J.R.R.トールキン:波乱万丈の人生

2019年9月15日
J.R.R.トールキンの人生は彼の作品と同じくらい刺激的です。すばらしい中つ国の創造者は、多くの困難を経験し、彼の創造物に大きな影響を与えました。

モダンなファンタジーを形作った素晴らしい文学作品で知られるトールキンですが、彼の人生もまた文学作品のように劇的なものでした。有名な詩は、将来の妻に影響を受けて作られているものもあります。 彼の特徴は、子供時代の孤児、戦争、愛、深い宗教的信念、そして驚くべき文学的な感性です。

トールキンの手紙を通して、彼がインスピレーションを得たのは彼が経験した歴史的または政治的出来事や、直接影響した出来事ではないということはわかっています。しかし、彼の人生における憂鬱が、彼の作品に大きく影響しました。愛の感覚、信仰、または自然への愛は、多くのキャラクターの基盤となったのです。

J.R.R.トールキン 波乱万丈の人生

トールキンの子供時代

トールキンは1892年にオレンジ自由国(現在は南アフリカ共和国の一部)で生まれました。父親はイギリスの銀行家で、後に南アフリカで亡くなりました。その後、母親と兄弟と一緒にイギリスに移り、12歳になるまで一緒に暮らしました。母のメイベルは周囲の大反対を押し切って、バプテストからカトリックに改宗したため、他の家族からの支援はありませんでした。当時、カトリック教会に属することは恥ずべきことと考えられていたのです。

1904年、メイベルは亡くなり、子供たちはカトリックの司祭によって育てられました。ヒスパニック・イギリス系の司祭フランシス・ザビエル・モーガンは、トールキンの青春期に重要な役割を果たしました。司祭は教育費を支払い、住む場所を見つけてやったのです。その配慮と愛を持った司祭を、トールキンは非常に尊敬しました。

こちらもご参考に:
インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ:ペルー文学の父

エディス:彼の大きな愛

16歳の時、彼はエディス・メアリ・ブラットと出会いました。孤児であり3歳年上の彼女と、すぐに永遠の愛を誓ったのです。しかしフランシス神父は、これをよく思いませんでした。なぜなら、彼女がトールキンの学業と奨学金取得の邪魔になるかもしれないと感じたからです。さらに、彼女はカトリック教徒ではありませんでした。

手紙を読めば、トールキンにとってそれがどれほど苦痛だったか理解できますが、それにもかかわらず彼はフランシス神父が正しいと自分に言い聞かせました。数回デートした後、3年間もの間、連絡を絶ったのです。

J.R.R.トールキン 波乱万丈の人生

天才の誕生

一度失敗したのち、18歳のときにトールキンはオックスフォードから奨学金を受け、エディスはバーミンガムで働き始めました。オックスフォードにいる間、3人の素晴らしい友人と出会い、「T.C.B.S.」を設立し、文学と言語への情熱を共有しました。

幼い頃から言語を作り出すというアイデアを持っていた彼は、ドイツ語の方言にインスピレーションを得ました。そして、友人と一緒に、ギリシャやローマ人のようなイングランドの神話を創り出しました。そしてそれらは、トールキンが創造した人工言語群となります。

彼は21回目の誕生日の晩、エディスに愛を告白した手紙を書きましたが、彼女は既に婚約していました。決して諦めないトールキンは、彼女を説得するためにバーミンガムへ向かいました。そしてエディスはトールキンと結婚する道を選び、間もなく二人は婚約したのです。

1916年、エディスはトールキンの主張に従いカトリックに改宗し結婚しました。同じ年、トールキンはフランスに向かい、第一次世界大戦で戦いました。そこで、2人の大事な友人を失い、病気になったのです。

「すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せないのだ。」

-J.R.R.トールキン

ご存知でしたか?:
愛に関する文学作品の名言ベスト5

J.R.R.トールキンとその文学作品

その後、彼の勤勉さと規律により、英語教授としての指導的地位に就くことができました。それにもかかわらず、執筆を続け、兵士時代と親友の喪失から多くのインスピレーションを得ました。少しずつ、C.S.ルイスなどの同僚と共に魔法の世界を築き上げていきました。彼のアイデアの多くは、子供たちに読んだ物語や家族の集まりにヒントを得ていました。

信じられないほどの完璧主義だったトールキンは、出版したものよりも多くの物語を書き直し続けていました。彼が「中つ国の歴史」の中で最初に執筆したものは「ホビットの冒険」であり、一生のうちに「指輪物語」だけを出版したのです。他の作品は、息子クリストファーによって世界中で読まれることとなったのです。

J.R.R.トールキン 波乱万丈の人生

このように、トールキンの人生におけるすべての困難が、優れた創造物を作り出すことに影響を与えたのです。伝統的な生活に対する牧歌的な見方は、工業都市での孤児としての経験から来ています。指輪の悲劇は、世界に対するカトリックの解釈に由来しています。叶わぬ恋は、彼自身のロマンチックな生活を反映しています。文学作品における友情は、トールキンが経験したものに非常に似ています。「中つ国」について読むことは、彼自身について読むことなのです。

  • Carpenter, Humphrey (2002) J.R.R. Tolkien, una biografía, Planeta DeAgostini.