家系図:成長と癒しのツール

· 2019年1月26日

家系図は、名前、日付、家族の歴史を描いたもの、またそれを集めた物以上の意味があります。これは、その人の環境や問題を理解するうえでも強力なツールになり得ます。

家系図は、よく言われるように解決策にはほど遠いかもしれません。しかし、自分の起源に関する価値のある情報を提供して、ある程度説明をつけることができます。思想の宗派によっては、家族の無意識が個人の無意識にどう作用するかが、家系図からわかると考えています。

「歴史を知らなかったら、何も知らないということだ。あなたは木の一部だと理解していない葉だ。」

-マイケル・クライトン-

歴史を見てみよう…

60年代に、ヨーロッパの心理分析学者のグループが、家族の中の対立や問題の繰り返しに関する意識に注目したセラピーを始めます。この治療方法では、家族に継代的に注目しました。

70年代には、「Psychogenealogy(心理系譜学)」が誕生しました。これは、心理分析の手法です。人の問題の根と先祖の未解決の状況の関係に注目しています。心理系譜学では、このような問題を意識することで、解放され自由になるとしています。アン・シューゼンベルガー、ディディア・ダマス、ホドロフスキー、バート・へリンジャ―は、心理系譜学において著名な人物です。

過去30年のなかで、心理セラピーは再び「家族の無意識」の概念を認め始めています。心理学者は、古代東洋の哲学的な考えを考慮しています。先祖がわたしたちに及ぼす影響もこの考え方の一部です。特定の人が家族の関係に及ぼす力も同様です。結果、様々な分野(精神学、医学、社会学、教育)の専門家が、患者の歴史の一部、治療のツールとして家系図を利用するようになりました。

「心理系譜学は、無意識のふるまいが世代から世代へと受け継がれているということを前提としています。これらのふるまいが、自己実現を阻害しています。これを意識してそのサイクルを壊すために、家系を研究することができます。」

写真
なぜ家系図を作るのか

家系図を作ることは、とてもやりがいのある仕事です。自分がどんな人間か、どこから来たのかを知ることができます。先祖にはどんな人がいるのか、その起源、彼らが行ったことなど。系譜学として知られるこの活動は、とても良い時間の使い方です。

自分の家系図を作ることは、次の点で役に立ちます。

  • 自分の家族に対する見方と理解の仕方が変わる。
  • 今は処理できていな過去の悲しみに向き合える。
  • 先祖の病気を見ていくことで、自分の医療史を知ることができる。
  • 自分の信念、恐怖、精神的な閉鎖が、家族の関係や世代を超えた遺産と関連しているかどうかを確認できる。
  • 自分の精神性とつながれる。自分の過去を知り理解するとき、より大きなものに根付いてつながっていると感じる。自分がどれだけちっぽけな存在かを意識するような長い歴史の一部であるように感じられる。
  • 意識的なレベルでは見えないものの、無意識のレベルで現れ続けるような情報に近づける。

「過去を思い出せない人は、それを繰り返す。」

-ジョージ・サンタヤーナ-

系図はどのように作ればよいか

系図を作るためには、家族からの情報収集から始めましょう。記録、写真、絵画、文書館、定期刊行物、過去の新聞、インターネットなども見てみましょう。

家系図のために記録すべきは以下の情報です。

  • 苗字と名前。
  • 重要な日時。誕生日、結婚、死、移住。
  • 死の原因や状況。
  • 職業。
  • 他の家族の一員との関係(ライバル心、友情、特典…)
  • 先祖が持っていた特別な性質。
  • 重要な出来事。恋愛、小話、大きな影響を残す事故など。
  • 家系図の一員の症状と病気

「思いがけない悲しみ、流された涙、家族の秘密、無意識の同一性、見えない家族の結束が、子どもたちや子孫に受け継がれます。言葉で表現されなかったことは、痛みで表現されます。」

-アン・シューゼンベルガー-

根

家系図を解釈することは、「世代を超えた分析」を行うことを意味します。この分析で、未解決の対立、悲しみ、行動様式を特定できます。家系を解釈するための鍵となる問題は、「気づく」ことと、「パターン」を特定することです。こうするためには、誰かの助けを借りて家系図を作ることがかなり役に立ちます。

「家系図を持ちそれを研究しないことは、宝の地図を持っていながら宝探ししないことと同じだ。」

-アレハンドロ・ホドロフスキー-

家系図から答えを得たいなら、自分に質問してみなくてはいけません。好奇心は、疑問と共に答えを導き出してくれます。特定の問題(感情、環境、精神的遮断、病気など)に関する疑問があるときに人は家系図を作ります。

別の言葉で言えば、家系図を明確な疑問を持って分析します。答えを見つけて関連性を発見していく作業は、かなり奥深くワクワクすることです。自己成長の真の過程です。結果、この過程が基本的な問題の答えを出す助けになります。私たちはどんな人間で、どのような条件付けがされているのでしょう?

「人のルーツは、木の根のように土に埋もれた物理的な物体ではありません。それは私たちの中にあります。神経の先まで伸びて、わたしたちを一つにまとめ上げている根です。どこに行くにも一緒で、あなたのいる場所に存在します。」

-ラズ・ガバズ-

家系図を研究することはとても面白いことです。人生のどこかで行うべきです。専門家によれば、家系図を見てそれを理解するだけでも癒しの効果があるとしています。そこから得られる情報を考えれば、より大きな癒しを得られるでしょう。ぜひ試してみませんか?

「1人で存在して、1人で生きている人はいない。みな他人があって今の自分がある。」

Martin, V. a. (1968). Family Tree. The Family Coordinator. https://doi.org/10.2307/583255

Lambrecht, J., & Lievens, J. (2008). Pruning the family tree: An unexplored path to family business continuity and family harmony. Family Business Review. https://doi.org/10.1177/08944865080210040103

Wikström, N., Savolainen, V., & Chase, M. W. (2001). Evolution of the angiosperms: Calibrating the family tree. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences. https://doi.org/10.1098/rspb.2001.1782