感情の二日酔いって?どうやったらそれを克服できるの?

· 2018年4月1日

お酒を飲みすぎるとどうなるでしょう。翌日、避けられない事といえば、酷い二日酔いです。しかし、二日酔いを引き起こすのはアルコールだけではないようです。ニューヨーク大学の神経科学者達はこのテーマについて研究しており、彼らは感情の二日酔いも存在すると言います。感情の二日酔いは、私たちを揺るがし、私たちを酔わせる非常に激しい感情によって生じた経験です。

ここで問うべき疑問が、それを避けることができるのか、ということです。その答えは、「私には避けられない」です。感情の二日酔いは、予想外の感情的な経験から来るとても深く強い状態です。これはその前の出来事の記憶に影響を及ぼし、身体的症状を引き起こすことさえできます。それは頭痛や背中の痛みから疲労感まで様々です。

アルコールによる二日酔いのように、感情の二日酔いは私たちを過敏にし、疲れさせ、頭が雲の上にあるような感覚を与えます。

感情的な二日酔いは避けられない

私たちは周りのすべてを支配したいと思うものですが、それは不可能です。 物事は予期せず起こります。 それは解雇、家族の死、計画外の妊娠、重度の病気、または経済的危機かもしれません。

このすべてが、さまざまな精神状態に発展する可能性のある非常に強い感情を作り出します。うつ病、不安、さらにはパニック発作などがその例です。

禁酒喫煙する2人の少女

これらの予想外で非常に強い感情は、強い「二日酔い」を引き起こすでしょう。しかしたいていの場合、私たちはそれに気づきません。しかし、いずれにせよそれは私たちの思考、焦点、記憶に影響を与えます。

感情の二日酔いは、私たちのと気分に残るでしょう。これは私たちが経験するすべてのものが、最初に起こった後も影響を及ぼし続ける例です。

通常の二日酔いと同じように、感情の二日酔いも終わります。しかし、私たちはそれらを最小化することのと逆のことをすることがあります。私たちを精神的に疲労させる状態に居続ければ、二日酔いに油を注ぐだけです。自分の快適域から出ることを拒否すれば、二日酔いにプラスになるだけです。例えば、被害者意識は感情の二日酔いのとてもいい例でしょう。

どのようにして感情の二日酔いの影響を最小限に抑えることができるか?

なぜ感情の二日酔いが続くのでしょうか? 私たちが二日酔いをしたとき、気分が悪くなります。そして気分が悪くなると、周りのものがすべて暗くネガティブになります。 それは鬱になったときのようのもので、突然色とりどりの作品が白黒に見えてしまうのです。

ここまで見てきたように、感情の二日酔いは私たちを悲しく、落ち込ませ、または不安を感じさせます。これは、私たちの現実認識に流れ込むでしょう。激しい経験がどのように私たちに影響を与え、不快感を与えることができるかを意識することが重要です。

バラをかざした顔

これらの感情の二日酔いは、数時間から1日、もしくはそれ以上続くことがあります。それは人によるでしょう。それに直面する彼らの能力によるのです。また、吹き荒れる風の中を進んでいくそれぞれの意欲にもよります。

だからこそ、私たちが深淵の端に陥ってしまったとき、自らを落ち着かせる方法を学ぶことが非常に重要なのです。後で後悔したくないなら、感情の二日酔い中に重要な意思決定をしないでください。 そうしないと、あなたの努力が無駄になったり、大きなチャンスを逃すかもしれません。

だから私たちの感情の二日酔いを意識することが最も重要です。 そうすれば、人生を変える決断を延期することができます。

感情の二日酔いは、私たちの反応に影響を及ぼすのと同じくらい、現実に対する私たちの認識に影響を及ぼします。

赤から黒のグラデーションの葉

最後に、感情の二日酔いは、私たち皆がどこかで経験していることだ、というのをはっきりさせておきましょう。私たちの日々の生活リズムが速くなっているのに伴って、ますます多くのことが起こっているからです。 しかし、私たちは感情の二日酔いの足跡をたどっていくことはできます。強烈な感情を引き起こす状況が、後の私たちの意思決定や経験にどのように影響するかを観察することができるのです。

自分自身に時間を与えることは、自らを外界から切り離して自分自身とつながるのに役立ちます。こうすることはすべて、私たちにとって、非常に苦痛を伴うことがあるこれらの二日酔いを乗り越えるのを助けます。