不安の基礎

· 2017年11月3日

不安 – この感情はとてもよく知られており、誰もが人生の様々な場面で苦しむものです。 不安というものは私たちが生死を分けるような危険を感じるたびに姿を現します。これらは私たちの目には逆境が起こっているように見えます。しかし、客観的に分析すれば、私たちから不安を招きいれていることもあるのです。

不安は、私たちに害を及ぼす可能性のあるものと戦うのを助けたり、必要に応じて私たちが逃げたりするのを助けてくれます。そしてそのために私たちと共にし、仲間や味方になりたがります。

不安という感情は、時にはそれが重くて厄介なものになることがあるということ、そして実際には私たちが消えてほしいと思う重いものであるということをわかってくれません。 では、不安という感情はなぜ招かれていないのに私たちの人生に現れるのでしょうか? どうしてそんなに失礼なことをするのでしょうか?

実際には不安が時折現れるのは私たち自身のせいであり、日々の生活の状況をどのように解釈するのかということと関係しています。 現実は現実であっても、客観的に見れば異なって見ることができるのです。

不安の基礎

すべての感情は、感じるときの行動に影響する認知的または精神的な要素、生理学的または感情的な要素、そして行動的な要素を持っています。さらに、感情は特定の空間的及び時間的な境遇で現れる傾向があります。これらは過去の状況と呼ばれています。

肘をついてうつむく男性

合理的な感情行動療法の父であるアルバート・エリスは、「A-B-Cモデル」と呼ばれる手法を考案し、感情を部分的に分解しました。彼にとっては、すべての感情の問題の根本は、とりわけ、認知的構成要素にあり、彼がこの分解でやろうとしていたのは、すべての構成要素を分析することでした。

Aは、私たちが以前いた、危険なまたは破壊的な状況として言及されます。 Bは認知的要素、すなわち、ネガティブな思考と不合理な思考を指し、ある状況下で自分自身を見つめて、それを解釈したり評価したりするときの私たちの思考に通じます。

認知心理学によれば、これらの思考と信念は、幼児期に受けた訓練、子供の頃の経験、文化の結果であるそうです。

最後に、わたしたちはCを感情的および行動的要素と呼びます。つまり、その状況で私たちが感じること、そしてそれにどのように反応するのかを意味します。

不安には、これらの3つの要素が非常に異なる傾向があり、それを治療するためにはどのような状況が私たちを不安にさせ、どのような状況に直面する必要があるのか​​を分析する必要があります。一方で、私たちが疑ってかかるべき思考や変化、不安感や行動様式もあります。

不安A

Aは人生の状況が人にとって多かれ少なかれ危険であると想定する傾向があります。 客観的に言えば、その状況は危険のを伴うものではありませんが、そうであるかのようにあなたの中で存在しています。 Aを誘発する状況には、社会的、生理的、家族的、または交際関係の内容が含まれています…

重要なのは内容ではなく、むしろ患者が、それを過去に不安を引き起こした状況として明確に識別できることです。

不安のB

Bは感情的な不安状態を作り出す考えや認知です。個人的なものなので主観的なところがAに似ています。すべての人が同じ状況で同じ思考を持っているわけではなく、それぞれの解釈がそれぞれその人自身の世界であり、同じ状況の2つの視点が同じである必要はありません。

不安は、悲劇的かつドラマティックです。それらはもしxxが起きたら、といった常に最悪のシナリオが起こると予想される質問を生み出す場合があります。例えば、もし私が飛行機に乗って、落ちたらどうしよう?といったようなものです。

多くの場合、これらの考えは誇張され、非現実的であり、最悪の事態が起こるとの考えに基づいています。これらの考え方と戦う一つの戦略は、可能性と確率を区別する方法を知ることです。

何かが起こる可能性があるからと言って、それが確実に起こるということはありません。悲劇が起こるのは事実ですが、いつまでも不安を持ち続けることを望まないならば、その不確実性に対処する用意ができていなければなりません。

目をつぶる女性

不安のC

最後に、不安のC要素は、感情的なCまたは行動的なCの2つの部分に分けられます。つまり、どのようにして特定の状況において反応するかです。不安の感情は生理学的に特徴付けられ、それを経験する人にとっては非常に不快です。不安のいくつかの症状は、心臓の動悸、ぼやけた視力、失神、震え、冷たい汗などがあります。

時々、危機への自分の反応を恐れ、これらの症状を増大させ、恐慌の悪循環を作り出す原因となります。

患者が理解する必要があるのは、これらの症状が、私たちの生活を脅かす危険な状況から脱出するのを助けるように設計されていることです。したがって、私たちはそれらを恐れるべきではなく、むしろ完全に反対の対応をするべきです。

不安の典型的な行動Cは、闘争・逃走反応と呼ばれます。私たちが生き残るために何かをしなければならないという感覚に直面したとき、私たちは戦うか逃げるかのどちらかの道を選びます。

この反応は実際に危険な状況では非常に重要ですが、それは私たち自身の思考や不合理なBの産物であるため、危険性がなければ心理的な混乱を招きます。

闘争・逃走反応は、不安の存在を保つための糧となるものです。それは、私たちがその感情を容認することも、自然に減衰させることも許さないのです。さらに、私たちの思考が現実に基づいているか否かを認知的に証明することはできません。

状況を脱して、我々が考えていたことが真実であったことを再確認すると、将来的に同じように対応するようにします。 だから、不安の悪循環は完全であり、私たちがそれに直面するまで、いつまでも私たちの生活の中に潜んでいるのです。