仕事場での幸福の見つけ方

2019年4月7日

人は一日の多くを仕事に費やしています。そのため、働いている場所で幸福を感じられることはとても重要です。仕事場で幸せでなかったら、不幸と不満が自分の生活の別の部分にも蔓延していきます。

複雑なように感じられるかもしれませんが、仕事場で幸福を見つけることは、習慣さえあれば可能です。特定の状況における自分の見方を変える必要もあるかもしれません。仕事としているものに比較的満足できていることも重要です。そうでなければ、幸福を見つけるのは困難です。

仕事場での満足感における第一歩は、仕事の気に障る部分を特定することです。スリクマー・S. ラオなどの多くの学者が、仕事場での幸福の見つけ方に注目しています。どの人も、気にかかることを特定することの重要性を強調しています。

スリクマー・S. ラオは、ポジティブな姿勢の重要性も強調しています。すべての従業員が幸せになるのに必要なのは、見方の変化であるというのがこのインド人教授の考えです。その見方の変化のためには、わたしたちがネガティブから遠ざかり、ポジティブなものへ向かっていく必要があります。どのように行えばよいか見ていきましょう。

1.仕事を大事にする

幸福を見つけるための一つ目のカギは、自分のしていることを大事にすることです。その地位が自分にとってふさわしいものでないと感じても、自分の仕事ぶりは重要です。大抵の場合、良い気分でいることは、環境よりも物の捉え方に関係しています。

パソコンと男性

さらに、良い気分で一日を始める人は、より良い仕事っぷりを発揮します。その為、自分のしていることを大切にして、ポジティブなエネルギーで一日を始めれば、幸福を見つけるのは容易になります。

限界を設定すべき時とやめるべき時をわかっていることも重要です。自分の仕事が感情的・肉体的健康状態に影響を及ぼしている場合はなおさらです。

2.自分とつながる

自分や自分の内面の静けさとつながりを持つことは、幸福へのカギの一つです。こうすることで、不快感を与えている不必要な恐怖や不安に対処できます。さらに、こうすることで自分に自分らしくいることを許すことができます。他人の期待に応える恐怖なく、そのままの自分をさらけ出すことができます。

たとえ違いがあったとしても、チームになじむことは、自分という人間やふるまいを変えることを意味するべきではありません。カギは自分らしくいることです。自分という人間を隠してしまったら、不快感を感じることになるかもしれません。はじめから自分を信じましょう。こうすることが、自分の能力を証明して、潜在能力を十分にいかす唯一の方法です。

「仕事には喜びがあります。何かを達成したという気づきに幸せはあります。」

-ヘンリー・フォード-

3.自分に間違いを許しつつ目標を設定する

間違いなく、仕事におけるストレスや不満の原因の一つは、目標が達成されないことです。多くの人が自分ができるより多くのものを抱え込んでいます。一度にたくさんのことをするのは不可能なため、少しずついらだちが募り、やる気がそがれます。

こうなってしまったら、整頓・計画システムを構築することをお勧めします。こうすることで、課題を達成させる自分の能力を精査します。また、他人を助けてあげることができない時もあるということを心に留めておかなくてはいけません。自分の仕事量が多くてやりきることができない時、助けを求めたり、上司に援助を要請しましょう。

 

パーティ

こういった意味で、会話を始めることを恐れないでください。大抵の人は喜んで手伝ってくれるはずです。あなたの努力は報われます。

新しい友達を求めたり、人を知ることを恐れないで下さい。仕事場に友人や助けを貸してくれる人がいることは、仕事に行きたくなる良い理由です。

仕事場で幸福を見つけることは、気分を改善してくれるだけでなく、生産性にもポジティブな影響を及ぼしてくれます。