怒りの心理:常に怒っている人が隠していること

2018年12月13日

常に怒っている人は、燃える木の枝を手に握ったまま離せないかのように、自分を傷つけるものに固執しています。

自分を傷つけた人にいつでも投げつけられるように、このようなものを握っているのです。面白いのは、こうすることで結果的に自分を傷つけてしまうことです。燃えさかるような憎しみや怒りを長く持ち続けていても、良いことはありません。

私たちの多くは、誰かいつも怒っている人を知っているでしょう。しかし、覚えておかなければならないことが一つだけあります。私たちは、この深い自己破壊的な感情を経験する人は、他人を許すことを学ばなかった人たちだと思いがちです。しかし、これは様々なニュアンスを含むとても複雑なものなのです。

人がこの感情に対してどう思うかは関係ありません。思ったより一般的で再発しやすく、誰もこのような感情から逃れることはできないのです。 捨てられたり裏切られたりトラウマになるような経験をした人は、怒りを感じやすくなります。

怒りっぽい人の多くは、すべてを怒りとして自分の中に閉じ込めておく以外選択肢がないと思われるような、複雑で害のある状況の被害者になった経験があります。この感情の裏にある理由を見てみると、彼らのことが理解ができるかもしれません。しかし、心理学的な観点から言うと健全な感情とは言えません。

これが健全ではない理由の一つは、かなり有害な慢性化が特徴だからです。この苦悩の状態はその人の日々の生活の他の側面にも影響を及ぼしかねないほど長引く傾向にあります。気分が変わることもよくあります。他人を信用しなくなり、突然ふるまいが変わったり、他人を不当に扱ったりします。憤慨はさびのようです。広がってすべての構造やアイデンティティーを弱体化させます。

花

怒りっぽい人の特徴と心理データ

起こりぽい人は、自分の中に金庫を持っています。金庫の中には、裏切られた時に感じた痛み、嘘によって引き起こされた痛み、捨てられたことの悲しみを隠しています。これらの経験の詳細を忘れたくないがために、この金庫を保管します。この痛みを怒りに変えるのです。怒りは憎悪を生み出します。

同じように、この危険な方程式の一部であることが多いのが復讐です。物理的に攻撃的なように聞こえますが、直接的でも暴力的でもある必要はありません。相手の人に、自分の罰を味わい、行ったことに対して罪悪感を感じさせたいという思考です。

では、常に怒りっぽい人によく見られる特徴をいくつかご紹介します。

許すことができない

許すことが簡単ではないのはみんなわかっています。しかし、区切りをつけて前に進みたいなら、許すことは重要であるということを胸に留めておかなくてはいけません。怒りっぽい人は誰のことも許したくありません。引き金となる出来事を再生することで、自分の痛みをさらに養います。

こうすることで、絶望と苦悩の感情がますますひどくなります。「フロンティアズ・イン・ヒューマン・ニューロサイエンス誌」に掲載されたピサ大学が行った研究によれば、怒りを巣食わせると感情的な傷が深くなるのに対し、許しは多くの神経構造を制御し、ストレスを軽減して、問題解決に関連している前頭前皮質を活性化させます。

割れたガラス
二分法思考

自分かそれ以外しかない、白黒でなければならない、助けるか裏切るかのどちらかだ…。こういった考え方は、自動的に認知的ゆがみを作り出します。最悪なのは、常に怒っている人は、自分がこんな風に考えているとは気づかないということです。これがあまりにも普通の状態になってしまうんです。極端になるのは、こういった人の物事の処理の仕方です。これが原因でみんなを追いやってしまいます。

かなりのプライド

プライドは、すべてを侵略し、無効化する暴れ馬のようです。常に怒っている人は、いつも防御態勢です。相手が何をしていようが、その人を動揺させる方法を常に見つけ出します。小さなことでも気分を害します。自尊心が高すぎる人と共存し、会話したり、同意に至ることは困難です。結局全部個人的に受け取ってしまうんです。

感情的・心理的必要性を処理することができない

誰だって時には傷つきます。自分を傷つけた人に対してネガティブな感情を抱くことは、悪いことではありません。しかし、そういった人に対していつまでも怒っていたり、出来事や痛みから自分を引き離せなかったりするのは、心理学的に行って普通ではありません。日々そのように感じていても、苦しみしか生み出しません。

自分に起こったことを消化して、前に進まなくてはいけません。さて、前に進むことは必ずしもすべてを許すことを意味するわけではありません。自分の傷を処理するのに心理的な技をうまく使って、新しい経験に自分をさらしてみるということです。自分のいら立ちから抜け出すチャンスを自分自身に与えない人は、 ねたみと恨みに溢れた人生を送ることになります。

カミナリ
怒りに左右されないようにするには

行動主義心理学の記事で、カナダのオンタリオで行われたこのトピックに関する面白い研究が紹介されています。この研究では、怒りっぽい人に感情的な許しを人生に組み込むための正しい心理的ツールを与えることの重要性を議論しています。

これがなぜ重要なのかは、とても分かりやすい理由からです。新しい心理的現実を作り出すために、ネガティブな感情を取り除くことを可能にしてくれるのです。

  • 怒りっぽい人がもっと柔軟な思考を持つことが重要です。訓練をして、物事を新しい視点から見ることができます。
  • 怒りを適切に処理する訓練を与えることも有効です。わい曲された思考は不健全な生理的活性化を引き起こす場合があります。
  • 起こりっぽ人は、過去ではなく未来に焦点を置くことを学ばなくてはいけません。過去の経験だけ考えていると、自由な人生を送れなくなります。これと戦うためには、新しいプロジェクトや新しい人間関係を必要とします。

結論として、怒りは底がない穴のようで、そんなところに住まうべき人はいません。人生が与えてくれる回避の道を最大限にいかさなくてはいけません。自由、幸福、平和、尊厳への道はたくさんあることを覚えておきましょう。