じっと座って人生が一人でに進むのを待つのは止めよう

· 2018年1月16日

一つ、人が遅かれ早かれ学ぶことは、じっと座って物事が一人でに起こるのを待つのは意味がないということです。幸せになるためには、決断を下さなければいけません。自身の内から魔法のような変化が起こるように促すことができて初めて、人生が前に進むのです。それが同じ協調的なエネルギーが身の周りに充満していく時です。

間違いなく文学史上最も著名な作家の一人にアントン・チェーホフがいます。彼は、感情と心理の世界について批判的で巧みな言葉で、大半の人は良い事も悪い事も常に外からやって来るのを待っているということに焦点を当てました。一方で、賢い人は自分の中から全てが起こることを期待するのです。

待つことを止める時、人生は変わる。それが時と共に学んだことである。なぜなら、単に願ったり望んだりするだけでは不十分だからだ。星が瞬く夜に世界にかけた願いは何も変えたりしないからだ。その代わり、決断が全てを変えるのだ。

一方で、私達は人はよく待たなければいけない状況に追い込まれることも知っています。大人になりたくて仕方がないティーンエイジャーのように。あるいは、良い仕事を見つけようと意気込んでいる大人のように。私達はまた毎日待たなければいけない状況にいたりします。帰宅するのに地下鉄が駅に着くのを待つ時です。私達はいつも何かを待っているのです。

さて、絶望することなく待つという美学は、その時に「種」を植えることもできるということを暗に意味してもいます。自発性を刺激する些細な行為、思慮深いアプローチ、イニシアチブです。やってみる価値はあります。それについてよく考えてみることを強くオススメします。

妖精の少女

待っていることだけが唯一の選択のように見える時

私達の多くは、幻想と報酬の文化の中で育てられてきました。おとぎ話のように、人生は常にハッピーエンドで終わると私達は信じています。ポジティブな見返りを受ける前に欲求不満に耐えなければいけないと教えられてきました。そして、良い人には必ず良い事が起こるとこっそり教えられてきました。

それにも関わらず、現実を飲み込み、生きるという道に仕かけられている「ネズミ捕り」に私達がかかっていくことから、私達の多くは「人は人生と呼ばれるものに対して全くコントロールがない」という結論に達するのです。人生という窓を眺めている一方で、きっと待った方が良い、じっとしていた方が良い、自分のコンフォートゾーンに根を張っていた方がいいと考えてしまうのです。じっと座って、運が扉をノックしに訪れてくれるのを待ってしまうのです。

さて、もし良い人に良い事が起こるのなら・・・なぜ我々はがっかりするような事しか経験しないのだろうか?我々はそのルールに対する例外なのだろうか?いや、ただ人生はそのようにはできていないのだ。

問題や自分の存在の虚しさに対する唯一の選択肢は、待つことでは決してありません。自分にとって何が本当に必要なのかを考えるために、今が自分の人生の捉え方を見直すべき時です。人生はピクニックではありません。それは分かっていることです。しかし、本当のところは、人生は全てが悪い事であったり、敵意に満ちたものでもありません。現実は、あなたが容易いと捉えるなら容易く、厳しいと捉えるなら厳しくなったりするものなのです。

胸から飛び出る様々な色

待つことを止める時、人生は変わる

私達は自分の不幸を周りの環境や人のせいにする傾向があります。それらが成長やチャンスの羽を折ってしまっていると責める傾向にあるのです。こうした思考の枠組みの中で私達が本当にしているのは、苦しみという種のを植えるために不快感という土で自分の頭を肥やしているということです。

考えていることが自分の行動や感情に影響する、というのは、あなたも今までに見聞きしたことのある理論でしょう。しかし、私達はいつも恐怖という放れ馬の手綱を取ることができているわけではありません。

「もし自分の不幸を自分のパートナーのせいにするのを止めてパートナーの元を去ったら、私は一人になってしまう。それはとても怖いことだ。」「違う街に引っ越すくらいなら、自分のいる町で新しい仕事のオファーが出てくるのを待った方がマシだ。だって、引っ越すというステップは自分の中に多大な不安を生み出すからだ。」 

どのような仕組みでそうなっているのかは分からぬまま、私達の頭は恐ろしい言葉や苦痛がぐるぐる回る洗濯機になっていきます。この状態では、私達はうまくいっていることを大事にするのではなく、何がうまくいかないのかを見る方に自分を制限してしまっています。これは間違っています。私達は自分の思考パターンを変えなければいけませんまた、人生は待ってはくれないということを理解しなければいけません。人生は止まってはくれず、また警告を出してもくれません。実際には、私達は人生をやり過ごすことで人生を逃しているのです。

チーターとフラミンゴを連れた女性

人生に変化を生み出すための対策

幸せと夢の実現には魔法の法則というものは存在しません。私達一人一人が、自分の特定のニーズ、性格、状況に最適の方程式を見つけなければいけません。

しかしながら、変化を生み出し待つのを止めるために、恐怖の一線を越えられるようになる基本的かつ根本的なガイドラインが存在します。そのガイドラインは以下のようなものです。

  • 間違いやミス、失敗を犯すことを恐れてはいけませんもっと幸せになるために待たないということは決断を下すということを意味します。そしてもしその決断のうち一つが間違っていても、それは世界の終わりではありません。自分の決断が正しかったと後に知ることもあるのです。
  • 待つのを止めてあえて行動する人は、待ったりしません。なぜなら、全てがうまくいくということを確信しているからです。そうすることが正しいからするのです。静止状態に留まっていてもどこにも辿り着かないからするのです。その代わり、動くことそれ自体が生きているということなのです。
  • 不安をはじめ、自分の周りの全てに対してコントロールを維持しようという強迫観念を忘れましましょう。それも恐怖の反映です。
  • ネガティブな自己対話やあきらめに満ちた「反芻する」思考に歯止めをかけましょう。そうしたものは使い物になりません。それらはリサイクルしましょう。
  • 起こるかどうか分からないものに期待してはいけません。単純に自分の心を開くことに自分を傾けましょう。なぜなら、人生は解決しなければいけない問題ではないからです。人生は、生き、体験すべきミステリーなのです。