不安を感じない愛は成熟した愛

· 2018年11月14日

愛着でもなく、依存でもなく、愛することは人を豊かにします。自分を相手に捧げ、そこには自由があります。そこに、敗者は存在しません。自分のアイデンティティを歪める必要もなく、ナルシストになる余地もない関係です。このような関係を作ることは可能です。必要なのは、境界線をはっきりさせ、いくつかの基本を理解することだけです。このような関係であれば、相手が自分をどれだけ愛しているかは問題になりません。どのように愛しているかが重要です。

この話を深く掘り下げる前に、ここで言う愛着の意味を説明しましょう。動物行動学において、愛着は人間(特に新生児)にとって重要なものであり、気持ちの繋がりより重要とされています。強力で、長期間に渡るもので、人間の発達に愛着は欠かせません。健康的な愛の象徴であり、性格の形成や発展にもかかわります。

「依存した関係は、自分の魂を犠牲にして誤った快楽や安心を手に入れるようなものだ。」

-ウォルター・リソ-

ここで、恋愛関係における愛着に戻ります。恋愛関係では、安心できる土台、相手が自分のためにいてくれるかを知ることは必要です。関係を強いものにする約束や言葉で、自分は愛されていると感じたいものでしょう。ただ、このような考えは、不安を生み出しやすい環境を作ります。

愛着を土台とした関係では、子どもが親を必要とするように、二人はお互いを必要とします。この世界で自分の居場所を見つけるように、お互いに栄養を求め、確認しあい、依存しあう関係です。このような愛は、必要性、恐怖、依存が土台になっています。

蝶々と女性

 

愛着のない愛

お互いに依存しない関係を築くことは、簡単ではありません。これは、私達が、条件付きの愛に慣れてしまっているからです。相手に自分に合わせることを求めます。孤独を埋め、空虚感を満たすことを求めます。自分の壊れた部分を直し、翼を与え、飛ばせてほしいと願います。多くを求めて重要なことを忘れているのです。出発点は自分だということです

誰もあなたを救う義務はありません。誰もあなたのなりたいもの、あなたの人生を立て直してはくれません。責任はあなたにあるのです私達は、相手に自分を完璧にする希望を託しがちです。ニーズを満たすのは、自分ではなくパートナーだと考えます。このような心理や感情の力学は、私達が育った社会のせいです。

私達の生きる世の中では、ものを所有することで幸せになるという考えが蔓延しています。そのため、いつも何かが足りないような気がし、それがストレスになっているのです。この世の中は、誰かや何かが自分を良くしてくれる、気分を高めてくれるという希望であふれています。人やもの、アイディアに必要以上にとらわれています。どうしたら良いのでしょうか?

夕焼け

このような愛着には毒があります。何か足りない、欠けているという思いに一生とらわれてしまいます。本当は必要でなくても、社会や心がその思いにとらわれているため、常に何かを求めます。これは無自覚で、不安や苦悩への道です。

このような考えに利点はあるでしょうか?答えは、ノーです。ただ、それに気づくことができれば、より幸せな恋愛関係、充実した生活、幸せな人生を取り戻すことができます

 

不安や愛着のない愛

必要性ではなく、夢をもって愛すると言うことは、相手をありのまま受け入れることです。こうなってほしいという希望ではなく、相手をありのまま愛しましょう。太陽や月、星を愛するように相手を愛しましょう。毎日、そこにあり、光を与え、感動を与えてくれる存在です。誰のものでもなく、自分のものにしたいとも思わないでしょう。自分のものではないからと言って、楽しめないわけではありません。

恋愛関係において、愛着のない愛、自由な愛を見出すには、どうしたら良いのでしょうか?

出発点は自分!

  • 自分の心を自由にする:幸せになるためには誰かを必要としないことに気付きましょう。一人でも幸せでいられます。自分の価値を認め、大切にしましょう。
  • 愛着にとらわれない:恐怖から自分を放しましょう。一人になるかもしれないと心配したり不安になる必要はありません。考え、計画、誤った信念など愛着に関わるものを一つずつ解きましょう。必要性や空虚感を埋めるためでなく、自由に、自分を相手に捧げられるようになります。

必要性や無意味な愛着のない愛

  • 毒のある愛は、相手を必要とする強迫観念を生み出すだけではありません。何か問題が生じた時、諦めやすいという特徴もあります。
  • 「境界線のない愛」の意味を知っておきましょう。それは、苦悩、不安、嫉妬、心のもつれ、自尊心の低下、依存を意味します。
  • 愛のある関係は自己成長につながり、相手も成長する関係であるべきです。ありのままでいるスペースを確保しましょう。関係を豊かにします。
ハートの気球

自由という土台の上に関係を築きましょう。そこに不安はありません。強迫観念もありません。そこには、強さと寛大さがあります。お互いの信頼を元に、愛のある関係を作り上げます。愛されていると感じるのであれば、相手をありのまま受け入れましょう。あなたを選んだ相手を信頼しましょう。あなたのそばに相手がいるのは、孤独という幽霊からあなたを守るためではないのです