遺伝学と精神分析学の理論:心理性的発達段階

2019年11月9日
フロイトは人格に関して様々な理論を発表しました。その多くが当時、抜本的で、革命的なものでした。中でも興味深いのが遺伝学と精神分析学の理論です。

これまでの著名人のおかげで、1世紀前と比べ、私達は人格に関し異なる視点をもつことができています。精神分析学の父ジークムント・フロイトはその一人です。魂に対する彼の新しい見方により、その時代としては非常に過激的な理論が生まれました。その一つが、ここでご紹介する遺伝学と精神分析学の理論です。

セクシャリティと無意識の心の研究を始めたのはフロイトではありません。しかし、彼は、この話題に関し様々な視点をもたらしてくれました。それが精神力学です。彼の理論、研究、臨床実践、出版が心理学会に革命を起こしました。

セクシャリティに関する彼の考えは、多くの議論を巻き起こしました。当時の考え方とは異なるもので、子どものセクシャリティなどと向き合ったのです。

「セクシャリティにおいて、私達は皆、関係しており、病気であろうと健康であろうと、偽善者以外の何ものでもない」

-ジークムント・フロイト-

遺伝学 精神分析学 理論 心理性的発達段階

 

遺伝学と精神分析学:はじまり

精神分析学の概念は他の概念にも関係するため、非常に複雑です。単純にひとつの定義を決めることはできません。それは、これらがお互いに補い合い、常に動き変化し続けるためです。遺伝学と精神分析学の起源を特定するのも困難です

実際は、フロイトの他の探索から生じた理論的暗示のようです。彼の研究のみでなく、病院で受けた教育や臨床実践で携わった患者も関係します。

もし、遺伝学と精神分析学のはじまりをひとつに特定するのであれば、この理論は、著書Three Essays on the Theory of Sexualityで、形成されたということになるでしょう。

 

遺伝学と精神分析学:関係は?

フロイトは人格を理解するために、いくつものモデルを考えました。遺伝学的モデルもそのひとつです。その他には、地形的、動的、経済的、構造的モデルがあります。

遺伝学的モデルは、特に、性感帯の刺激を通した快楽の追求に焦点を当てたものです。これは、生涯に渡るもので、幼少期も刺激の追求の例外ではありません。

満足の種類により人格は発展するというのが彼の考えです。例えば、満足へのフラストレーションは、過度の満足がある場合とは別の人格を生みます。精神分析学によると、人の発達はそれぞれ異なるため、ひとりひとり違うのだと言います。

 

精神分析学における心理性的発達段階

精神分析学のこのモデルにはいくつかのステージがあります。各ステージに対する性感帯、固執、突発性フラストレーションがあります。心理性的発達段階と呼ばれるステージを次に紹介します

口唇期

誕生から18か月までです。性感帯は口です。キス、おっぱいを吸うこと、噛む、食べるなど口唇で満足感を得ます。

これには2つのサブステージがあります。ひとつが受動的口唇期で、吸うことにより快感を得ます。もうひとつは、能動的口唇期で、歯が生え、噛めるようになった時に始まります。

このステージに固執すると、受動的な性格になり、快感を感じる部位は口のまま変わりません喫煙をする人がそうです。突発性のフラストレーションは攻撃的になりやすく、敵対的方法により快楽を求めます。

肛門期

18ヶ月~4歳頃です。保持と開放の両方の意味で、快感の中心は肛門にあります。

排泄物に関わる加虐的肛門期もあります。ここに固執すると、大人になった時、いつもお金を使う原因になります。受動的、保持的ステージもあり、絶え間ない括約筋のコントロールに関係します。常にコントロールしていたいため、非常に厳しい人になりやすいのです。

男根期

4~7歳です。性感帯は性器です。このステージで子どもは自分の体により関心をもち、自慰の回数が増えます。また、性的な違いに不安を覚えたり、父親や母親と自分を同一視し始めます。

これは、人格を形成する、エディプスコンプレックスにつながります。これには、ポジティブなものとネガティブなものがあります。

ポジティブだと、子どもは、性の違う親に魅力を感じ、同じ性の親に競争心を燃やしたり、嫌ったりします。ネガティブなものは、この反対です。同じ性の親を嫌い、性の違う親に魅力を感じます。

潜在期

およそ7~12歳です。ここでは、自分の置かれる環境に順応するまで、性的本能は抑圧され、学習しやすい状態です。人格が本当に形成され始める時期です。子どもは同じ性の子どもと遊ぶことがよくあります。

性器期

12歳以降で、性感帯は、性器に戻ります。セクシャルアイデンティティが再構築されます。また、エディプスファンタジーが始まります。ティーンエージャーになる直前に始まり、性的衝動を動かし、性交に繋がります。

遺伝学 精神分析学 理論 心理性的発達段階

 

さいごに

心理性的発達には、多様性があり、複数のステージが同時に発生することもあります。また、特定の段階での発達が、障害を引き起こす可能性もあります。

お分かりいただけたように、フロイトの遺伝学と精神分析学の理論が起源となり、セクシャリティの視点から人格を捉えるようになりました。これは当時革命的な考え方で、今でも論争の的となっています。

Freud, S. (2012). Tres ensayos sobre una teoría sexual. Buenos Aires: Alianza editorial.

Domínguez, D. (2014). La singularidad de la teoría psicoanalítica. Jornadas Jaques Lacan y la psicopatología. Psicopatología Cátedra II- Universidad de Buenos Aires, Argentina.