操作的な人の4つの特徴

· 2018年12月2日

人を操作しようとする人は、自分が苦しみ、他人も苦しめようとします。彼らの振る舞いのせいで、周りの人は付き合いにくく感じます。さらに、このような人と近い関係にあると、自分自身のことまで嫌になるかもしれません。

彼らの「手口」は明確です。しかし、彼らの存在を完璧に理解することは、もっと複雑な課題です。もしかしたら、はじめに学ぶべきなのは、その見抜き方かもしれません。こうすることで、操作に苦しむ人を助けると同時に、自分自身も守ることができます。

ナルシシズム

自分自身に陶酔しすぎていることは、ナルシシズムの主な特徴です。この特徴を持つ人は、自分は他人より優れた人間だと思います。自分がトップに君臨できる比較のみを重要視します。

操作的な人は話し方で見抜くことができます。相手が言うことにこころから興味を見せるのではなく、相手を無視して自分が言いたいことにフォーカスします。そのため、相手は自分が聞き入れられておらず無視されたと感じます。

一方で、操作的な人は自分は感情に溢れた人生を送っていると強固に信じています。だから、自分が「ヒーロー」であった瞬間の話をしがちです。この特徴だけでは操作的な人間と断定できませんが、ここからたくさんのことがわかるはずです。

 

演じる

マキャベリズム

マキャベリズムは、他人を本当の人としてではなく物や手段として扱うとても明確な傾向を見せる人格です。他人を苦しめるということ自体が目的ではないかもしれませんが、自分が設定した目標に向かう中での二次的な目的ではあります。これを行うために、操作的な人はうそや脅迫などの方法に頼ります。

このような人に対処するとき、自分が本当にしたいことをできていないように感じるのは自然なことです。操作的な人は、相手に特定の行動をするよう仕向け、そのせいで、長い目で見れば、関係性が表面的になります。

 

他の人より上でありたいニーズ

操作的な人は他の人の成功を望みません。自分だけがスポットライトを浴びるべきで、それを実現するために何でもします。自分が社会環境で最も注目を浴びるためなら、他の人が嫌な気持ちになるかどうかなんてお構いなしです。

例えば、遠回しに誰かを非難することはよくあります。長い目で見て、操作的な人とコンスタントに付き合っていると、自分も不安定な人間になります。

操作的な人は、たくさんの人がいるときに他の人が注目を浴びると気分を害します。これによってスポットライトを取り返すためなら何でも行います。自慢話をして、より大きな声を出して、肉体的にグループの中に割って入ることもあります。

嫉妬

操作的な人の重要な特徴として、自分が得意ではないものに他の誰かが成功したことに耐えられないということがあります。他の人より良くありたい、認められたいというニーズに関係しています。しかし、これがさらに発展する場合もあります。

 

2重

仲の良い友人が目標を達成したら、普通なら喜んであげられますよね。でも、操作的な人はそれとは逆の感情を抱くのです。自分の持っていないものを相手が手に入れたと怒ります。これによって、その人を批判して、達成の重要度を過小評価し、目標を達成した人から離れていくこともあります。

操作的な人に対してどうするべきか?

お分かりいただけたかと思いますが、操作的な人との関係を築くのは簡単ではありません。彼らが他人と築くその関係は、かなり害がありますしかし、生み出される不快感のレベルは、他人に対する彼らのふるまいの深刻度に左右されます。

このような人を扱う時、できることが2つあります。受け入れて彼らが引き起こすダメージを最小限に抑えるか、関係を切ってしまうかです。どちらのオプションも機能します。しかし、決断を下す前に状況を理解することが重要です。

結局、操作的な人に関して重要なのは境界線を敷くことです。誰かがあなたを操作したり、自分のためにあなたの気分を悪くさせたりしたら、そんな人を自分の人生に置く価値がありますか?