自分の気持ちについて話すことは治癒的

· 2018年6月21日

私達は他人といると自分の気持ちを隠そうとします。ネガティブな気持ちを認めるのを恥ずかしく思っており、誤った捉え方をされると他人に弱い人間だと思われると考えているのです。私達は感情的に強くなりたいので、感じていることを話そうとしません。そして、多くのケースで、「成熟した合理的な人間」というイメージを求めているのです。

合理的に考え、毎日少しずつ成熟することはもちろん素晴らしいことです。これを実践すると、まず私達は日々の問題を解決することが出来ます。また、他人との関係もおそらく向上するでしょう。物事を大袈裟にせず、正しく感情を管理して機能的、管理的に行動するのは環境に良い影響を与えてくれるのです。

しかし、これは人間的であることを止めることを意味しません。人生を通して、惨めに感じたり、怒りや不安を感じることが自分が望む以上にあるのは避けられないことです。それが自然な事であることから、気持ちを隠すのではなく正常に扱い、自分自身を受け入れることは最も良いことと言えます。もちろん、適度に他人と気持ちを話すことは治療的な効果がありますが、行き過ぎてしまうと逆効果になるので、それにも注意は必要です。

感情について話すことはなぜ良いのか?

その感情が否定的なものでも、肯定的なものでも、私達の気持ちを話すことは常に良いことです。感情について話すことで、その感情を育んだり、それを祝ったり共有することは素晴らしいことなのです。良いニュースや幸せなことをシェアしたくない人なんていますか?

また、否定的な感情を共有すべき理由はまだあります。主な理由の一つに、話して整理することで、その感情から逃げ出さずに、しっかり対処することが出来るのです。さらに、話すことで否定的な感情は軽減します。また、違う視野でその感情について考えることも出来るのです。

抱き寄せるカップル

紙に書いた文字のように感情を消そうとすると、逆に悪化してしまいます。ひどくならないように気をつけようとすると、プレッシャーが現れるので、結果的にその感情を強くする不安や不快感が生まれるのです。

「感情について話すことは、それを落ち着かせるという意味です。」

さらに、情について誰かと話すと、その人との関係を良くしてくれます。なぜなら、それは相手を信頼できる人間という気持ちにさせます。自分の意見を大事にしてくれいることを感謝し、より愛情を感じます。

何か問題を抱えた時、1人より2人の方が良い解決策を見つけることが出来るでしょう。なぜなら、時々、私達は感情的に沈んでしまうことがあり、物事を努力無しで見ることが出来なくなるのです。

いつその感情を話すべきなのか?

明瞭に物事が考えられなくなり、効果的に行動出来なくなったら、共有してください。相手は親友や恋人、または心理療法士でも構いまわないので、1人で抱え込まないようにしてください。

「感情について話すのが困難な時はあります。しかし、勇気を持ち、恥を捨てて行動を起こして見ましょう。」

例えば、大切な人が自分が好ましくないと思うことをした時、黙って自分の中に閉じ込めておくより、伝えた方が気持ちが楽になりませんか?もし伝えないと、感情表現の方法が下手になってしまう恐れがあります。

話し合うカップル

そしていつも感情に対して責任を持ちましょう。その為には、しっかり理由を持って「私はこう感じるんだけど。。。」と伝えるようにしましょう。また、相手の考え方を受け入れることも忘れないでください。

さらに、友達など、問題に直接関係がない人に共有することも出来ます。すると、彼らなりの考えや解決策を教えてくれるでしょう。ただ、他人を批判するだけの人間にならないようにしてください。そこには逆効果が生まれ、あなたの否定的な面だけが成長してしまいます。

「出来るだけ感情を表現するようにしましょう。あなたは人間なのでそのような感情を持つことは自然なことです。そして、あなただけでなく皆抱える感情です。しかし、それに頼りきってしまわないようにしましょう。なぜなら、それはあなたを強くせず、弱くしてしまいます。そして、拒絶に対する不安を抱くようになってしまうのです。」

否定的な感情を持つことで、他人に拒絶されることはほぼないでしょう。なぜなら、人間は共感的な生き物です。しかし、もし拒絶されたらそれはあなたの問題ではありません。否定的な感情について話すことは自分だけでなく、相手にも良い効果をもたらすのです。彼らは近くにいて信頼されていると感じているので、それを忘れないようにしましょう。