若年性パーキンソン病の7つの兆候

· 2018年10月3日

若年性パーキンソン病は、40歳未満で発病します。これは神経変性の疾患で、神経系に影響を与えるものです。黒質にあるニューロンにダメージを与え、それを退化させてしまいます。パーキンソン病の平均的な発病は60歳で、これは年齢とともに著しく増えていきます。しかし、パーキンソン病を患う人の約5~10%は40歳になる前に初期症状が出始めるのです。

パーキン遺伝子などの特定の遺伝子の変異が、その発病を引き起こしているのかもしれません。パーキンソン病を持つ近い親戚が一人以上いる場合、自身もこの病気を患う可能性が高くなります。

概して、家族にこの病気の人がいない限り、発症の可能性は2~5%です。パーキンソン病を患う親戚がいる場合は、その可能性は約15~25%になります。

とても珍しいケースでは、パーキンソン病の症状が20歳以下で見られることがあります。これはたいてい筋緊張性異常と動作緩慢といった症状から始まります。レボドパなどの薬が、この症状を緩和するためによく使われます。

パーキンソン病とは?

1817年に、ジェームズ・パーキンソン医師が初めてこの病気を診断しました。彼はイギリスの外科医で、「振せん麻痺」と呼ばれる病気の典型的な症状を示している6人の患者を観察しました。のちに、有名なフランスの神経学者、シャルコーが、パーキンソン病という名前を与えました。

すでに述べたように、この病気は神経に影響を与え、黒質のニューロンの生成を妨げます。このニューロンはドーパミンを作ります。ドーパミンは身体が正しく動くようにするための重要な化学物質です。

ニューロンへの影響

動きを適切に維持するのに十分なドーパミンが脳内に足りていないと、脳が身体をどう動かすかに関する間違った信号を送ってしまいます。そしてこの病気の典型的な運動技能への症状が徐々に出始めるのです。

パーキンソン病は、その他の神経にも影響を与えるということが示されてきました。ですので、セロトニンやノルアドレナリン、アセチルコリンなどの神経伝達物質もまたその被害を受けます。これはこの病気の非運動性の症状に関わるものです。

若年性パーキンソン病の発病

パーキンソン病を患う人のことを想像するとき、私たちは手が震えている人を主に思い描きますね。身体を少し前傾にし、ゆっくりと歩きます。身体は少しこわばっています。この想像は現実からそう遠いものではありません。

しかし、震えや体のこわばり、ゆっくりとした歩みのペースだけがパーキンソン病の症状ではありません。これらやその他の運動技能への症状に加えて、幅広い非運動性の症状も存在するのです。

これらの非運動性の症状とは、認知的なものや、態度、心の変化です。これは患者の毎日を妨害するものになりえます。

また、パーキンソン病の典型的な運動性の症状も非運動性の症状も、とても若い人に出ることも珍しくありません。年配の人により出やすいとはいえ、年配の人だけに限られたものではないのです。

若年性パーキンソン病の場合、非運動性の症状は最も少ないものの、20歳以下ではこの症状が良く見られます。また、パーキンソン病の症状はパーキンソン病だけで見られる訳ではないので、同じ症状の別の病気が診断を難しくさせるのです。

様々な年齢で発症する

若年性パーキンソン病の7つの兆候

若年性パーキンソン病の発病を警告してくれる症状がいくつかあります。その兆候は他にもありますが、以下の7つに焦点を当てようと思います。

  • 睡眠障害。最もよくあるのは不眠症(寝られないこと)、むずむず脚症候群、レム睡眠行動障害などです。
  • うつ病。これは最初に表れる症状の一つで、この病気の初期の指標だと考えられています。この症状は助けや解決法を探そうという気にさせなくしてしまう、ネガティブな影響があります。
  • 認知的変化。パーキンソン病患者の多くは、一度に二つ以上のことをするのが難しいと感じます。課題をうまくこなせず、考えるスピードも遅くなり、集中力にかけ、記憶力が減退し、痴呆症が出ることもパーキンソン病の初期症状です。
  • 震え。たいていは手から始まりますが、顎や足から始まるという人もいます。これらの震えの最も特徴的な点は、この震えが休んでいるときに起こるということです。
  • 動作緩慢。これは自発的な動きがだんだんできなくなることです。動きが一般的にゆっくりになるのです。これは病気を持つ人にとって最も不便で不満に感じるものの一つです。
  • 疲労。初期のパーキンソン病が発病すると、全く動かなくても常に疲労感を感じるようになります。

ここまで見てきたように、パーキンソン病は「お年寄り」だけに起こる病気ではありません。若年性パーキンソン病の症状はとてもささいかもしれません。これらの7つの兆候が、この病気に気づき、できるだけ早く専門家の診断を受けることに役立つかもしれません。

https://exploringyourmind.com/7-signs-of-early-onset-parkinsons-disease/