1日10分の運動でより幸福に

· 2019年3月18日

1日10分の運動でより幸福になるというのは本当だと思いますか?これについて科学が証明していることを見てみましょう!

科学は常に進化して前に進んでいます。今回、1日10分の運動だけで、人がより幸福になることが証明されました。

スポーツや肉体的な活動の一般的なメリットに関してはみなさんお気づきでしょう。運動によって、体が幸福ホルモンを分泌して、より明るく幸せにしてくれます。

1日10分の運動でより幸福になることを研究で証明

この研究は、ミシガン大学によって行われました。研究者のグループが、ポジティブな感情と運動の関係性を探り、特に精神的に健康な人たちに注目しました。

身体的に活発な人は、不安症や鬱などのリスクが低いということはすでに分かっています。しかし、この新しい研究では、適度な運動のポジティブで健康な影響が証明されています。

言い換えれば、何時間もジムで運動したり、毎日散歩に出かけたりする必要はないということです。これらのものが悪いわけではありませんが、少ない努力で運動のポジティブな感情的メリットを得ることもできるわけです。

女性の横顔

研究の発展

研究者たちは、1980年代から行われてきた、運動と幸福を関連付ける23の研究の50万人以上の参加者のデータを分析しました。

データをを分析し、異なる研究への参加者が様々な社会経済的・民族グループに属していることを証明したのち、座りっぱなしの生活の人と活発な人を比較し、1日または1週間に10分の運動をするだけでも、人は幸福感が増すことを証明しました。

この研究では、毎週1時間45分の運動をする人は、20%幸福である確率が高いということが証明されています。この割合は、行う運動の時間が長くなればなるほど増します。毎週2~3時間運動する人であれば、この割合は29%増加します。毎週3時間以上運動する人であれば、その割合は52%まで増加します。

それゆえに、1日10分の運動をすることで、より幸福になると言えます。しかし、幸せ効果を持続させるためには、定期的な運動を習慣にしなくてはいけません。

面白い事実

チェン教授によって率いられた研究者たちは、この結果に驚きました。チェン教授は、『ジャーナル・オブ・ハピネス・スタティーズ(幸福の研究誌)』に発表したこの研究の中で、適度に運動をする人は、より幸福でいる傾向にあると述べています。

研究者たちは、健康な体と、運動の中での人との交流によって生み出された幸福感を強調しています。別の専門家たちも、運動が減量への助けとなり、これによって自尊心が高まり、ボディーイメージを改善させると支持しています

ランニングする男性
運動のその他のメリット

運動は、1度にひとつの活動のみに人を集中させます。これによって、精神的な騒音やネガティブな思考を軽減できます

運動をするとき、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンが分泌されます。これらの3つの神経伝達物質は、それぞれ、穏やかさ、喜び、多幸状態に関連しています。

1日10分のエクササイズが、人をより幸福にしてくれるということは、想像さえできなかったかもしれません。さて、時間を無駄にしないでください。今日から運動を始めましょう!

「栄光は、様々な場所で勝利することではない。栄光とは、練習を楽しみ、毎日を楽しみ、一生懸命努力することを楽しみ、以前に比べより良いプレーヤーになるように努力することだ。」

-ラファエル・ナダル-