意識的な食事とは?

2019年12月18日
食べた後に罪悪感を感じたことはありますか?お腹が空いていないのに何かを口にしていないでしょうか?今回は、意識的な食事の概念について説明します。

興味深いことに、楽しい時間の多くは食卓の周りで起こります。残念ながらこれは、多くの人にとって自分の理想の食事をとり続けることを難しくするジレンマを引き起こし、不安につながることがあります。食べ物にこだわりを持って意識的に食べる事は、食べ物と「友好的な関係を保つ」ことであり、様々なメリットをもたらします。

多くの場合、質の悪い食事は忙しい生活の負の産物です。したがって健康上の問題が生じる可能性があります。私たちは食べた後に気分が悪くなったときや、体重が増えたときに初めてそれを認識するのです。

特定の食べ物を食べるのをやめて、余分な体重を減らすためにダイエットをするべきか考えるようになるでしょう。こうして、食物についての罪悪感と嫌悪感が高まります…そして、食べ物を口にすることさえ制限してしまうこともあります。

意識的な食事とは、食べるものだけでなく、摂取方法も意味します。食べ物をほとんど味わうことなく、十分に噛まなかったり、五感で食事を楽しむことができない場合は、食事内容を変更しても意味がありません。

こちらもご参考に:
脳があなたに感謝する健康的な食生活

必要以上に食べる

意識的な食事

脳は、胃から発せられる満腹信号を受信して​​分析するのに約20分かかります。よって、あまりに速く食べると、必要以上に多く食べることになります。

咀嚼と嚥下だけでは意識的な食事ではありません。食べるという行為は、常にあなたの感情の状態に関係しています。意識的に食べると満足感を得られます。意識的に食べないと、その後不快な感情に襲われます。満腹になりすぎて無気力になることさえあります。

ランガー、ワルヘイト、およびジマーマンによる研究では、被験者の44%が、食事を食べた後に体重が増えたと考えていることが判明しました。同様に、45%以上が罪悪感を感じていました。

「心に惑わされてはいけません。体に関して罪悪感を感じるべきではありません。」

-アストリッド・アラウダ-

意識的な食事:4つの質問

食事について意識するためには、意識を集中する必要があります。そしてそれを継続させるために努力する必要があります。食物との関係について意識すればするほど、改善する可能性は高いでしょう。

食前と食べている最中、そして食後にあなたが何を食べたいか、何を食べるべきかを認識してください。これを行うには、次の4つの簡単な質問を自問すると良いでしょう。

これらの質問に答えることに注意を払うと、意識的な食事のプロセスが始まります。あなたの意識を高めることが、より健康的な食事への道です。

あなたの意識と注意が他の場所にある場合、食べ物に対するコントロールを失います。ただし、何をどのくらい食べるか慎重に計画した場合は必ずしもそうではありません。

ご存知でしたか?:
うつを改善する食生活

感情的な食事

意識的な食事

食生活は私たちの社会文化的環境に大きく影響されますが、あなたの感情にも非常に密接に基づいています。これを考慮に入れれば、意識的に食べる習慣を規則的にする手助けとなるでしょう。

一般に、気分が良い時または不快な時に本当の空腹感と区別できず感情的に食べる傾向があります。また、感情的な不快感に対する耐性が低いため、意識を払わずに食事をとり続けることになります。これは一般的に過食として知られています。

食物が感情を管理するためのリソースとして存在することは正しくありません。それは意識的な食事と全く正反対です。食べ物は、気晴らしや娯楽、抗不安薬、抗うつ薬ではありません。こうした食物の使い方は、脳が苦痛を一時的に和らげる一時しのぎに過ぎません。問題は、この態度が習慣化することです。

気づき、意識的な食事を取り入れる

定期的な自己観察をすることは、意識的な食事の管理を改善するのに役立ちます。また、自己破壊を回避する方法でもあります。その解決策は、意識に基づいて新しいものを構築することです。あなたが感じる空腹が身体的または感情的なものかどうか自分自身に問うことから始めましょう。感情の特定をし、適切に管理します。

他人に左右されることなく、自分にふさわしい食事を取り入れてください。食べ物とは関係のない他の楽しい活動を意識的に増やしましょう。

意識的な食事は、チャレンジすればそれほど難しくなく習得できるスキルです。 感情的な食事から意識的な食事に移行することで自分自身に注目を向け、心身ともに状態が向上します。食生活の鍵を握っているのはあなただという事を理解できれば、自分の体をコントロールし続けることができますよ。

  • Vidal, Julia (2017) El comer emocional: Cuando nos alimentamos desde nuestras emociones. Area humana blog. Recuperado de https://www.areahumana.es/comer-emocional/
  • Churchill, Margaret (2002) Conscious Eating. Experience life blog. Recuperado de https://experiencelife.com/article/conscious-eating/
  • Nelson J. B. (2017). Mindful Eating: The Art of Presence While You Eat. Diabetes spectrum : a publication of the American Diabetes Association, 30(3), 171–174. doi:10.2337/ds17-0015
  • Frayn, M., Livshits, S., & Knäuper, B. (2018). Emotional eating and weight regulation: a qualitative study of compensatory behaviors and concerns. Journal of eating disorders, 6, 23. doi:10.1186/s40337-018-0210-6