詐欺師症候群(インポスター症候群):能力が不安につながる時

· 2018年5月27日

あなたが何か新しい挑戦をしている状況にあるときには、ある程度不安を感じるのは普通のことです。時間が経って状況にもっと慣れていくと、失敗し、間違いから学び、成長し、より安全に感じるでしょう。そして、あなたはあなたがその分野で精通したと言えるポイントに到達します。

しかし、それは詐欺師症候群(インポスター症候群)の人々には起こりません。

彼らが本当にその分野の専門家であり、そこで多くの実績をあげたとしても、彼らは不安を感じます。彼らが仲間に高く評価されているときでさえ、不安は残っています。

これらの人々は、成功が彼ら自身の知性の賜物であり、本当にそれに値すると受け入れることができません。彼らはそれがすべて運や外的要因のために起こったと信じがちです。

 

それは間違った謙虚さが理由ではありません – 彼らは自分自身をそう行った視点で見ることはありません。実際は、彼らの多くが自身がまるで詐欺師であるかのように、顧客や患者を欺いていると思っています。たとえすべての証拠がその反対を示していても、自分の能力を信じたり、自分の能力を感じることはありません。

詐欺師症候群の原因

不安な女性ー詐欺師症候群

このような人々がまるで失敗しているかのように感じるのには、いくつかの原因があるようです。専門家のヴァレリア・ヨング博士は、以下をその原因と考えています。

家族の子供に対する過度の期待

親が最高の成績を取るように子供に圧力をかけたり、成績を他の子と比較すると、子供は自分が無能に感じるでしょう。もちろん、実際は彼らは無能ではありません。それに加えて、子供たちが常に現在のレベルを上回る必要性を感じるかもしれません。

性のステレオタイプ

今日、性のステレオタイプは男性と女性の両方に影響を与えることが分かっていますが、数年前までは、人々はそれが女性にだけ起こるものと思っていました。男性は成功のメッセージを受け取り、女性は失敗のメッセージを受け取る。社会は完璧な女性になるようにと圧力をかけ、過度の役割を課し、そこに間違いの余地がないと感じさせるのです。

女性は、男性のために「成功」が用意されていると思ってしまうので、成功する権利がほとんどないように感じる。

給与の違い

職場が公平な評価をせず、相応しい賃金を支払っていない場合、その人は自分が思っているほど有能ではないと考える傾向にあり、それが理由で報酬を得られないと考えてしまいます。

女性は特に、性別間の賃金格差を考えます。その専門分野で自身がどれほどの価値があるかについて考えます。

スーツ姿の女性が顔をしかめている

高い期待と自己要求

詐欺師症候群を抱える人は、高度な自己要求をする完璧主義者です。彼らは自分自身に、高すぎて誰もが到達するのが難しいと思える目標を課します。その目標は彼らがどれほど有能であっても関係ありません。

したがって、彼らが現実を歪んだ目線で見ているときには、自分自身を平凡なものとしか見れないのです。彼らは非常に有能で洗練された技術を持っているのにも関わらず、完璧でないと考えます。また、現実的で達成可能な目標を設定しません。

これらの高い期待と要求は、自尊感情が低く、自己イメージが低いことが原因です。これらの要因は、学校や職場で犠牲となっている羨望と嫌悪感によって補強されています。

詐欺師症候群を克服する方法

詐欺師症候群は、「不安」の問題です。自分の業績を信じられず、自身は賞賛に値しない、あるいは成功するのにふさわしくないように感じます。彼らは、他の人が自身が無能であることを発見したときに、自身を嘘つき(詐欺師)と名づけるだろうと考えてしまいます。

これは、無知な人が自分の無知を知らないという、ダンニング・クルーガー効果の正反対を表しています。

面白いのは、彼らの極端な完璧主義から発生した不安定さは、彼らが恐れるもの、すなわち失敗につながる行動を取らせる可能性があるからです。そのため、詐欺師症候群を抱える人より能力の低い人が、自分自身を過信することなく、より自信を持っているので、多くのことができるのです。

 

あなた自身を信じて始める

詐欺師症候群を克服するためには、まず自分自身を信じることです。自分自身をよく知りましょう。あなたが何を与えることができ、あなたの限界はどこにあるか。あなたが間違いをたくさんすることを知って、あなた自身を信頼してください。

失敗を最小限に抑えるのではなく、成功と成果を受け入れて楽しむことも必要です。あなたがしていることのために自分自身を評価しなければ、他の人にとってあなたを評価することはさらに難しいものになるでしょう。

あなたが賞賛を受けるたびに、その人に感謝し、それを将来のやる気の強化剤として役立ててください。

夕日に向かって両手をあげる女性

最後に、物事を遅らせることをやめましょう。詐欺師症候群に苦しむ人々は、彼らが最初から失敗するのではないかと恐れているので、しばしば物事を放棄しがちです。

その結果、彼らは仕事にいつも満足することができず、この不満はやる気を削ぐことなります。ときには、不安やうつ病さえも、積み重ねられたすべてのことから生じます。

最も成功した人たちでさえ無能に感じ、多くの不安を抱えています。鍵は目標達成を諦めることではなく、無条件に自分自身を受け入れることです。

それがあなたがたどり着きたいところに到達する唯一の方法です。そうしないと、あなたができなかった理由を理解することはできません。