感情を傷つけられたとき:表現の重要性

2019年9月3日
誰かがあなたの感情を傷つけるとき、二つの選択肢があります。一つは、痛みを隠し強く振る舞う方法です。もう一つは自尊心を守るために適切な感情的反応を示す方法で、こちらの方が健康的です。

誰かがあなたの感情を頻繁にそして激しく傷つけたときに、自分の気持ちを抑えそれに反応しなければ、あなたは壊れていってしまうでしょう。強いということは、我慢したり、何も言わなかったり、自分の気持ちを抑えることではありません。強くなるとは自分の感情やニーズを表現する機会を自分に与え、我慢することに制限を設けることです。

それが簡単でないことはわかっています。しかし、あなたの気持ちを大切にし守ることは健康的な行動です。

大人になるのが楽じゃないのは誰しも理解しています。大人になると、仕事、お金、家族、自分磨きなど様々なタスクを生きていくのに当たって学んでいかなければなりません。

しかし実際には、人生の最も重要な部分は幼少期と青年期に起こることを忘れがちです。これらの初期段階で、最も価値のある学習と発達が起こります。これらの重要な段階の一つは感情的な能力に関係しています。

考えてみてください。子供の頃、強い感情(Emotion)と一般的な喜怒哀楽(Feelings)の両者の感情を区別する方法を誰かが教えてくれたでしょうか?誰かがあなたにもっと自己主張することを教えてくれたでしょうか?または感情的なニーズを認識し、それを効果的に伝える方法を学んだでしょうか?

これらの学習が常に行われるとは限りません。そのため、多くの人々が成人期に達した際、問題を抱えてしまいます。彼らは脆弱であり、環境のダイナミクスに非常に敏感で様々な困難にあう可能性があります。

人生で最も重要な人でさえ、あなたの感情を傷つける可能性があります。こうした状況で何ができるでしょうか?

「感情は痛みを引き起こさない。感情への抵抗または抑制が痛みを引き起こすのだ。」

-フレデリック・ドドソン-

感情 傷つけられた 表現 重要性

ご存知でしたか?:
積極的に自己主張ができるようになる5つのポイント

 

感情を傷つけられたとき:自己主張の重要性

誰かが感情を傷つけるとき、私たちは通常2つの方法で反応します。一つは黙っている、もう一つは怒りを即座に示す方法です。

しかし、あなたの感情を傷つけ一線を超えた人が親しい人々である場合、どうなるでしょうか?たとえば、パートナー、家族、親戚、友人、または上司などです。その場合、すべてがより複雑になるでしょう。

これらの状況では、より多くの抵抗が生まれます。気持ちが傷つけられているのは明らかですが、どのように対処すればよいでしょうか。何かを言う勇気をどのように高めますか?傷ついたことをどうやって伝えますか?落ち着きを失ったり、攻撃的になったり、問題について曖昧にしたりせずに、相手にどうやって伝えればいいのでしょうか?

このためには、感情的なコミュニケーションが間違いなく問題であり、それに取り組む必要があります。以下でアドバイスをご紹介します。

こちらもご参考に:
自己主張できる人の問題解決法

 

自分の意見を誠実に主張し守るために、感情を読み解く

有名な神経生理学者であるアントニオ・ダマシオは、強い感情(Emotion)と一般的な喜怒哀楽(Feelings)の両者の感情を区別する重要性に関する研究をネイチャー誌に発表しました。そもそも感情とは、刺激によってあなたが経験する化学反応と神経反応の集まりです。

  • まず、あなたの体は恒常性、内部バランスを変える何かの影響を感じます。
  • そして、心はその強い感情(Emotion)を一般的な喜怒哀楽(Feelings)に変換します。自分が感じていることを思考に変換できると、喜怒哀楽(Feelings)が現れます。

誰かがあなたを怒らせたり、批判したりした場合どうすればよいのでしょうか?

人々は、自分の感じる強い感情(Emotion)を読み解かなければなりません。そのため、心にわだかまりがあったり、胸がドキドキしたり、または胸が熱くなった時は、立ち止まって感情を理解してください。決してその気持ちを無視してはなりません。大したことはないと言い聞かせてはいけません。時間をかけて、自分が感じているものに名前を付け、その感情を特定し、明確にすることが大切です。

感情 傷つけられた 表現 重要性

「私はこう感じる」:気持ちをはっきり伝える勇気

自分の内側にある感情(屈辱、憤り、痛み、失望、悲しみ、ごまかしの感覚など)が何であるのか明確にしたら、次のステップはコミュニケーションです。そのためには主語を「私」にする必要があります。

ひょっとして、主語を自分にすることに慣れていないかもしれません。しかし、これは自分の気持ちをしっかり伝える感情的なコミュニケーションには必要不可欠です。もし誰かがあなたの感情を傷つけた場合は、次の例に挙げるようなことをためらわずに言ってください。:

「あなたがこう言った時、私は屈辱を感じました。あなたはあまり考えずに言ったのかもしれませんが、しっかり考えてもう言わないようにしてほしいです。」

「あなたが下した決定に私は失望しました。あなたは私のことを考えておらず、私の意見にも耳を傾けていません。」

感情を傷つけられたら、その責任を求める

傷つけられた場合、自分を守ることの大切さを覚えておいてください。このようなことが二度と起こらないように、基盤を明確にしておきます。基本的には次のことを行ってください。

  • 最初に、あなた自身が感情責任をしっかり確立してください。あなたが傷つけられた場合、その責任は相手にあります。しかし、彼らが再びそれを行い、また自分を守らなくてはいけない状況に陥った場合、その責任はあなたになります。ただし、それはあなたのせいではありません。
  • 第二に、あなたを傷つけた人に、その態度を認識させる必要があります。どのような関係でも尊敬と責任が必要であることを理解させてください。同じことをまた繰り返さないように約束させます。両者がこのことから学び、より共感的、人間的で有意義な相互作用を生み出すよう努めます。

今回ご紹介してきたプロセスには時間がかかることを覚えておいてください。プロセスを通して、しっかりと自己主張をすることを学び、感情をうまく管理して効果的にコミュニケーションをとりましょう。誰かがあなたの感情を傷つけた場合、今回ご紹介したアドバイスを試してください。きっと関係の変化に気付くはずです。

  • Damasio, A. (2001, 25 de octubre). Sentimientos fundamentales. Naturaleza . https://doi.org/10.1038/35101669
  • Schwarz, N. (2012). Feelings-as-information theory. In Handbook of Theories of Social Psychology: Volume 1 (pp. 289–308). SAGE Publications Inc. https://doi.org/10.4135/9781446249215.n15