自分にご褒美を与える3つの簡単なステップ

2018年12月16日

自分を気遣うことはあなたの最優先事項にはないかもしれませんが、とても重要なことです。もしかしたら、本当は自分を大切にしたいのに、しなくてはいけないことがあって「時間を無駄に」できないのかもしれません。仕事、勉強、家族、恋人…どれも大事なことで、注意すべきものです。しかし、自分も注目してもらう必要があるということを忘れていませんか?自分を気遣うことは、わがままなことではないのです。

自分を気遣うことは、しても良いというだけではなく、必要なことです。思いつく限り自分を甘やかせということではありません。でも、自分にご褒美を与えてあげるということです。自分を気遣うために頑張ることはありません。ちょっとしたことで良いのです。他人を気遣ったり、他人のお世話をして幸せにさせることが好きなら、同じことを自分にもしてみてはどうですか?

「最大の愚行は、幸福のために健康を犠牲にすることだ。」

-アルトゥル・ショーペンハウアー-

自分にご褒美を与える時間を作る

自分にご褒美を与えるということは、たくさんのお金を使ってほしいものすべてを買うことではありません。自身の肉体的、精神的、霊的な健康に気を使うということです。リラックスすると思ってやっていながら、自分を害するもの(麻薬、アルコール、たばこ)があります。これらのものを嗜むことは、自分をケアするということからは程遠いということを覚えておきましょう。

今回は、自分にご褒美を与えるための提案を用意しました。これらを行うことは、幸せの薬を摂取していることと同じです。自分の存在全体を心地よくしてくれます。この効果は驚くほど長続きするわけではないかもしれません。しかし、エネルギーを高めて前に進む自信をつけるのに十分な持続性はあります。

自分に気分をたずねる

自分がどう感じているのか知らなければ、自分を気遣うことなどできません。自分の感情の状態を確認することは、自分が行っていること、自分自身にすべきことを理解する上で必要不可欠です。

ハート

他人に気分を尋ねるのと同じように、自分にも気分を尋ねましょう。うそをついてはいけません。100%正直に答えましょう。毎日数分を使って、自分が大丈夫か確認します。自分を気遣ってあげたいなら、これが最初のステップです。自分が本当に感じていることを知ることで、自分を気遣う上で何を行うべきかが分かります。

「健康は体の状態です。ウェルネスとは、存在の状態です。」

-マイルズ・J・スタンフォード-

自分にマッサージをする

ご存じないかもしれませんが、セルフマッサージというものが存在します!自分自身に好きな時に行えるため、とても実用的でメリットも多いです。さらに、自分より自分の体のことを知っている人はいませんよね。

インターネット上では緊張をほぐすためのセルフマッサージの方法を紹介するたくさんの動画が見つかります。深刻な痛みに悩まされている場合は、専門家の治療を受けることが重要です。しかし、体の一部のちょっとした緊張をほぐしたいのであれば、セルフマッサージがおすすめです。

正確にマッサージを行いたいなら、マッサージマシンを購入することもできます。背中、足、顔をマッサージできる電子機器が存在します。セルフマッサージとして機能する優れもので、よりリラックスできます。

ちゃんとお風呂に入る

他にもすることがいっぱいあるのに、お風呂に入るのは面倒だ、と思っているかもしれません。そもそもお風呂につかる時間がありません。だからチャチャっとシャワーを浴びておしまいにしてしまいます。でも、時々お風呂に入ることは、とてもメリットが大きいのです。ストレスの多い一日の終わりにリラックスする方法としても効果的です。バスタブ
バスタブにお湯をいっぱい張って、バスソルトとオイル、その他お好みの製品を入れてもいいですね。お風呂タイムは、音楽を聴いて、記事を読んで、テレビを見て、ただの沈黙を楽しんで…お好きな方法でリラックスしましょう!この時間を使って、自分に顔のマッサージをしたり、髪の保湿をすることもできます。

お風呂に入ることは、美容ケアだけではありません。これは精神的・霊的な浄化でもあります。自分自身と自分の求めるものとつながりを持つことを可能にするのです。

読書する

お気づきでないかもしれませんが、人は一日のうちにたくさんのものを読みます。仕事の書類、メール、使用上の注意、レシピなど…。だからこそ、読書をご褒美の活動として捉える人はあまりいません。でも、それは間違いです。

読書は、自分の今とは別の場所や時間を旅して、他の現実や人を知ることを可能にします。しばらく読んでみたいと思っていたもの、あるいは無作為に本を手に取ってみましょう。心をリラックスさせて、物語に浸ってください。

読書によって、心と魂が休まります緊張を解いて、物事を違う目で見て、新しい経験を生きて、心を開けるようになります。

自分を気遣うことに罪悪感を感じない

自分で自分を気遣わずに、それを他人に期待することはとても身勝手です。他人を愛する前に、自分を愛しましょう。結局、誰よりも自分を知っているのは自分なのです。

毎日少しの時間を自分のために費やすことで、すべきことを行うのも苦でなくなります。もっとエネルギーを感じて、予定より多くの仕事をこなせたりします(もちろん、無理しすぎることなくです)。もっと生産的になって、勉強や仕事にも集中できます。

待っている時間がもったいないです。今日から自分を気遣いましょう!あなたの体も心も喜ぶはずです。

「自分の健康のために、幸せでいることを選択したのです。」

-ヴォルテール-