仮面をかぶった5つの支配構造

· 2019年3月16日

仮面をかぶった支配構造とは、自分の周りにいる人のふるまいを操作するために人が使用する戦法です。こういった人たちは、他人をコントロール・支配したいがために、これらを利用します。そのため、自足するという考えには常に反対します。

時に、コントロールを手にするための彼らの試みはかなり明白です。この強制的な姿勢は、直接的で疑いの余地を残しません。例えば、物事を特定の方法で行うことを要求する、相手を脅すための方法として怒鳴る、他人に圧力をかけるなどです。しかし、支配構造が気付かれないままになることもあります。

「二面性を乗り越えようとする試み、わがままを手なずけて暴動をおさめ酔うとする試み、未知のものを予想し自由な人を鎖につないでおこうとする試みは、すべて愛に対する弔いの鐘のように聞こえる。」

-ジグムント・バウマン-

仮面をかぶった支配構造は、特定することが容易ではありません。人を混乱の網に絡ませて、そこに長く留めさせようとさせます。

それでは、よく見られる5つのタイプを見てみましょう。

操り
1. 罪悪感によって支配

最もよく見られる害のある支配構造のひとつです。相手に、罪の意識へとつながる思いや考えを生み出します。この支配構造は、様々な人間関係に見られます。最も多いものは、親子関係、または交際関係です。

この支配構造の例のひとつは、「これだけ色々してあげたのに」と片方が言うような状況です。このように言う人は、自分が相手のためにしたことすべてを覚えています。そして、そのしてあげたことを思い出させて、相手に罪悪感を抱かせるために被害者を装います。多くの場合、操作的な人は自分がコントロールできるようにこのタイプの罪悪感を利用します。

2. 共依存

仮面をかぶった支配構造は、深い愛と勘違いされる場合があります。ここでのキーワードは、「必要性」です。操作的な人の人生において、相手が必要であると思い込ませる姿勢です。「君がいないとダメなんだ。」のような言い回しは、このような支配構造の例です。

共依存は、逆のメッセージを伝えることもあります。「お前には俺が必要だ。」などです。こうすることで、操作的な人は相手の人が自分一人でできるようなことをさせないようにするような行動を起こします。他人を操作するために、人のために何かをしたり、頼まれてもいないのに他人の手助けをかって出たりします。

3. 愛を示して突然やめる

愛情の操作に基づいています。操作者は、自分が求めることを行ってくれた時のみ相手に愛情を見せます。支配しようとしている相手が自分の要求に見合わなかった場合は、愛情を示すことをやめます。

このタイプの感情的脅しはあまり顕著ではありません。多くの場合、操作的な人は、相手のためだと言って服従を要求します。あるいは、愛情を見せたり見せなかったりすることは、健全な境界線を設定する方法だと言い出すかもしれません。

4. 共通の目標を持つ

操作的な人は、自分の目標のひとつを相手に「売り」ます。そうすることで、個人の目標が共通の目標になります。相手が、それが本当に自分が求めているものなのか完全には納得できていない場合であってもです。

操作的な人は、相手の人が自分の目標に適応できなかったり、それを達成するためにできることすべてを行わなかったりした場合、容赦なく落胆を表現します。

話す
5. 感情的相関

感情的相関とは、家族に大きな影響を与える支配構造のひとつです。特に、このタイプの構造は親と子の関係に現れます。操作的な親は、子どもが自分にとってのすべてであり、親対世界であると思い込ませます。

子どもが自分の親を「育てる」ことになってしまいかねません。辛い時に、親を支援し、親を応援し、親を導きます。子どもは親が対応すべきものに対しても責任を感じ始めるようになるかもしれません。何も見返りを求めずに与えることを学び、これによって個人主義を理解することが困難になっていきます。

これらの仮面をかぶった支配構造は、日々の人間関係の中で見過ごされがちです。その裏に隠れているのは、不安や苛立ちです。

  • Tirapu-Ustárroz, J., García-Molina, A., Luna-Lario, P., Roig-Rovira, T., & Pelegrín-Valero, C. (2008). Modelos de funciones y control ejecutivo (II). Revista de neurología, 46(12), 742-750.