ホセ・オルテガ・イ・ガセットの言葉

· 2018年8月31日

ホセ・オルテガ・イ・ガセットの言葉は、振り返って自分自身に疑問を投げかけるよう呼びかけてくれます。比喩や巧妙な言葉遣いを好むような人は、彼の作品が気に入るはずです。ホセ・オルテガ・イ・ガセット(1883-1955)は、スペイン人の哲学者・作家で、 遠近法主義、生の理性派、ノウセンティズムと呼ばれるモダニズムに反対した文化・芸術運動に関わっていた人物です。

彼の思考は、様々な年代の知識人にかなりの影響を及ぼしています。オルテガは素晴らしい教育者であっただけでなく、哲学、心理学、芸術、文学などの様々な分野で研究してきました。そのスタイルは優雅で独特だと考えられています。特に哲学的な著書は有名で、大衆の反逆 (1929)」がよい例です。オルテガを知るために、彼が残した言葉を見てみましょう。

 

ホセ・オルテガ・イ・ガセット

自分への道

「ゆっくり歩きなさい。急がないで。たどり着くべき場所は、自分自身だけなのだから。」

ホセ・オルテガ・イ・ガセットの最も素晴らしい言葉のひとつです。行き先は、場所でも、仕事でも、瞬間でもないんです。夢への道でもありません。それは、自分自身と出会うことです。自分自身の真の本質を見つけられる場所です。

最も重要なものは自分たちの外にはないことを人は忘れがちです。大事なものは自分自身の中にあるんです。自分自身と共有できなかったら、欲しかったものを手に入れたり、夢見たような生活を手に入れたりすることに意味がありますか?自分のことを知る時間なんて後であると思い込んで、外的な目標を優先することにエネルギーを注ぎ込むこともあるかもしれません。しかし、そうすることで自分に到達するという最も大事なことを後回しにしてしまっています。

間違いの価値

「人間の本当の宝は、犯した間違いです。」

過ちは、教訓への橋です。うまくいかなかった何かを改善するチャンスです。ホセ・オルテガ・イ・ガセットの言葉で言えば、知恵で溢れた宝箱です。

成長して変われるようになるのは、間違いを通してのみです。それが理解できるように学ばなくてはいけません。間違いこそが人間です。どんな人も間違いを犯し、避けることはできません。完璧な人が存在しないように、間違いをコントロールできる人なんていないんです。コントロールできるのは、間違いに直面した時の自分の姿勢です。

間違いは素晴らしい先生になり得ます。間違いはどの道をやめるべきか、どの戦法を改善すべきか教えてくれます。すべての間違いには挑戦が隠れているため、間違いから学べることはたくさんあるんです。

魔法の粉

概念としての現実

「現実の数だけいろんな見方がある。見方は展望へ導く。」

誰かと話しているときにあなたに覚えていてもらいたい、ホセ・オルテガ・イ・ガセットの言葉です。どんな人も自分の世界を作り出します。自分の周りで起こることは、自分のフィルターを通して起こります。このため、多くの誤解が生まれるんです。人とうまくいくのが難しいのもこれが原因です。

人間関係で私たちを豊かにしてくれるのは、様々な見方の中に見つけられる異なる色合いです。それが人間関係の不思議で魔法のような部分です。誰が見ているかによって異なる現実がそこにはあります。

前に進むための計画と見方の考慮

「ずっと先を見ているときだけ前に進める。大きく考えているときだけ、進める余地がある。」

前に進むことは、大きく考えてなんでも可能であると信じることです。自分の思考にフェンスを立ててしまったら、小さい夢しか見られません。

プロジェクト、目標、ゴールに関して言えば、「出来ない」という言葉は一番考えるべきではない言葉です。自分のビジョンに制限を課したら、達成したい目標も達成できません。可能性はそこら中に広がっていて、その道を見つければいいだけです。それこそが挑戦です。

道

疑問を持つように教える

「何かを教えるとき、教えていることの反対の意見も教えるべきだ。」

教育関係では特に覚えておきたい言葉です。自分の考えを持った独立した大人を育てたいなら、その反対の意見も教えることは必須です。

ひとつの考え方を押し付けることは、広大な尽きることのない知識の森を切り刻んでいるようなものです。他人だけでなく自分自身にも疑問を抱くように教えることは、知識においてのカギになります。様々な見方へのドア、アイディアを開放するための基本です。

責任の重要性

「多くの大人は、まるで子供のように、何かを切望してもその結果は欲しがらない。」

自分の行動の結果起こったことへの責任を取ることは、感情的な成熟が必要になります。決断がその決定以外のものを伴ってしまうことがあることを理解するのは基本的なことです。物事というのは、その起こった瞬間よりも長く続きます。起こったことが残した爪痕に対して何をすべきか理解することで、前に進んで迷わずにいれます。

責任を取らない人は、自分が被害者かのような不安定で罪悪感いっぱいの人生をおくります。どんなステップを取るべきか、どんなステップを今まで取ってきたかさえわかりません。のぞむものを手に入れたことも、手に入れたあと何をすべきかもわかっていないんです。

悲しみ

知識に慎ましく

「自分が知らないことを知ることは、最も難しくて繊細な知識です。」

最も複雑なオルテガの言葉です。自分が知らないということを受け入れるには、かなりの慎ましさが必要です。しかし、最も賢い行いだと言えます。自分の限界を見極めて、自分が知っていることは広大な海の水ひとつ部分くらいであると受け入れることが基本です。

自分はどれくらい知っているでしょうか。すべてを知っていると思い込んでいる人は、プライドによってスローダウンさせられるため前になかなか進みません。慎ましい人は自分の無知を認め、自分の周りにあるすべてを発見するために一歩を踏み出します。オルテガの言葉は、自省や物事へ疑問を投げかけるように促してくれます。考え方を柔軟にしたいなら、覚えておきたい言葉たちです。