痛々しい感情のもつれをほどく

· 2018年7月24日

感情的なもつれはあなたから成長するためのエネルギーや自由、そして能力を奪います。これは感情の傷や空虚、痛々しい関係、そして解決していなサイクルなどが原因で生まれるのです。このような精神的なもつれから自分を解放するには正確な心理スキルを必要とし、それだけが痛みや恐怖を残さずに前進する唯一の方法なのです。

時間とともに、あなたは自分が抱えているものがどれほどあなたに痛みを与えているか気づくかもしれません。過去の解決していない問題は感情的なもつれとなります。これは、複雑な人間関係や誰かの死、幼少期のトラウマなどが原因で起こります。

もつれのアナロジー(類推)が完璧にフィットするでしょう。ある意味ではこの心理的な状態はあなたの脳に痛みのあるプレッシャーを与えてしまいます。過去に固執するよう促すので、あなたの心を邪魔して、窒息させてしまうのです。この危険な状態では、あなたは潜在能力を活かすことなく、現在を利用する力を失ってしまいます。

「結び目を見つけるまで結び目をほどくことは出来ない。」

-アリストテレス-

感情のもつれ

感情のもつれ:癒えない傷

感情のもつれは勝手に癒えるわけではありません。それは引っ張るだけでは治ることはなく、そのもつれの多くはあなたの恐怖や考え、そして不安を重ね、さらに複雑なもつれにしてしまうのです。毎日プレッシャーを与え、さらに大きな苦しみを生んでしまいます。

しかし、ゲシュタルト心理学はこのような状況を、人間が逆境に立ち向かわなければいけない時であり、もし克服出来なければそのまま未解決なものとして残ってしまうと述べています。

それは永続的な痛みまたは不快感になり、消え去ることはありません。そして、それは解決してない問題の証拠でもあります。言い換えると、あなたが抱える感情的な負債とも言えるでしょう。

同様に、感情はあなたを包み込んでいる体にも大きな衝撃を与えることを忘れてはいけません。結果的に、感情のもつれはあなたを麻痺させる、または戦わせてしまうのです。

また、それは拷問のようなものにも成り得ます。あなたの筋肉や消化系、そして心臓血管系にも影響を及ぼしてしまいます。さらに、このプレッシャーはあなたを無反応にすることがあります。もしあなたが何もしなければ、もつれはさらに複雑になり、もしほどけるのを待っているだけだと、さらに大きくなって返ってきますし、解決するのが難しくなります。

たたずむ男

感情のもつれのほどき方

まだあなたはこのような状態に陥ったことはありませんか?靴ひもやイヤフォンのコードがもつれてあなたを苛立てるような時です。ここで確信を持って言えることは、複雑なもつれを直すには、どのようにもつれているか注意深く見る必要がある、ということです。

そして、少しずつコツコツともつれを分けて、一つずつ解いていくのです。ゆっくり紐を緩め、元の場所に直していくことは感情のもつれにも同じことが言えるのです。

もちろん、今のあなたは過去とは違います。感情の迷路は永遠の変化に影響しますが、私達の心を強くしてくれるのです。では、感情的なもつれをほどくテクニックをいくつか見ていきましょう。

痛みと苦しみは別物

仏は、痛みは必然的なもので、苦しみは選択出来ると述べました。これはどういう意味なのでしょうか?ゲシュタルト心理学は、このような人には2つの種類の矢が心に刺さっていると説明しました。

  • 最初の矢は誰も防ぐことの出来ないものです。根本的な傷であり、喪失や失望、そして破局などの痛みを指します。
  • もう一つの矢は私達を苦しめます。私達は傷や痛みにしがみつきますが、その責任をとろうとしません。その傷を閉じるかわりに、記憶と共に毎日その傷に栄養を与えているのです。

感情のもつれは私を痛めつけますが、傷を受け入れることでその苦しみは止めることが出来ます。これが痛みを和らげてくれるのです。

現在の感情と現在に焦点を当てる重要性

このもつれは過去の出来事の結果です。しかし、起きたことは起きたことで、それを変えることは出来ないことを覚えていなければなりません。あなたが変えることが出来るのは、今あなたが感じていることなのです。苦しみを平穏に、恐怖を安心に、そして不安を静けさに変化させてみましょう。

まずは、現在の感情を認識する必要があります。何が痛みに影響しているのか突き止めてください。そして、恐怖でも悩みでも悲しみでも、もつれを作る原因になっている感情の名前を挙げてみるのです。

その感情が判別し、対処することが出来た時、あなたは自分自身にそのサイクルを閉ざすチャンスを与えているのです。そうして、あなたはやっと解放されるでしょう。

青い蝶々と女性

自分の人生に責任を持つ

ゲシュタルト心理学は全体論的な視野を持っているので、人々に問題を全ての感覚を通して理解するよう促します。その為、自分の心の中で何が起こっているのか、しっかり認識しておくことが大切なのです。そして、自分に対して責任を持つことも重要なカギの一つです。

これを達成するには、いつも感情に注意を払っておく必要があるでしょう。つまり、感情のもつれは感情を無視することの結果なのです。責任をとらずに放って置くとそれは障害へと変化してしまいます。

今抱えている気がかりなこと、悩み、不安、そして恐怖にいつも対処するようにしてください。もっと感情に注意して、痛みや恐怖から逃げないようにするのです。もし逃げてしまうと、無視した感情はもつれとなり、後で問題に発展します。時間はまだあります。あなたならきっと治すことが出来るでしょう。