自分に優しくなる2つの方法

· 2018年10月4日

わたしたちを苦しめる多くの問題には同じ起源があります。自己愛の欠落です。わたしたちがさらされている外的なプレッシャー、自分に課す要求、迷子になったような不確定な感情のお陰で、自分のことをひどく扱ってしまいがちです。気分を改善したいなら、まず自分に優しくならないといけません。

自分に思いやりを見せるというコンセプトは、仏教的な考え方に起源をたどることができます。自分を愛することは、仲の良い友達に見せる調子や優しさを自分に見せることです。どこにもたどり着かないような自己批判の集中砲火ではありません。人は自分が最大の敵であるかのように自分たちに話しかけがちです。

これに関する研究によれば、自分に優しくするには3つの能力を育てることが必要です。

  • 自己愛:理解を示し自分を愛する能力です。自己愛を見せることとは、例えば、間違いを犯した時に責めるのではなく自分を許すことです。
  • 共有された人間としての感覚:この一見変わった要素は、実は私たちの基本的な姿勢の中に隠れています。誰も完全ではない、誰でも間違う権利があると信じることを必要とします。こうすることで自分は他の人より良くも悪くもないということを理解することができます。
  • マインドフルネス:今を生きる能力は、問題が起こった時に秩序立てて物事を見る助けになります。さらに、もっと強くしてくれて、自分に対して根気強くいられるようになります。
    解放

自分に優しくする能力を育てるには?

自己愛がどんなものかわかったところで、自分に優しくする方法とは何だろう、と思っているかもしれません。このような特徴は生まれたときから染みついているものではありません。潜在的な遺伝子により自然とそういった傾向に向かうことはありますが、それだけです。つまり、自分に優しくすることは、意識的な取り組みと、適度な努力が必要です。

このケースでは、自己愛を育てるための一番良い方法は、自分に適切な質問を投げかけることです。自分に特定の質問を投げかけることは、見方とふるまいを変えます。他人と交流するときに重要であり、自分を扱うには基本的なことです。次に、自己愛のために重要な二つの質問をご紹介します。

1. 大丈夫でいるには何が必要か

この質問はかなりシンプルです。しかし、わたしたちの多くはこの質問を自分にすることはあまりありません。一般的に、「何をするべきか」を心配しすぎて、自分のニーズを忘れてしまうことがよくあります。

これに関連した最もわい曲した考え方は、ネガティブなものとのエゴイズム的な連想です。自分自身の幸せのために何かしようとすると、周りの人から疑いの目を向けられます。他人のために自分を犠牲にすべきではないのか?アリストテレスによれば、自分のケアをすることは自己中心的ではありません。必要なことです。

他人を助けるためには、自分に与えるものがなくてはいけません。考えてみてください。善い行いをするポテンシャルがある人は誰ですか?自分のケアをしなくて不幸な人ですか?それとも、自分に優しくして自分に対して心地よく感じている人ですか?

2. 自分が愛する人の立場だったら、このような状況の時どうするか。

人はよく、自分自身を最悪の敵に変えてしまいます。自分ほど自分のことを厳しく非難したり要求する人はいません。これによって深刻な自尊心の問題が起こります。自分を完璧にすることはできません。自分のパートナーとけんかして、すべての責任を押し付けられたと想像してください。このような状況で以下のようなことを言ってしまうかもしれません。

  • なぜ自分だけが間違ったことをしているのか?
  • なぜ自分は繊細さが足りないのか?
  • いつも通りまた一人になってしまう。

このような不合理な思考のサイクルにはまってしまったら、これを自分の仲のいい人に言っていると想像してみてください。相手の人はどう感じますか?相手の人はこの言葉を役立つと感じますか?

もし答えがノーなら、なぜ自分のことをひどく扱うんですか?自分に優しくする方法を学ばなくてはいけません。

女性とハート

結論

思いやりを持って自分を扱うことは、育てることが難しい能力です。自分に厳しくいることは、変化を起こすためには役立つかもしれませんが、このような姿勢が極端すぎると、大きな苦しみを生み出します。だから自分に優しくする方法を学ばなくてはいけないんです。

この2つの質問がわかったところで、自分のことを厳しく判断した時に自分にこれらの質問をしてみましょう。はじめは変に感じるかもしれませんが、少しずつ自分のことを愛することがもっと自然に感じられるはずです。