良い履歴書のための7つのアドバイス

2019年7月9日
履歴書を改善することは、見た目だけの問題ではありません。視覚的に魅力的なものを提出することは重要ですが、中身が落胆させないような内容であることも重要です。

現代の社会では、幸福を感じることができるような仕事を見つけることは困難です。競争とより選択的な労働市場で、自分自身の能力を疑い始めることもあるかもしれません。履歴書を改善する方法に関する情報は、常に新しいものが出されています。しかし、どういったステップがとる価値があるものかということに関しては、明確にされていないかもしれません。 

目を引く履歴書を作ることは、簡単ではありません。周りを見渡すと、革新的な方法を使っている人達をたくさん目にします。動画履歴書やテンプレートは、ネット上で簡単に見つけられます。

しかし、履歴書を改善することは、見た目だけの問題ではありません。視覚的に魅力的なものを提出することは重要ですが、中身が落胆させないような内容であることも重要です。そこに込められたメッセージが良くないと、色やフォントの価値はほとんどありません。

ここでご紹介するコツのいくつかはすでにご存知かもしれませんが、完全に新しいものもあるかと思います。重要なことは、これらのアドバイスを有効活用して、世界に自分の能力を知ってもらうことです!

良い履歴書のための7つのアドバイス

1. うそは書かない

履歴書に嘘を盛り込まないことは当たり前のように思うかもしれません。しかし、偽りで溢れた履歴書はたくさん存在します。一度もしたことがない職歴を書いたり、自分の地位を偽ったり、達成していないことをでっちあげたりすることは、悲惨な状況を導きます。恥ずかしいだけでなく、正しくありません。

正直でいることは、徳であるだけでなく、知的です。上司や面接官があなたが重要なことに関してうそを言っていることを見抜いたら、信頼を失います。企業に信頼できない人は置いておけません。そのような印象を与えないようにしましょう。良い履歴書 アドバイス

2. 自分と他人を差別化する

あなたを他人から際立たせることを強調しましょう。履歴書の見た目だけでなく、スキルに置いてもです。外国語を学んで、特別なコースを強調して、ボランティアしたことも追加しましょう。

ほぼすべての履歴書に言える問題は、どれも似たり寄ったりということです。数年前は英語だけが必要な言語でした。今はもうそうではありません。キャリアの道筋が独特であればあるほど、将来の雇用者の興味をそそります。

「自分の好きな仕事を選びなさい。そうすれば、人生の中で『仕事をする』ことはもうなくなります。」

-孔子-

3. 適切な長さ

長すぎても短すぎてもいけません。たくさんの企業に短期間働いていたことではなく、一つの企業に数年働いていたことを強調しましょう。前者は不安定な印象を与えてしまいかねません。

達成したことが伝えておくべき価値があるのではない限り、学校や大学に関する情報は載せすぎないようにしましょう。つまらない情報は、すべて削除すべきです。理想的な長さは、2ページです。

4. 趣味に言及しない

多くの人は、面接官とつながりを持とうと、個人的な情報を組み込みすぎてしまっています。これは間違いであるだけでなく、プロ意識に欠ける印象を残してしまいます。自分の人生における目標やこの仕事における目標を、短く記載しましょう。

自分だけがわかるように表現やフレーズは避けましょう。フォーマルと親密さの中間地点を目指し、極端には成りすぎないようにしてください。

5. 推薦状を添える

多くの仕事で、推薦状を求められるかもしれません。お世話になった先生と長らく連絡を取っていない場合、推薦状を得ることは難しいこともあるでしょう。まだ現役で先生をされているのであれば、実際に会ってお願いしてみてください。

昔の上司でも同じことが言えます。相手はまだ同じ仕事についている可能性が高いので、こちらの方が入手が簡単かもしれません。しかし、すべての企業が推薦状の提出を義務化しているわけではありません。

良い履歴書 アドバイス
6. 校正

文法の間違いや漢字間違いは、なんとしても避けるべきです。自分の履歴書を見返して、仕事に影響してしまいそうな間違いを避けなくてはいけません。これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、多くの人が忘れてしまいがちです。間違いだらけの履歴書は、注意力に欠けている、あるいは学がないという印象を与えてしまいます。企業はそのような人を雇ってはくれません。

7. ボランティアはプラス要素

履歴書にボランティア歴を書くことは、必要ではないですが推奨されています。潜在的に関連した経験であることに加え、ボランティアとして過ごした時間はプラスに働きます。興味があることを見つけて、数か月ボランティアをしましょう。たくさんことを学んで、もっとボランティアがしたくなってしまうかもしれません。

どんな企業も、社会的な大義に献身するような人には惹かれます。誠実さや他人への関心を見せることで、キャリアを向上させるだけでなく、自身の人生も向上します。

結論としては、履歴書は採用過程で重要な部分です。しかし、重要なのはそれだけではありません。あまり関係のない情報で、履歴書を埋めないようにしましょう。情報を組み込みつつ、価値のあることに全力を傾けましょう。