自分の仕事が嫌な時できること

2019年4月7日

生活するのに十分なお金になる仕事を楽しむのは簡単ではありません。仕事に満足いかないのは、新しい仕事を探し始めるいいきっかけになります。しかし、労働市場は複雑なため、そんなに簡単にはいかないように感じるでしょう。仕事関係の精神的な病気が増えているのもうなずけます。

『Economic Research(エコノミック・リサーチ)』などに発表されている研究では、理論的で理解できるような証拠が示されています。従業員の個人的な満足度が、企業全体としてのパフォーマンスを向上させるということです。別の言葉で言えば、部下の技術と努力を認める責任者を持つ幸せな従業員が、企業における人的資本を象徴しています。

多くの企業が、従業員への気配りが足りず、結果のみに焦点を当てます。心の知能にかける垂直で厳しい従来的なリーダシップのみに基づく経済的・生産的企業もあります。もし従業員がその非柔軟性に適応できなければ、新しい人にとって変えられて、この競争的なシステムの中で使いまわし労働者が増えていきます。

責任者が従業員の福利より生産性を重視して、改革する力より市場に留まり続ける力が求められるこのような労働体系は、仕事関連の精神疾患を生み出します。現に、わたしたちの人生の主なストレスの源は仕事です。

さらに、『Scientific World Journal(科学世界ジャーナル)』で発表された研究にあるように、仕事の不満は健康に影響し、生活習慣を変えます(食べ物、休息、遊びなど)。このようなありがちな状況に直面した際、どう対応したらよいでしょうか?

「仕事が喜びであるとき、人生は美しい。しかし、仕事が押し付けられるとき、人生は足かせになる。」

-マクシム・ゴーリキー-

悩む男性
仕事に不満な時

仕事で不満であるということは、人生に不満であるということです。仕事は生活の大きな部分を占めます。自分たちの尊厳を高めてくれるものであるべきです。不安、プレッシャー、やる気の低さ、不満を生み出すような仕事に行かなくてはいけないと毎朝苦しんで起床するのであれば、不健全で危険な心理的状況を作り出しかねません。

面白いことに、アメリカで行われた2017年の研究は、もともとアメリカ全土の企業の従業員の満足度をはかろうと実施されました。結果は、かなり驚きのひどいものでした。

  • 75%の従業員が、今の仕事をやめるために新しい仕事を探している。
  • 77%が、資格があり企業に貢献している従業員が無視されていると感じている。
  • 44%が、最も資格がある人が正当に認めてもらえていないと考えている。
  • 55%が、自分のお給料が少ないと感じている。

このデータは、多くの国の労働市場で起こっていることを浮き彫りにしています。それでは、仕事に不満を抱くようになる原因を探ってみましょう。

悩み
仕事に不満な理由

  • 給料。給料は仕事における不満の最大の原因。
  • 仕事の安定。首を切られるかもしれないという不確定感は、多くの人にとってストレスと不安の原因。
  • 仕事の種類。給料とは関係なしに、仕事の種類によっても大きなストレスを引き起こす。例えば、自分の教育水準より低い、認められていない、ルーティーン化、健康に影響し他の従業員との社交的な関係を持つことを困難にする複雑なローテーションシフトなど。
  • 仕事環境。仕事で満足しているか、していないかにおいてとても大事なポイント。仕事環境がプレッシャーと競争心で溢れていたり、害のある同僚や意地悪な上司などがいたりする場合もある。
  • 統率力のない責任者。組織化を率いることは、人を率いる方法を知っているということ。従業員にやる気を出させて、革新する方法を理解しているのが良い責任者。生産的かつ敬意のある環境を作り出す。これが企業内で起こっていなければ、多くの従業員が不満を感じる。

仕事に不満な時にできること

自分の仕事に不満な時は、2つ方法があります。仕事をやめてしまうか、お給料をもらって感謝もしてくれない企業に適応するという考えに慣れてしまうかです。

1つ目、2つ目の選択肢は置いておいて、実は3つ目の選択肢があります。様々な方法で状況をできるだけ変えることができます。見ていきましょう。

  • ポジティブさ、仲間意識、やる気、良いエネルギーを与えてくれるような企業内の人とつながりを持つ。悪い気分やネガティブさで他人に悪影響を及ぼす人を避ける。
  • 他のポジションが空いていないか調べてみる。
  • 害があって攻撃的な上司、責任者、自分より目上の人がいる場合は、出来るだけ距離を取る。自分を傷つけたり、自分の価値観に反する命令に従うことは、肉体的・精神的一貫性において危険。
  • 仕事場を去ったら、完璧に自分のスイッチを切る方法を知っていることが重要。プレッシャーや心配事を家に持ち帰らない。
太陽

自分の赤信号を決めておきましょう。健康を害する前に仕事をやめることを考えるべき限度があります。努力が認められていない、お給料が低すぎる、仕事環境に害があって攻撃的など。仕事が生活の様々な部分で影響しているとわかったら、別の仕事を見つけるべきです。