「自分を愛する者として」:チャップリンが残した詩

· 2018年5月20日

チャーリー・チャップリンが残した最も有名な詩の1つは、個人の成長についての素晴らしい教訓を含んでいいます。

「自分を愛する者として、私はどんな状況でも理解することが出来る。正しい時に、正しい場所にいる。そして、全ては起こるべき瞬間に起きる。だから、落ち着いていられる。私はそれを「自信」と呼ぶ。」

私達の歴史の中で、芸術、科学、そして文化の世界に2つの名前しか挙がらない時期がありました。それはチャーリー・チャップリンとジークムント・フロイトです。

チャップリンが有名で憧れの顔を持っていたとしたら、フロイトは最も輝かしい心を持っていたと言えるでしょう。

「無名を怖がる必要はない。なぜなら、どんな惑星も星(スター)として生まれているのだから。」

-チャーリー・チャップリン-

2人はとても有名で、特にハリウッドは精神分析学の父であるフロイトに対して、業界と関係を持つように何年も促していました。

1925年にMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイアーのサミュエル・ゴールドウィンはフロイトの研究や出版物を賞賛し、彼を「世界一の愛のスペシャリスト」と呼びました。

そして、「アントニーとクレオパトラ」という新しいプロジェクトの共同制作をフロイトに持ちかけました。

ゴールドウィンは当時10万ドルを超えるオファーを出しましたが、フロイトは断ったのです。彼は映画産業に嫌悪感を抱いたのです。

しかし、1931年にフロイトは彼が「天才」と呼ぶ人物についての手紙を友人に書きました。フロイトはその人物に深い憧れや敬意を持っていました。そして、その男こそがチャーリー・チャップリンだったのです。

フロイト

その手紙には、映画の中でチャップリンが自分をどのように投影しているのかを分析したことが書かれていました。フロイトによると、チャップリンは困難な幼少時代を過ごしたが、強い価値感を持って成熟した男だと説明されていました。

チャップリンは、日々の苦しみなどは問題と捉えず、いつも謙虚な心を維持していました。

挫折で溢れ、複雑かつ不平等な社会でも、彼はいつも愛を通して自分自身の問題を解決していたのです。

フロイトの分析が正しかったのかは分かりません。しかし、これは少なくともチャップリンが映画やポエムで見せている個人の成長や知恵などの教訓に見えます。

チャップリン:ポエムに隠された顔

「自分を愛する者として」というポエムをチャップリンが書いたのは彼が70歳だった時と言われています。

しかし、そのポエムは以前から書かれており、キム・マクミランとアリソン・マクミランによって執筆された「自分を十分に愛したとき」(When I Loved Myself Enough)という本を引用したものだと言う人もいます。

どちらにしろ、それはチャップリンだけがこのように心の価値を美しく繊細に表現した言葉を生み出した、というわけではないということなのかもしれません。

また、「Live!」というポエムでは、この世界は挑戦するものだけに与えられるという表現があります。これは人生はただ生きることだけでなく、争い、感情、経験、そして激しい愛を含んでいることを表しています。

実際、このポエムが引用されたのか、または動きやひげで私達の心を魅了した天才が生み出したのかは関係ないかもしれません。

チャップリンには、孤独で夢見がちな放浪者であり、詩人のキャラクターを持っていました。彼はいつもロマンスや冒険を求めていて、非常に明確な気持ちを兼ね備えた人物でした。

その心は、メッセージを伝えたいという思いで溢れており、私達にあらゆる言葉を詩に綴って伝えてくれました。

チャップリンの伝記では、キャラクターの衣装一つ一つがどのような意味を持っているのかということが説明されています。

  • 彼の履いていたズボンは信念への挑戦でした。
  • 帽子と杖は威厳を象徴していました。
  • また、ひげは虚栄心を表現していました。
  • 彼の靴は挫折でもありました。
チャップリンと犬

私達の目を覚ましてくれたチャップリン

また、チャップリンがいつも無邪気さを通して挑戦するのは、私達の意識を高めることでもありました。

この世界の複雑な矛盾に気づかせるために彼は行っていたのです。その世界は、人間の心理的な強さだけが不平等な悪に直面することが出来る場所だったのです。

彼の「独裁者」という作品では、自分自身や全ての人間が繋がるようなメッセージがありました。ただ私達自身の権利を守るのではなく、この地球の権利を守ろうという意味が込められていました。

現在でも彼の残した作品は影響力を持っており、必要不可欠なものです。

彼が悲劇的なコメディーを通して残した教訓は私達を考えさせます。そして、「私を愛する者として」というポエムは私達の心へのプレゼントでもあり、自分自身と上手く繋がれるように勇気づけてくれます。

自分を愛する者として

自分を愛する者として、私はどんな状況でも理解することが出来る。正しい時に、正しい場所にいる。そして、全ては起こるべき瞬間に起きる。だから、落ち着いていられる。私はそれを「自信」と呼ぶ。

自分を愛する者として、悲しみや苦しみが現れるのは本心に背いているということだ。私はそれが「真実」だと知っている。
自分を愛する者として、ないものねだりはやめた。周りにあるすべてが私の成長に繋がっている。私はそれを「成熟」と呼ぶ。
自分を愛する者として、私は健康に良くない食べ物、人、物、状況、気分を落ち込ませること、自分に合わないこと全てから自分を解放した。そんな態度のことを、「ヘルシーエゴイズム」と呼んでいたが、私はそれが「自愛」だと知っている。
自分を愛する者として
自分を愛する者として、私は自分の時間を奪うことをやめた。将来のために大きな計画を立てることもなく、喜びと幸せだけに目を向ける。愛すべきことや、勇気づけてくれることを、
自分のやり方と自分のリズムで行うことにする。私はそれを「素朴」と呼ぶ。
自分を愛する者として、過去や未来を心配しないようにしている。私は今この瞬間だけに生きている。そこですべてのことが起きている。私は1日1日を生きている。私はそれを「満足」と呼ぶ。
自分を愛する者として、自分自身の心に邪魔されることがある。それは私をうんざりさせる。
しかし、強く繋がれば力強い味方にもなる。私はそれを「心の知恵」と呼ぶ。