児童虐待の様々な形

· 2018年11月5日

児童虐待の様々な形は、検出するのが非常に難しい場合があります。時には子どもの教育の一部として受け入れられていることもあります。 それを必要だと感じて、暴力ではない他の方法を使うことができないと考える人もいます。

しかし、まるで見当違いです。様々な研究のお陰で、それが嘘であるだけでなく、悲劇ですらあると証明されているような言い草があります。「ずっとこうやってしつけられてきたんだから心配いらない。」「鞭を惜しむと、子供はだめになる」「あの子が是が非でも学ばなきゃいけないの。」などの言葉です。

児童虐待の問題

有名な作家のアガサ・クリスティの言葉が的を得ています。「人生で起こりえる最も幸運なことは、幸せな子ども時代を送ることです。」間違いなく、ポジティブなしつけは、子どもの教育と発達により良い結果をもたらしてくれます。

エリザベット・ロドリゲス・デネヒーは、児童虐待に関わる幼児・青年心理学者であり専門家です。近年、その件数がより増えていると彼女は考えています。

テディベア

どうしてこうなってしまったのでしょうか?親や教育者は、社会が過去に喜んで受け入れていた従来の「しつけ」の影響により敏感です。では、なぜいまでも根深く残っているのでしょうか?

理由は、児童虐待は肉体的なものだけではないからです。長い間存在しているにもかかわらず、心理的な虐待は、社会において肉体的な虐待に比べて認識されていません。だから、こんなに急激に進化しているのです。

児童虐待の形

児童虐待とは、大人から子どもに対して直接的または非直接的に対して行われ、子どもの感情的、精神的、肉体的状態を脅かす行為です。この定義の元、3つの明白な虐待の形をご紹介します。すべて、わたしたちの現代社会で今も問題になっています。

肉体的虐待

これははじめから最も明らかな虐待の形です。子どもに肉体的なダメージや病気を引き起こす自発的な行為、と専門家は定義づけています。

子どもを意図的に傷つけようとするこのタイプの児童虐待には、目的によって異なる様々な行為が含まれます。明らかな子どもの無視、しつけの強制、サディスティックで攻撃的な性格、コントロールの喪失などです。

心理的虐待

心理的虐待は、ハイライトしたい2つ目の虐待です。このタイプの虐待では、限度を特定するのが難しく、この限度に関しては様々な意見があります。それでも、ほとんどの専門家は、 あざけり、脅し、侮辱などの言葉の攻撃性に基づいて子どもに対して行われるふるまいまたは行為と見ています。

「父親からの強い保護を必要としない幼少時代はないと思う。」

-ジークムント・フロイト-

このタイプの虐待は、子どもがコミュニケーションしようとするどんな試みも拒否します。子どものニーズに直面した時、親には感情的な放棄と受動的な姿勢が見られます。

顔を覆う子ども

ネグレクト

最後に、3つ目の児童虐待はネグレクトです。子どものケアを完全にあるいは一部放棄する行為です。親は子どものニーズを気にせず、子どもから距離を置きます。これは常に目に見えるわけではなく、子どもを意図的に助けないことも含まれます。

様々な学者によれば、怠慢行為は物理的だけでなく、社会的、感情的にもなり得るとされています。物理的な放棄とは異なります。怠慢は、意識的・無意識の行為であり、無視やポジティブな価値観の不在によって起こります。こういった無頓着な人は、このような行為が子どもに心理的に害になることをわかっていることもわかっていないこともあります。

児童虐待は様々な形を取ることがお分かりいただけたと思います。見分けたり何か起こる前に見つけるのは簡単ではありません。児童虐待には様々な原因があり、多くはすぐには見えません。しかし、虐待は、十分な注意とトレーニングによって乗り越えられないものではありません。

「子どもを幸せにする一番の方法は、子どもを幸せにすることだ。」

-オスカー・ワイルド-

児童虐待の様々な形は、すべて対処されるべきです。どうやって行えばよいでしょうか?教育、トレーニング、共感、ポジティブな価値観などです。一人一人が行えば軽減できる問題です。子どもには支援が必要なのです。