人工知能の未来はもうすぐそこに!

2020年6月3日
新たなテクノロジーにより私達の日常生活は変化し、人工知能の新たな発展は大きな変化をもたらすでしょう。多くの人が思っているより、その未来は間近に迫っているのです。

人工知能は、世界中の聡明な人々の注目を集めています。今正確にはどこまで来ているのかは分かりません。あらゆる前進は大抵極秘情報なので、彼らが与えたいニュースを私達は耳にするだけです。それでも、前進の中は公になっているものもあります。

例えば、反復作業の多くに、人工知能が適用されていることは知られています。近い将来、人間の仕事をロボットが行うようになるでしょう。これはこれから起こる革命のほんの初期段階であり、より洗練された機器が主役になっていくことでしょう。

「今何が起こっているかを認識するようデザインされたコンピューターはない。しかし、ほとんどの場合私達も分かっていないのだ」

-マービン・ミンスキー-

また、この変化が私達の文化にどのように影響するかについても、まだはっきりと分かっていません。分かっているのは、新たなテクノロジーにより私達の日常生活は変化し、人工知能の新たな発展は大きな変化をもたらすということです。多くの人が思っているより、その未来は間近に迫っているのです。

ロボットと人

人工知能と将来を見据えて

Antonio Orbeは、人工知能を専門としている心理学者です。著書『Una mirada al futuro(将来を見据えて)』の中で、彼は短期および中期で世界がどのようになるか語っています。

彼の他さまざまな考えはさておき、一つ彼が明確に主張しているのは、まもなく多くの仕事が消失するだろうということです。そしてこれに伴い、平等に関する問題が生じます仕事を失う人が出てきます。そのため、この新たな状況に対し、政治的、経済的、社会的に対処しなければなりません。

しかしOrbeは、このことに対して楽観的な見方をしています。これに関し、皆が仕事に集中するわけではない新たな世界について考える価値があると言うのです。代わりに余暇や休養が今までより大切になっていくかもしれません。これが実現すれば、協力的な環境で、私達は健康や幸福感を高め始めるようになるでしょう。

テクノロジーと人間の競争

さらにOrbeは、人間とテクノロジーの競争が生まれると言います。現在は人が行っている仕事が、発達した人工知能の大部分により行われます。これが起こるのは、職業の世界のみでなく、個人の生活においても同様です。

人間が新たなテクノロジーに慣れるのは難しいだろうと彼は主張します。非常に速い変化が起こるため、私達は永久的にそれに適応し続けなければなりません。これは多くの個人的なレベルで実際にうまくいっていることではあります。

しかし、社会的なレベルでは適応はそう速くはありません。人工知能はロケットのように速く進むのに対し、社会は自転車ほどの速さで進んでいます。これにより、不安定性や緊張が生まれる可能性があるのです。

人工知能 未来

人工知能の将来

(サイエンス・フィクションや一般的な知識などの)ロボットがすべてを仕切るという恐怖はないとOrbeは考えます。「全般的」人工知能にはまだ遠いというのが彼の考えです。与えられた問題を自分で勝手に解決するということはまだできないのです。

今あるのは、特定の人工知能です。つまり、特定のタスクのみを行うということです。非常に性能はいいのですが、それ以上のことはできません。技術の発達は現在、この特定の人工知能に焦点が当てられています。そして様々な職種で、人工知能が私達にとって代わることになるでしょう。

人工知能 未来

さらに、理論的には人工知能が意志を持ち始める可能性は大いにあります。基本的に、人間の知的能力を複製することができるようになるかもしれないということを意味します。しかし、今の状況を考えるとこのようになるのはまだ先でしょう。

さいごに、人工知能の中でも興味深い側面をOrbeは指摘しています。その側面とは、これが人間にとって何を意味するか、私達は考えなければならないということです。機械がすべてを行うようになった場合、私達は何ができるでしょう?これに関し、私達の行動の価値や影響にはどこにあるのでしょうか?機械と私は何が違うのでしょうか?これらの質問が今、今までにないくらい重要になっているのです。