理想的な社会や架空の社会を議論する際に主張や反論として使用しやすい概念です。しかし、そこには現代社会が私たちに示しているよりももっと深い意味が隠れているのかもしれません。だからこそ、「ユートピアとは本当はどんなものなのか?」と自問してみることが重要なのです。

まずはこの概念の語源を探っていきましょう。ユートピアという言葉は、ギリシャ語の「ou-topos」という言葉から来ています。これを直訳すると「どこにもない場所」という意味になり、存在しない場所を指す言葉です。最初にこの言葉が使われたのはトマス・モアによる小説『ユートピア』の中ででした。この著名な物語の舞台となる島を治めているのは、平和的でのどかな政府です。内容としては、15世紀および16世紀の政治団体を批判するものでもありました。

ユートピアという概念をしっかりと理解できるよう、この記事ではその定義と有用性に焦点を当てて説明していきます。こうすることで、ユートピアを絶対にあり得ない実現不可能なものと決めつけることなく適切にこの用語を使えるようになるはずです。

ユートピアの定義

長年に渡って、人間社会は牧歌的な世界を夢見たり、完璧な社会を獲得するための方法を模索してきました。そしてそこからユートピアという言葉が使われるようになります。それは、完璧な社会とはどうあるべきかについて、その政府や共同体、市民にも触れながら理論化しようという試みでした。ここで重要なのは、この架空の世界は即座に現実社会に適用できるようなものではなく、現在の世界の文脈に取り入れられるような政治システムを見つけようとするものでもないという点です。

このアイディアを理論化するときの目的は、考え得る中で最善の社会制度を見つけ出すことです。これはただある考えを理論として形式化しようと試みているだけであり、その考えやシステムを現実世界に採用する際の困難さなどは考慮されません。したがって、私たちは何の制約もなしに架空の完璧な社会を創造することができるのです。ただ、完璧な社会という概念はいささか曖昧で主観的です。そのため、この思想は歴史を通じて常に変化していますし、また、各人の観点によっても変わってきます。

ユートピア

これまでの歴史上で、人類はたくさんのユートピアの概念を作り出してきました。中でも最も古い部類に入るのがプラトンのものでしょう。彼の考えるユートピアでは、社会は三つの階級に分けられており、そのメンバーはスキルや能力に応じて各階級に割り当てられます。その三つの階級とは、政治階級、軍人階級、そして農民階級です。そしてこれら三階級がきちんと機能し、管理されていれば完璧で平和的な社会を築くことができるだろうというのが基本的な彼の思想だったのです。

また、ユートピア社会主義(空想的社会主義)などのもっと現代的なユートピアも数多く存在します。ユートピア社会主義の目的は、資本主義とそれによる個人の労働力の搾取を批判することです。ここでのユートピアは協調的で自己管理された社会を土台としています。社会が最大限に発達するためには、人々が相互に協力し合い、共同で作業し、議会で意思決定をしていくことが必要だ、というのがこの思想の内容です。

ユートピアとその有用性

ユートピアは幅広い思想の絡む奥が深いトピックであり、哲学者や思想家、政治家などによって広く用いられています。しかし、「現実生活に適用するのが難しいのであれば、理想的で完璧な社会を理論上だけで作り出すことにどのような有用性があるのだろう?」という疑問が湧いてきますよね。ユートピアには現実味が欠けている、あるいは実用的な目的が存在していない、と多くの人が誤解していますが、そのような考え方は事実からはかけ離れています。

あるユートピアの有用性を評価する際には、四つの異なる機能を考慮してみると良いでしょう。これらは発案者がその理想的社会を作った際に用いた観点によって変わってきます。その四つの機能とは以下の通りです。

  • 批判:目的は現在の社会制度を批判することです。理想的なシステムを作り上げることで、現在の現実社会がどれほど質が悪いものなのかを推し量ることができます。これにより、人々は現行制度に疑問を抱き、変化の必要性を重視できるようになるのです
  • 評価:この機能は一つ前のものと密接に関連しており、様々な社会を研究する上でのユートピアの重要性を示すものでもあります。ユートピアという思想は、社会組織が用いる様々な手法を分析したり、私たち自身の政治社会システムへの理解を深めるために役立ちます。
  • 希望:このトピックに関するもっと人間性の高い面についても触れておきましょう。ユートピアの中には、希望を生み出す力を秘めたものがあります。その目的は、より良い社会を実現することは決して不可能ではないのだ、と人々に伝えることです。
  • 案内役:ユートピアは目指すべきゴール、あるいは目標とされるべきです。完璧な、あるいは理想的なゴールを設定することで、安定した進歩が確約され、今現在すでに自分たちは完璧な社会に暮らしているのだという誤った幻想を打ち破ることができます。
ユートピア

ユートピアという言葉は大抵の場合、現実にはあり得ないものの象徴として用いられます。理想的で社会には役に立たないものというニュアンスを感じさせる言葉だからです。しかし、その印象は間違っています。ユートピアは目標を明確にさせるのに役立ちますし、私たちの道案内役も務めてくれます。人類が常に最善の状態を追い求めて生きてきたことを踏まえれば、ユートピアは非常に重要なものだということになるでしょう。