空の巣症候群に対抗する7つの方法

· 2018年9月23日

子どもは、充足感の元であり心配の元でもあります。子供が家を出ると、親は「空の巣症候群」と呼ばれる状態に苦しむことがあります。空の巣症候群は、さみしさ、悲しさ、憂鬱さ、捨てられた感覚、アイデンティティーの喪失といった感覚です。

空の巣症候群を特徴づける具体的な環境は、家族によってまちまちです。子供が家を出るときに親が持つ感覚も異なります。

 

すべての親が空の巣症候群になるわけではありません。これが発症する場合でも、様々な度合いがあります。関係に強固な基礎があり、感情の絆が保たれていれば、起こりづらくなります。不満や捨てられた感覚は、そんなに頻繁に起こるものではありません。

辛い空の巣症候群

子どもの存在が夫婦が共にいる主な理由だとしたら、空の巣症候群が起こる可能性はより高くなります。子どもとの日々の生活が恋しくなるのはよくあることです。さらに、子どもが家を出たら彼らの安全を心配するようになります。自分のことをちゃんと面倒見れるかどうか不安です。この状況によってストレスを感じ、うつになる親もいます。

すべての専門家がこれを病気と認定しているわけではありません。この症候群の存在さえ否定している人もいます。しかし、この変遷が親や子どもに大きな変化をもたらすことは明白です。

「家族はわたしの強みで弱点です。」

– アイシュワリヤー・ラーイ –

苦しむ女性

子どもが巣を出て生きました。もう実家には住んでいません。そのような状況で、両親は自分たちの生活をデザインしなおし、変化による影響がより少なくなるようにしなくてはいけません。新しい状況を理解し、受け入れ、それをうまく処理できるよう努力すべきです。

結婚生活を強める

子どもが家にいるときは、結婚生活は後回しになることが多いようです。だから、子どもが家を出たときは2人の関係に注力するいい機会です。親密な瞬間を再発見して、楽しめる趣味を見つけましょう。

運動してアクティブに

運動不足の生活に終止符を打つのに遅すぎることはありません。運動するのに年を取りすぎていることもありません。強さ、柔軟さ、バランスは、アクティブでいて気高く年を取るための3つのカギです。定期的に運動をすることでリラックスして、健康をケアできます。

子どもの自治権を尊重する

子供は成長したんだということを受け入れなくてはいけません。決断をするのに親に頼る必要はありません。成熟した関係を子どもと持つことは、関わるすべての人にとって満足のいくものであるはずです。

自由な時間を楽しむ

子どもがいるときにはできなかったアクティビティーをするときです。この時間を最大限に生かして楽しめることをしましょう。子どもが家にいるときは、毎日やることが多すぎて自分の趣味や好きなことをする時間なんてないものです。

自分が楽しいと思える趣味を持ってください。自分自身のために時間を使ってください。そうすることで自分を忙しくすることで、結果寂しさや悲しみに襲われることがなくなります。

「結婚は素晴らしい制度だけど、制度の中に生きたい人なんているのでしょうか?」

-グルーチョ・マルクス-

手をつなぐ
社交生活に時間を費やす

退職と子どもが家を出ることによって、孤独な生活になってしまうことがあります。社会的に孤立してしまうことすらあります。それを避けるには、アクティブでいてください。講座や習い事に参加したり、クラブに入会したり、文化センター等へ行って大人用のプログラムを受けてみてください。これらは健康と幸せに良い影響をもたらします。自尊心を高め、高貴に年齢を重ねることができます。

ポジティブでいる

子どもが家を出たあとに悲しく感じるのは当たり前のことです。変化のポジティブな面を見つけて、ネガティブな部分に焦点を置かないようにしましょう。子どもが下した決断で、子どもにとっても良いことであると言い聞かせてください。そうすれば、幸せに感じることができるはずです。

親であることには変わりない

子どもは独立していて一緒に住んでいないという事実は、子どもとの連絡が全く立たれてしまうということではありません。親であることには変わりありません。子育ての新しいステージで、自分の子どものニーズを満たす新しい方法を見つけてください。子どもたちと密にコンタクトを取り合うことはできます。そうすることで、自分はまだ子どもの人生の大事な部分を占めていると感じることができるはずです。

人生の新しい局面は、ポジティブな光で見ることができます。子どもと親の関係が進化する機会ととらえてください。

若者の多くは、仕事の不安定さや失業に悩んでいます。未来の状況は比較的暗いものです。高齢化と30代に影響する経済状況のため、独立するは複雑化してきています。

高齢化は、差し迫った問題です。若者が親の家を出られないことを意味します。これによって、空の巣症候群にネガティブな影響を及ぼします。

子どもが家にいる安心感、仕事の不足、家の快適さから、親は子どもはずっと家にいてくれると思い込みます。その結果、最終的に子どもが出て行った時に準備ができていない状態になってしまうのです。