時間かお金か?その答えで幸せが決まる?

2020年2月1日
自分の時間をどのように使っていますか?本当に賢く使えているでしょうか?自分の時間にはどのくらいの価値があると思いますか?こうした質問に対して私達は自分の行動でもって答えていますが、振り返ることをしないでいます。

時間とお金、どちらが自分をより幸せにしてくれると思いますか?作家マルク・レヴィは、自身の小説「夢でなければ」の中で、この質問に興味深い形で答えています。この作中で、レヴィは興味深い思考実験を提唱しています。例えば、あなたは毎朝起きる度に864万円もらうことができる銀行口座を持っているとします。その日のうちに使いきれなかった分は差し引かれることになっています。ここで質問です。あなたならそのお金をどのように使いますか?

その口座は、いつかは自動的にその金額が振り込まれることもなくなってしまいます。いつそうなるのかは分かりません。告知や警告などはありません。さて、あなたならどうしますか?そのお金を毎日使い切ってしまいますか?そんなまたとない機会に出くわしたならば誰だって利用することでしょう。

それが、実は、地球上にいる私達一人一人にそのような口座が存在するのです。私達はみんな、生まれた瞬間からその銀行の顧客なのです。その銀行は人生という名で、先ほどの貯蓄口座は自分の持つ時間です。その日の1秒目に人生銀行は864万秒をあなたの口座に振り込みますが、振り込まれて24時間以内にしか使うことができません。毎晩、残った分は消されていき、口座はゼロに戻ります。

残高を次の日に持ち越すことはできません。戻ることはできないのです。あなたは自分の時間を家族や成功、友人、趣味など、自分が一番幸せだと感じることに投資することができます。ですが、覚えておいて欲しいのは、人生は一度きりだということです。一番大切なのは、どれだけ時間を持っているかではなく、どのように時間を使うかです。

お金 時間 幸せ

時間やお金は自分をより幸せにしてくれるのか?

もしも、短い勤務時間の代わりにたくさん自分の時間が持てるという選択肢と、長い勤務時間だけれどより高い給料がもらえる選択肢があったとしたら、どちらを選びますか?家族や友人と過ごす時間がもっと欲しいですか?それとも、もっと経済的な安定を望みますか?

この質問は、ある研究が行われるきっかけとなり、“Social Psychological and Personality Science”という学術誌に発表されました。その研究では、アメリカに住む4500人の人に、幸せになるためには時間とお金のどちらがより重要かが尋ねられました。その結果、64%の人がより多くのお金を手にする方がいいと答えました。しかしながらこの研究では、お金より時間を選んだ人の方がより満足した人生を送る、つまりより大きな幸福へとつながる傾向にあることが示されています。

自由な時間を自分が楽しいと思うことをして過ごすことで、長期的にずっと高い満足度を得られることができます。データによると、経験への投資は物資への投資よりもずっと人を幸せにするとされています。

人間は社交的な生き物です。人は良い人間関係や社交的な生活のために、友人と笑って過ごすために、大切な人や家族と過ごすために、自分の一番大好きなことのために生き、元気をもらうものです。「時間はなくなる」ということはすぐに忘れてしまいがちですが、もう残り時間がないという時にその日は訪れます。残念なことに、それがいつになるかを知ることはできません。人は、「自分はいつまでも生きている」と自らに言い聞かせ、その瞬間にたくさんの機会を逃しているのです。時は過ぎ、その間に人生は過ぎていきます。精一杯生きるようにしましょう!

「私達が最も欲するものは時間だが、最も浪費するのも時間である。」

-ウィリアム・ペン-

時間 お金 幸せ

歳を取るほど、時間がより大切になる

カナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学で行われた研究(リンク先は英語)では、お金よりも時間を大切にすることには、より高い幸福度と関連するものがあることが分かっています。より多くのお金を得ることがより長い時間働くことを意味する場合は特にそうなります。この研究によると、歳を取ると共に時間の優先度が増していくことも分かっています。

時が経つにつれ、時間の貴重さに気付くようになっていきます。その一方で、お金はだんだんと重要でなくなっていきます。時間は取り戻せないものです。時間はあなただけのものであり、その使い方を決められるのもあなただけです。他人にあなたの時間の使い方を決めさせてはいけません。また、時間をみすみす無駄にしてはいけません。振り返った時に後悔なんてしない生き方をしましょう。もっと幸せになりたければ、時間を賢く使い、毎日自分の手元にある864万秒を最大限に活用しましょう。