人生満足尺度とは?

10 3月, 2020
あなたは人生において重要だと思われる目標をすでに達成しましたか?人生満足尺度は、あなたの人生満足度を評価します。

人生満足尺度(SWLS)は、幸福度を測定する最も人気のある手段として長い間使われています。心理学者のエド・ディーナー、ロバート・A・エモンズ、ランディ・J・ラーセン、シャロン・グリフィンは1980年代に人生満足尺度(SWLS)を作成しました。これは様々な年代、多様な社会階級、さらに異なる国や文化でも使用できるツールとして知られています。

孔子は、人々が幸せになれば革命は起こらないと言いました。自分が持っているものと自分が何であるかに満足しているとき、他のものを求め探す必要性を感じないからです。しかしご存知のように、このような状態を達成するのは簡単ではありません。そのため、人間は常に大小の革命を起こそうとしています。そうすることにより、理想の幸福を見つけることができると信じているのです。

人生満足尺度(SWLS)により、社会において何が欠けているのかを知ることができます。また、あなたの人生のどの領域を強化し、成熟する必要があるのか理解するのにも役立ちます。満足度は状態だけではなく、継続的に構築しているプロセスでもあります。心理的介入だけでなく、社会的リサーチとしてもこのライフスケールは非常に役に立ちます。

以下で、このテストについて詳しく見ていきましょう。

「真の幸福とは、将来に不安を抱かずに現在を楽しむことであり、希望や恐怖ではなく、私たちが持っているものに満足することです。」

-セネカ-

人生満足尺度

特性、用途、および有効性

人生に対する満足度をどのように定義できるでしょうか?言葉にするのは簡単ではありません。良い仕事と十分なお金を持っていることが満足している状態だと言う人もいるでしょう。愛する人と一緒にいることだと主張する人もいます。個人の幸福ほど主観的で具体的でユニークなものはありません。

人はそれぞれ心にユニークな世界を持っています。それはニーズ、優先順位、好み、および不安が生息する小さな世界です。ケンブリッジ大学の実験心理学者であったフレデリック・バートレットは、人生は思考で構成されていると主張しました。彼は、世界で最も裕福であっても、天国に住んでいる人もいれば地獄に住んでいる人もいると言いました。

エド・ディーナー、ロバートA.エモンズ、ランディJ.ラーセン、シャロン・グリフィンが、テストを作成するにあたり、その質問を非常に一般的なものにしたのはこのためです。これらの質問は、人生の物質的および感情的な側面を超えたものでなければならなかったのです。ライフスケールに対する満足度は認知判断に基づいています。つまり、各個人が達成したことまたは達成できなかったことを評価し判断します。

こちらもご参考に:
時間かお金か?その答えで幸せが決まる?

人生満足尺度(SWLS)の構成

テストは、5つの項目(質問)で構成されています。リッカート尺度の形式で、「全く同意できない」、「同意できない」、「どちらともいえない」、「同意できる」、「非常に同意できる」の5段階です。ご覧のとおり、テスト自体は非常に短いですが、すべてに答えるのが簡単だとは限りません。

1985年にJournal of Personality Assessmentで初めてSWLSの質問を行ったとき、人々は人生の非常に深い側面について考えることを余儀なくされました。このテストでは、誠実さが最も重要です。正直に答えることで初めて、幸福になるために自分の幸せがどこにあるのかをはっきりと理解することができます。そして正確に自分の求める幸福を探し続けることができるようになります。

SWLS 人生満足尺度

人生満足尺度(SWLS)の質問

このテストは5つの非常に具体的な質問を使用します。

  1. ほとんどの面で、私の人生は私の理想に近い。
  2. 私の人生は、とてもすばらしい状態だ。
  3. 私は自分の人生に満足している。
  4. 私はこれまで、自分の人生に求める大切なものを得てきた。
  5. もう一度人生をやり直せるとしても、ほとんど何も変えないだろう。

ご存知でしたか?:
今の幸せを測れるようになろう

信頼度

このテストでは、健康、財政、感情的な関係などを考慮していません。 5つの項目で表される主観的な現実を測定する手段です。このテストが本当に現在の満足度を測ることができるのか疑う人もいるかもしれません。

しかし、ミネソタ大学のウィリアム・パヴォット博士の研究によって、その有効性は実証されています。これは、同じカテゴリーを評価する他のテストと比較すると特に明白です。人生満足尺度では、臨床的介入の過程を通じて、人生に対する満足度がどのように変化するかを評価できます。信頼性の高いリソースで、心理学や研究分野においても非常に有用で重要だと言われています。

  • Diener, E., Emmons, R. A., Larsen, R. J., & Griffin, S. (1985). The Satisfaction with Life Scale. Journal of Personality Assessment49, 71-75.
  • Pavot, W. G., Diener, E., Colvin, C. R., & Sandvik, E. (1991). Further validation of the Satisfaction with Life Scale: Evidence for the cross-method convergence of well-being measures. Journal of Personality Assessment, 57, 149-161.
  • Pavot, W., & Diener, E. (1993). Review of the Satisfaction with Life Scale. Psychological Assessment5, 164-172.