今の幸せを測れるようになろう

2019年10月30日
未来に対するプレッシャーと、過去に対する重みは、誰もがある程度感じる事です。しかし、今、ここにある現在のみが、私たちの手の届くところにあるわけです。過去と未来の事に気を取られていると、辛くなってしまうでしょう。この記事では、どうすれば現在というこの瞬間で、幸せを感じることができるようになるのか、紹介します。

現在に身も心も置くと、いいことがたくさんあります。今現在の瞬間の幸せを測るというのは、とても良い哲学ですが、実際やってみるのは難しいものです。不安や悲しみに覆われた生活を送る病人だけでなく、他の人も、何かに苦しめられて生活していることがよくあります。それはなぜでしょうか?

過去を思ってノスタルジックになることはありませんか?お腹がよじれるほど笑った時や、この瞬間が永遠だったらいいのにと思った時のことを思い出し、その瞬間をもう一度再現してみよう、完璧でユニークに日になるかもしれない、という思いから、明日に向けて色々な計画を立てます。しかしこれには大変な準備と努力が必要です。ですから、過去のことを思い出しては、想像してみることに時間を費やしてしまいます。

幸せ 測る

過去への不安

誰しも過去のことは考えますし、これは普通なことです。みんな人間ですし、過去の思い出が今の自分を作っているのですから。人生を送る中で、現在の自分の状態があまり良くないと、過去のことを考えてしまいがちです。良い瞬間(現在からすると、良い思い出)を宝物のように扱い、しがみつくのは簡単です。

問題は、過去にしがみついていると、個人的な成長の邪魔になるということです。特に、思い出に執着してしまうと、あなたの心の健康によくありません。

また、あなたを不快にさせる思い出もあるでしょう。それらの過去の思い出に、特にどう対処していいかわからないでいると、悲しみや罪悪感を生み出してしまいます。

まだあなたが作り出していない未来への不安

未来への不安は誰しもが感じるものです。頭の中に考えが巡って、未来のことを考えられずにはいられないといった経験もあることでしょう。現代社会ではこの習慣はよくみられ、多くの人が経験しています。未来のことを考え続けると、いつも気持ちが張った状態になり、無駄なエネルギーを使ってしまいます。

未来はこわいものですが、その恐れは起こりうるかもしれない悲惨なことを想像することからうまれます。これは、人間が種として生きていくために身につけた方法です。しかし、起こるかわからない事に対して何らかの我慢したり、不安を避けるために未来を予期して作戦を立てたりすることはできません。

「未来への本当の寛大さは、今現在に全てをつぎ込む事にある」

-アベール・カミュ―

今の幸せを測る方法

あなたが、自分の行動で確実に変えることができるのは、今だけです。人生は今起きています。今この文章を読んでいるまさにこの瞬間にです。できることは、与えられた一瞬一瞬を楽しむことだけです。1日の最後には、その瞬間が蓄積されているのです。

過去を思い出して未来のことを考えることがあれば、なぜそういった行動をとるのか、客観的に考えてみることが大切です。感情と状況を分けて考えて、新しい道を歩むと前に進むことができるでしょう。そのためには、今という瞬間にしっかりと足をつけて、どの瞬間にも幸せを探し出すことがキーとなります。

もちろん、口にするのは簡単なことです。しかし、練習することでこれを習慣づけることができます。まずは変化はいいことだという考えを持つことです。人生は、変化と進歩からできているので、人生は今起きているんだということを受け入れましょう。

幸せ 測る

作家で、リーダーシップとマネージメントの専門家、フランシスコ・アルカイデは、感情をうまく処理して人生のコントロールする方法を、以下のように述べています。

  • 過去を感謝の気持ちで思い出す。
  • 今を熱意を持って楽しむ。
  • 希望を持って未来を作り出す。

今を楽しむ

日常を過ごす中で、立ち止まって、自分が焦点を当てていることをもう一度見直すことが必要です。急がず、頭の中のネガティブな会話を止めるようにしましょう。そうすることで初めて現在に生きることができ、本当に楽しむことができます。

マインドフルネスを練習するとよいでしょう。現在の瞬間に身を置くことを手助けしてくれる、良い方法です。人生で起こる事に、反応ではなく、返答することができる、気持ちの余裕が生まれる事でしょう。

立ち止まって、あなたの人生を作り上げている今という瞬間を考えてみるだけでよいのです。よく考えてみると、あなたの良い思い出は偶然に起こった幸せではないですか。それを探していなくても、今を生きていることでたまたま起こるものなのです。