感情的な痛みを生み出す自己陶酔家族

· 2018年5月9日

自己陶酔家族はクモのようで、子どもたちを感情の苦しみの巣にとらえます。

このようなタイプの家族のダイナミクスでは、誰か一人が他の人のニーズより自分のニーズを優先させることになります。それによって、絶対的な力を手にします。そのひとだけがすべてのレベルで大切にされ、認識され、正当とされていると感じるために、他の人を操作します。

このような機能不全を起こした環境で育った人は、外から見れば完璧だけど中身は生き地獄のようだと語ります。この状況から抜け出すのはとても難しいのです。

家族が育む絆は家族によって異なりますが、共通する重要なことがあります。

自己陶酔家族の特徴は、とても特定の暗黙のルールの存在があることです。一人の人を中心に回るルールです。その人が他の人から権利と承認を奪います。

そのため、子どもは親との感情的なコネクションにかけているということがよく見られます。親が子どもを見下し、無言の永続的な虐待を行います。

不健全な家族のダイナミックの現実は、家族系図の小枝を切り取ってしまうことで永遠に外に出ることがありません。

子供が大人になりやっと虐待的な子供時代から解放された瞬間、彼らは家族を捨てた「悪い子」というレッテルを貼られます。

自己陶酔家庭で育った子どもは、虐待、感情的な欠落、心理的なダメージを認めることができません。他の人の目には、彼らは完璧な家族を持っているように見えます。

ぶら下がり

スケープゴート

サラは20歳で心理学を勉強しています。親と住まなくなってから1年経ち、距離をとって自分の人生を送りたいと思っています。もっと見識をひろめ、自分自身を立て直して、過去を乗り越え前に進むためです。

彼女の傷痕は、生まれ育った自己陶酔的家庭から来ています。両親とも権力ゲームをプレーしていました。

父親は、一種のパーソナリティ障害を患っていました。自身の研究のお陰で、今になってわかります。しかし、誰も専門家に相談するよう父親に言うことがありませんでした。彼の生きている状況が、障害を持っていてもうまく機能しているかのように思わせることを可能にしていたためです。

母親はその点助けになりましたが、彼女も父親の被害者です。すべてのニーズを満たし、制限を設けることがありませんでした。

サラはスケープゴートでした。自己陶酔的な父親の投影の標的です。父親の怒り、失敗、怒りの受け手です。

しかし、姉は自慢の子でした。父親は姉を自分自身のイメージに作り上げました。そして、なぜか姉がサラよりもっと才能があると思い込みました。この状況がさらにかなり影響し、サラは自分は欠陥人間だと思うようになりました。

しかし、スケープゴートは自己陶酔家庭で最悪のポジションでいるにもかかわらず、自慢の子のポジションも望ましいものではありません。高い期待が課せられ、かなりの可能性で苦しみます。

泣く

自己陶酔家族のよくある特徴

家族の枠組みの中にいるとき、逃げることは簡単ではありません。その中で育つことは、子どもの精神にかなりの影響を及ぼす破滅的な権限、思考パターン、考えを取り込んでしまいます。自己陶酔家族に見られる特徴をいくつかご紹介します:

  • 自分の家族が一番かのようにふるまい、何が起こっているか外の人には伝えない。自己陶酔家庭は、自分たちのイメージを気にします。「問題は一切ない。完璧な家族だ。」のようなことをよく口にします。
  • 完全に機能不全の親。普通の家庭での親の役割は、安全、愛情、教育、感情的な保育を子どもに与えることです。自己陶酔家族においては、保育のみしか見られません。
  • 効果的なコミュニケーションの欠落。自己陶酔家族で最もよく見られるコミュニケーションタイプは、三角形です。言い方を変えれば、決して直接的でなく、緊張と不信感からなる受動攻撃的なふるまいを見せます。 例えば、サラの場合、サラに向けられる父親の命令、欲求、コメントは、母親から来ます。父親は、母親を介してサラを従わせようとします。

自己陶酔的家族から抜け出す方法

ハックルベリー・フィンの冒険のなかで、マーク・トウェインはわたしたちは家族の傷に自分を定義させることを許してはいけないと書いています。笑顔で生きていて、無から幸福へ押し上げてくれる本当の自分の一部は、心の隅っこに必ず隠れています。

不毛で毒のある環境から自分を取り除くためには、次のことを考えてみてください:

  • 自己陶酔的なふるまいの歴史がある人は、簡単には変わらないと理解する。セラピーを試すことはできますが、一歩を踏み出し何かがおかしいと認める人はあまりいません。
  • 自己陶酔的な家族の一員がすることに対して罪の意識を感じないようにする。認識保護法を使って、自分にはいいことが一つもないと思っていたサラのような状況に落ちいらないようにしてください。
  • 自己陶酔的な人と感情について話すのは無駄。さらにあなたを傷つけるだけです。自分を制限して、「言ってることはわかるけど、これからは…させない」「…する権利はないと理解するべき」「これからは…してほしい」というようなことを言うようにしてください。はっきりとリミットを設定してください
  • 家族の中や社会的サークルの中に、あなたを理解し支援する人を見つける。
  • 自分と自己陶酔的な家族のメンバーとの間に距離を置く。完全につながりを断ち切るということではありません。しかし、どんなシチュエーションがコントロールでき、どのくらい頻繁に会いたいかをしっかり理解しておくようにしてください。
    かつら

感情的な基礎が曲解されている環境で暮らすのは健全ではないだけでなく、特に子供には耐えがたいものです。

大人になった時、人にノーと言えなかったり、自分にはリミットを設定する権利があるということを理解できなかったりするようになります。自分の欲望やニーズを表現することや何を許していいか決めるのが難しくなります。