人生に関するセベロ・オチョアの名言5つ

23 12月, 2019
ここでは、セベロ・オチョアの名言を通し、彼のレガシー、人生、思考についてお話します。

セベロ・オチョアは偉大な知識、親切心、知能を持ち合わせた人でした。彼の名言を通して世界を代表する科学者のひとりであるセベロ・オチョアについて知りたくありませんか?彼はプライベートに関してはプライベートとし、仕事に集中しました。オチョアのインタビューの記録はあまり多くありませんが、人類の医学的突破口となった資料はたくさん残っています。

 

セベロ・オチョアはどんな人?

セベロ・オチョア・アルボルノスは1905年、スペイン、アストゥリアスに誕生しました。生化学で学位を取得し、マドリード、ハイデルベルク、オックスフォードで医学を教授しました。残念なことに、スペイン内戦により仕事を続けられなくなり、第二次世界大戦勃発後アメリカへ移ることになりました。

セベロ・オチョアは新たな国でキャリアをスタートさせます。ここで初めて研究室でリボ核酸(RNA)の合成に成功し、学生のひとりであったアーサー・コーンバーグと共に、1959年ノーベル賞を受賞しました。

人生のほとんどをニューヨーク大学で過ごしましたが、1986年妻の死後、退職します。セベロ・オチョアは妻の死に非常に落ち込みます。研究の発表や教鞭をとることはなくなりました。その後マドリードへ移り、1993年に亡くなっています。

セベロ・オチョア 名言

 

セベロ・オチョアの名言

セベロ・オチョアを含め、スペイン人科学者でノーベル平和賞を受賞したのは3人だけです。

それでは、セベロ・オチョアの名言をご紹介します。

科学の重要性のなかで

「科学の発見は、遅かれ早かれ必ず適応されるもので、科学はいつも価値あるものだ」

科学はオチョアにとって非常に重要でした。彼は毎日研究をしていて、どんな発見であってもいつかは人の生活の向上に役立つと信じていました。

才能

「まず、研究には方法より脳が必要だ」

研究者が必要なものをそなえていなければ、現代のテクノロジーすべてをしても、自分が何をしているか分からない人には無駄です。勉強し、備えてから、知性、関心、情熱、創造性が目的の達成を後押しします

人生

「人生を研究したが、なぜなのか、何のためなのかは分からない」

人生とは何でしょう?数十年にわたる研究や達成後も、セベロ・オチョアは人生とは何か、なぜ、存在するのか、何のためにあるのか理解できませんでした。科学はいつかこれを解明できるでしょうか? 愛のみが科学の手から離れているようです

セベロ・オチョア 名言

 

「女性は男性の人生を変えることができる」

妻の死後、オチョアはひどく落ち込みました。これは、2人が55年共に過ごし、奥さんのおかげで彼の人生が変わったためです。

愛と科学

「愛は物理学と化学だ」

愛の重要性について彼は正しかっただけでなく、愛が人間の化学と物理学に影響することを知っていました。科学が愛の魔法から取り除くものはないと信じていました。

人生と愛に関するセベロ・オチョアの名言によって、彼のことを少し理解できたでしょう。彼は繊細で、知的で、優しい人でした。もっとも必要とされる医学と愛において、才能を発揮したのです。