感情と肥満の関係

· 2018年3月20日

肥満は、現代世界における主要な健康問題です。そして科学は依然として過体重になる生物学的プロセスの100%を説明することができていません。私たちは複数の要因があることを知っていますが、そのうちのいくつかはまだ謎のままなのです。

私たちは、肥満の症例が世界的に増加したことを知っています。世界保健機関(WHO)は肥満を流行病と呼んでいます。 特に、米国、英国、メキシコ、中国のような国では、太りすぎの人の数が倍増し、場合によっては3倍にもなっています。

「良い道を歩み、海があなたにもたらすものを学ぶことであなたへの負荷を軽くしてください。私たちが愛しているすべての所有物、人生を通じて運ぶあらゆる負荷を一緒にすると、それらは必然的に余分に重くなるでしょう・・・」
-ルイス・チオザ-

このような状況は、肥満問題をめぐって偏見を生み出しています。人々は肥満の原因を自制の欠如に関連づけますが、これは必ずしも事実ではありません。一部の人々は飢えているにもかかわらず、それでも体重が減ることがない人がいるのです。

彼らはまた、肥満を醜さと望ましくないものと関連付けます。肥満が感情と関連があることも見ての通りでしょう。

数十年前、人々は感情が肥満に対する影響を研究し始めました。低カロリーの食事と一定の運動は、必ずしも最良の結果を得るために必要なすべてではないのです。これにより、人々は肥満には私たちが意識していない他の要因があると考えるようになりました。

体重と肥満

脂肪が多いほど体重が重くなるのは明らかです。しかし、厳密な解剖学的観点から、体内の脂肪蓄積は必ずしも肥満につながるわけではないことが分かっています。

それほど明白でないのは、人の脂肪含有量の増加が全体的な体重に反映されているかどうかです。 しばしば、脂肪含量が増加すると、筋肉量が減少します。

体重差

これは、体脂肪が体重に反映されているとは限らないことを意味します。 そして、体重を減らすことは、スリムになるという意味ではありません。 最終的に、多くの人が心配しているのは体重ではなく、体の形です。

特定の領域に蓄積された脂肪は目に見え、望ましくないものになります。なぜなら、私たちには完璧なボディシェイプがどんなものかという固定観念があるからです。お腹が出ている人は、筋肉があってもう少し細い人と同じ体重かもしれないのです。

結局、体重自体は問題ではありません。心理的に多くの人々に影響を与えるのは、彼らの実際の姿と「完璧な」姿の違いなのです。

肥満に関する無意識な要因

Louis・Chiozza博士によると、体重増加に関する重要な科学的証拠があるといいます。 ある性質を持つ人々は、その他の人々よりも脂肪を「簡単に」蓄積する傾向があります。そして彼らの体は、蓄積された脂肪を使い切ることに対しても特別な抵抗を示します。

Chiozza博士は、この現象の原因を確立したかったのです。そのため彼は、体脂肪がカロリーやエネルギーの準備などに役立つかという、本質的な機能について見てみることにしました。

肥満の男性

彼は、身体の脂肪の保持に関連して無意識の「空想」があることを示しています。 彼は、最初は体脂肪の蓄積が適応的な反応であることを示唆しています。

脂肪はもしもの時に備えます。 食べ物を食べられないという事態が起きたときにそなえて、バックアップとして保存しています。例えば、渡り鳥は体力を消耗する前に身体の脂肪量を増やしたりします。

脂肪は長期保存の幻想の結果として人間に蓄積します。この幻想は、「自給自足」という別の幻想と結びついています。それは、自分以外の誰も何も必要としないことを意味します。そうすれば、あなたの生存を保証することができるからです。

最後に、体型の変化は第3の幻想に相当します。それは体型が崩れることに対する幻想ですあるいは、理想的な体型ではなくなる、という言い方の方が正しいかもしれません。

防衛のメカニズムとしての肥満

Chiozza博士は、肥満は一種の防御メカニズムであるかもしれないと結論づけています。それは、無能感に関連する無意識の葛藤があるときに起こります。

蓄積された脂肪は、行動のために私たち自身を保存する方法です。それは、私たちが最終的に正しいことができないという恐れから逃れるものでもあります。

太り過ぎの人の増加は、その無防備さの感覚の一種の結果と言えます。葛藤は、肥満の下に隠れているのです。

結論として、肥満に関しては2つのことを区別すべきです。 一つ目は人々が過体重になることによって物理的なリスクがあることです。 そして二つ目は、社会が考える美しさの基準にそぐわないという心理的なものがあります。

これらの要因は通常共存しています。そのため、適切な評価が必要でしょう。そして、肥満を患っている人のモチベーションを利用して、特定の食事制限とエクササイズのガイドラインを使用しましょう。代謝に加えて、これらが体重を規制してくれる主要なものだからです。