隠れたトラウマの世代間伝達

隠れたトラウマの世代間伝達とは、世代を超えて続く、痛みを伴う経験のことを言います。残念ですが、トラウマが無意識に世代から世代へと伝達されているという証拠もあります。
隠れたトラウマの世代間伝達

最後の更新: 25 2月, 2021

隠れたトラウマの世代間伝達が重要視されてきたのは、ここ数十年の話です。精神分析学などの流れではすでに注目されていましたが、今、神経科学により、抑圧の家族歴に光が当てられています。

人はそれぞれ運命が決まっており、それを変えることはできないので、遺伝子情報も変えられないとかつては考えられていました。しかし現在、ストレスや公害への接触など、その人の経験や状態、行動などによって、遺伝子が活性化したりしなかったりするということが明らかになっています。さらに、虐待、PTSDやそれに近い経験も、遺伝情報の表出や抑制のきっかけになります。

人はそれぞれ系統的痕跡をもって生まれ、これが病気になるかどうかだけでなく、大きく人生に影響するのです。そして、隠れたトラウマの世代間伝達は、人の行動に大きく影響するものの一つです。例えば、そのために特にフラストレーションに敏感であったり、理由もなく極度の不安を覚える人がいます。

「痛みを無視すると痛みは深くなる。表から見えないようにされているものは、その程度が激しくなることが多いのだ」

-マーク・ウォリン-

トラウマ 世代間伝達

世代間伝達

隠れた世代間トラウマの概念の背景にはジークムント・フロイトがいます。彼はこの概念について語っていますが、深く掘り下げてはいません。

ニコラス・アブラハム、マリア・トローク、フランソワーズ・ドルト、アン・アンセリン・シュッツェンベルガー、ディディエ・デュマは、子どものせん妄を分析しました。その結果、子どもの親や祖父母にも共通点があることが分かりました。そして「民族の無意識」という概念が作られ、「他人の精神的重荷を背負っている」子どもがいると考えたのです。

そこから、「世代間伝達」という考えが生まれました。無意識の何か、特にこの隠れた衝突は、誰かが解決するまで世代から世代へと受け継がれているという考えです。こうして、この衝突が子孫に症状として現れるのです。

隠れた世代間トラウマ

これは、家族内で処理できない時に人が経験するものです。次の世代に無意識に伝達することになります(世代間伝達)。この重荷を知らずに受けた人は、平穏に生活したり、適応することができなくなります。

前世代の重荷は、恐怖、恥、過度の悩み、抑圧を生むトラウマになるような出来事と関連します。これを受けた人は、様々な理由でこれについて話すことができません。そのため、その内容を解消することができないのです。また、暗号化されたようになり、口に出すこともできません。

その出来事、あるいは関連する物事は、次の世代には名前のない存在になります。感じることはできますが、具体的に何かは分かりません。それは無意識であるためで、受け入れなくてもよかったものを受け入れた結果なのです。

さらに、その次の世代では、名前のないものが考えられないものになります。意識の中にあることは分かっていながら、アクセスすることができません。言語あるいは象徴的表現も不可能なのです。何が起こっているのでしょうか?

隠れた世代間トラウマの影響

お分かりいただいたように、隠れた世代間トラウマは、次の次の世代まで続きます。三代目で考えられないものになると、抑制と関連する愛着は根本的な不快感を伴う聞こえない苦しみへと変わります。そして、受け継いだ口にすることも考えることもできない秘密は、元となる出来事に関連する言葉や考えすべてを回避したり、消すことになります。

一方で、静寂を破るという重荷もあります。この時、違和感のある対話が行われます。この対話が、その出来事に関し話すことができる唯一の方法であるため、違和感があります。口に出すことはできませんが、存在を認識し、その重さを感じています。そして、不本意なものとして現れます。心身症や深刻な病気として出ることもあります。

トラウマ 世代間伝達

繰り返し

隠れた世代間トラウマは実は、静かなものではありません。抑圧されたものはいつか戻ってくるもので、無秩序に現れます。また、表出法も異なります。

繰り返しには少なくとも5つの型があります

  • 単純な繰り返し:出来事が同じように繰り返されます。例えば、祖父が犯罪を犯していれば、その理由は分からないにしろ、犯罪を犯すことがあります。
  • 解釈による繰り返し:自分で行った解釈を繰り返します。例えば、祖母が頭をたたいていたという人が、片頭痛を持っていることがあるのです。
  • 認識による繰り返し:状況の表出が繰り返されます。例えば、祖父はアルコール依存症で、父親は肝臓に問題があり、その子どもは肝炎を患ったりします

トラウマの世代間伝達に関する情報はまだ少ないものです。まだ比較的新しい分野で探求の余地があるため、現在分かっていることに関してもまだ憶測が飛び交っています。家族歴を調べることは誰にでもでき、価値ある情報が見つかると、人の特定の行動の理由を理解するのに役立つかもしれません。

それはあなたに興味があるかもしれません...
トラウマ的経験をした後、正常な状態を取り戻すには?
こころの探検Read it in こころの探検
トラウマ的経験をした後、正常な状態を取り戻すには?

トラウマ になるような状況を経験した後、通常の状態を取り戻すことなど可能なのでしょうか?不安にさせてしまうかもしれませんが、その答えは「ノー」です。まず、トラウマというのは適切なコーピングメカニズムを用いて対処しない限り、一生その人について回ります。



  • NICOLÒ, A. M. (2007). La familia y sus ancestros. Rev. Int. de Psicoanálisis de Pareja y Familia, (1), 3-8.