ほろ苦い人達:言葉よりも饒舌な行動

· 2018年12月30日

どんな人も様々な方法で他人と交流します。親しく連絡を取るのを好む人もいれば、距離を置くことを好む人もいます。簡単に他人を信用する人もいれば、もっとガードが堅い人もいます。こういった意味で、他人の人生を素敵にしてくれる人もいれば、逆に辛いものに変えてしまう人もいます。そして、他人の人生をほろ苦くさせる人もいます。

優しい人と交流するとき、最高の音色に耳を傾けているような気分になります。丁重に扱ってくれて、適切な言葉の使い方を理解しています。思いやりがあって誠実です。他人の人生を辛くさせるような人とはかなり異なります。

「優しい言葉を信用してはいけない。甘い言葉をかける人は、心に毒を宿している。」

ほろ苦い人:どんな人達か

私たちが聞きたいような言葉を発して、自分は相手の人生に起こった最高の出来事である、と思わせる人がいます。大抵、褒め言葉承認を求める、または他人の気分を良くさせようとします。この二つを同時に達成できることすらあります。しかし、彼らの言葉が誠実でない時、私たちは行動によって裏切られるのです。

けんか

例えば、子どもの世話においてはあなたが一番だと褒めつつ、自分の子どもの世話をあなたに依頼することはありません。素敵な言葉をかけたとしても、行動が相手の本心を露にし、それが自分にとって害になるようなことがあるのです。そうであったとしても、その人を排除することが難しいこともあります。その言葉が嘘であるとわかっていても、酔いしれてしまうことがあるのです。

相手によって引き起こされた痛みを一瞬忘れてしまったかのようにです。彼らの言葉は、安心感、自信の感覚を与え、現実に戻って相手がうそをついていると認めるのが難しいのです。

ほろ苦い人は他人の人生を辛くする

誰かの言葉が行動と合っていなかったら、その人は他人の人生を辛くさせるような人である可能性があります。さらに、こういった人には次のような特徴がみられます。

  • 誠実でない。最初のうそを見抜くと、あなたはもっと疑心暗鬼になるでしょう。ほかにも嘘があったり、裏の動機があったりするかもしれないと思い始めます。
  • 巧妙嘘は複雑です。しっかり記憶して自制する必要があります。
  • 相手に嫌な思いをさせることを何とも思わない。嫌な思いをさせられていることを伝えても、他人を助けたり、自分の姿勢を変えたりしません。
  • 操作的。言葉を使って、特定のことを行わないことに対して相手に罪悪感を抱かせます。相手の言うことを逆手にとって、それを相手に不利になるように利用します。

あなたの言葉を逆手にとって利用する人に時間を取る価値はありません。彼らは、他人を傷つけたり、自分のメリットを追い求めたりしているだけです。あなたのことを正当に扱わずに、嫌な思いばかりさせる人にはまってしまったと感じたら、距離を置いてください。

誰もが表面的に「やさしい」わけではありません。相手を褒めるときに、本気で言葉を発してる人もいます。さらに、心からの誉め言葉をかけてくれる人もたくさんいます。その言葉に偽りはないため、具体的に何が良かったかを伝えてくれます。

ほろ苦い人から自分を守る方法

他人の人生を辛いものにしてしまう人から自分を守るのは、簡単ではありません。特に、相手が優しい言葉を使う際です。しかし、役に立つ方法がいくつかあります。

  • 境界線を設定
  • 自分自身を信頼
  • 自分自身の価値を認める

他人に辛い思いをさせる人から自分を守ることは、あなた自身の責任です。境界線を設定できるなら、しない手はないですよね?こうすることで、自分を守ることが容易になります。

自分を抱える
ほろ苦い人から自分を守るメリット

偽りの優しさを見せる人から自分を守ることは、自分を解放することです。少しずつ、こういった人は害を生み出していきます。相手が逃れることを段々を難しくしていくのです。境界線を設定するメリットを見ていきましょう。

  • 平安
  • ストレス軽減
  • 罪悪感軽減
  • 安心感
  • より良い自尊心
  • 自己意識の高まり
  • より良い調和

境界線を設定する際に、自意識は自分の味方になります。より良いつながりを自分自身と持つことで、もっとアサーティブになれます。

自分の人生を生き地獄にしてはいけません。いたるところに「人工甘味料」があります。彼らをとめるのはあなたの使命です。美しい言葉をかけるのに扱いがひどい人に耳を傾ける必要がありますか?どんなに甘い言葉であっても、行動は言葉よりも饒舌です。