インビテーションテクニック:受け入れる方法

2018年6月2日 in 心理学 0 シェア済み
招待状

心理学は常に、患者が自分の人生の恩恵を受け、感情や外部状況によってすべてのコントロールを奪われないような力を与えることを意図しています。メインとなるアイディアは、無条件に自分自身、他人、そして人生を受け入れることです。このようにして、私たちに起こるすべてが正しく影響を与えるようにします。

それは妥協することではありません。妥協することは、自分がコントロールできる快適域に自身を留めることです。しかしそれは私たちに受け入れることを教えてくれるものではありません。私たちは、翼を広げて飛び立ち、人生が私たちに用意した魔法を見つけに行くことをまだ恐れているのです。

私たちは妥協する人を望んでいません。私たちは、人生に積極的に取り組む情熱的な人が好きです。目標、希望、夢に溢れている人。これらの人々は感情的に成熟しています。彼らは自分の感情を調整し、解釈の幅を広げ、世界を認識することができます。彼らは、敗北や失敗、そして批判を人生の一部として受け入れることができます。

誰かが私たちを不公平に扱ったり、不快にさせたことで、何度怒りを覚えたことでしょうか?そして何度他の人を責めたでしょうか?私たちは皆、このミスを犯したことがあります。しかし、私たちの感情は私たちだけのものです。私たちが感情的に気分が悪いと感じるのは、そうすることを決めたからです。

他の誰でもなくあなたが、自分自身を怒らせる

誰もが自分の欠点を強調されたり、間違いを思い出させられたりしたくないと思います。一般的に、誰も批判されることを好みません。人々は賛美と賞賛を好みます。なぜなら、それは私たちが受け入れられた気分にしてくれるからです。承認は私たちに大きな喜びを与えます。実際に、それは私たちの脳の中心を刺激するので、承認されることに没頭するのです。批判と拒絶は私たちに不安、落ち込み、怒りを感じさせます。

明らかに、私たちはこれらの感情を持ちたくありません。私たちはむしろそれらを避けたいと思っています。問題は、私たちがそれらを避けるために選んだ方法がいつもベストではないということです。

うつむいて考える女性

私たちに対する否定的な意見が聞こえたら、最初にやってしまうことは守りに入ることです。自分自身を正当化しようとしたり、説明を加えたり、批判を与えてくる人に逆にそれを返そうとします。

なぜこのような行動をしてしまうのでしょうか?私たちは、自分が言ったことではなく、この人が私たちについて語ったことが真実であると知っているからです。私たちは彼らの批判を否定することはできますが、心の奥底では私たちはこれを肯定しています。

私たちが他人の批判を買ったとします。私たちはそれらが真実だと信じます。私たちは与えられた批判を私たちのものにして、真実として私たちの世界観にそれらを統合し、自分たちの意見を変えることを許してしまいます。この決定は、私たちが他人の意見によって支配される人形になっていることを意味します。

したがって、私たちを怒らせるのは他の人ではありません。私たちの周りの人には、意見を表明する権利があります。逆に、このような意見を手にして信じることの責任は、私たち自身にあるのです。

これが称賛に関しては起こらないのは興味深いと思いませんか?私たちは通常、批判と同じ方法で賛辞を買いません。しかし、もし誰かが私たちに何かネガティブなことを言ったら、私たちはすぐにそれにしがみ付いてしまいます。

インビテーションテクニック:あなたは受け入れますか?

インビテーションテクニックは、上記すべてのことを患者に見せるために治療で使われます。釈迦は「誰かがあなたに贈り物をし、あなたがそれを拒否するのであれば、そのギフトは誰のものですか?」と言いました。もちろん、それはまだ私たちに贈り物をしようとした人です。つまり、同じことが批判にも起こるのです。

侮辱、批判、アンチなコメントは贈り物のようなものです。あなたがそれを受け取るのであれば、それを受け入れています。もしあなたがそれを受け取らないのであれば、それは侮辱した本人のものです。

手を出して断る女性

私たちにネガティブなエネルギーを使う人がいるなら、それは彼らの問題です。彼らのマイナスエネルギーを受け入れる必要はありません。逆に受けれてしまうことが私たちの問題になります。他人の意見を変えようとするのは無理です。エネルギーの無駄になる可能性が最も高いのです。

インビテーションテクニックを利用して、セラピストは患者に特定の感じ方を示そうとします。例えば、失敗、有害な人、または他人とのネガティブなやりとりに関する相談にこの方法を使用するかもしれません。心理学者は、この種の悩みで相談に訪れる人や、他人から不幸にされるように感じる時にこの手法を使います。

インビテーションテクニックは、段階を踏む

  • セラピストは、招待状の形で患者にカードを渡します。そこには次のような文章が書かれています。そこには「私(あなたの{母親、恋人、同僚など})は、あなたに(不細工、役立たず、太っている)と感じるように招待します」と書かれています。
  • インビテーションテクニックの次のステップは、患者自身に、自分がそのように思ったことはなく、カードに書かれている感情を受け入れることはできない、しかし相手の視点は理解できることを書かせることです。
  • このようにして、患者は無条件に自分自身を受け入れ、そして他の人の意見も受け入れ、ただ、他の人の意見を変えようとしないことも学びます。最も重要なことは、自分に属していない信念を買うことによって怒らないことを学ぶことです。

この受け入れ方は、私たちが決してできないもので皆を喜ばせようとする負担から解放されます。インビテーションテクニックは、私たちを否定的に判断する人に会うたびに、必要に応じて何度でも練習する必要があります。 練習すればするほど、私たちは怒りをより和らげ、与えられた批判を私たちに有利に使うことさえ学ぶことができます。

あなたへおすすめ