家族の無効化:家族から価値がないと思い込まされるとき

· 2018年8月28日

家族の無効化は、よく見られるプロセスです。子どもの自尊心をないがしろにするような、正気ではない動力を一人またはそれ以上の人が作り出してしまう環境で起こります。それは、軽視、受動攻撃的なコミュニケーション、感情的な操作、見えない虐待です。一生癒えないような傷を残してしまうことがあります。

家族療法の専門家は、無効化された子どもたちは将来的に「透明な」大人になってしまう危険があるとしています。小さい時から自分のニーズは重要ではない、と信じ込んでしまうような人です。彼らのアイデンティティーはかなり薄められ、自己像を発達することが出来なくなってしまいます。

「誰しも、痛みを伴う心に埋まった傷を抱えています。前にすすめたら素晴らしいことです。でも、それが可能でなくてもやはり生きていかなくてはなりません。そして、時間と共に痛みに鈍感になっていきます。」

-キム・ボクジュ-

無効化の例

これはかなり深刻で、多くの親が見逃してしまっている問題です。例を見てみましょう。アナは9歳で、妹のカーラを馬鹿にしたり、つねったり、押したりします。アナは落ち着きがなくうるさくて、カーラは大人しく臆病です。

カーラは助けを求めてお母さんの元へ行きます。でも、いつも答えは一緒です。「自分の面倒は自分で見なきゃ。ママは忙しいんだから、いつもあなたの世話をしてあげられるわけじゃないのよ。この状況はとても無害なように思われるかもしれませんが、大きな脅威を秘めています。

まず、母親は下の子供の感情を考慮していません。2つ目に、子どもに向けたメッセージがシンプルで直接的であるところです。「わたしは忙しいの。この状況であなたはひとりよ。自分の問題は自分で解決しなさい。」 このような無効化によって特徴づけられた幼児期は、大人になってからも影響する深いキズを残します。

泣く子ども

家族の無効化から、自分の無効化へ

家族の無効化は、感情的なネグレクトであり、最も危険なネグレクトのひとつです。精神障害や弁証法的行動療法の有名な専門家であるマーシャ・リネハンは、著書の中でこのようなコミュニケーションが深刻な対立を幼児の精神に生み出すことを説明しています。

考えてみましょう。泣くたびに一度も気にかけてもらえない赤ちゃんがいたとします。この赤ちゃんが2歳になって、どうやってなだめたらいいかまるで分かっていない親の前で癇癪を起しているのを想像してみてください。数年後、靴ひもの結び方が分からないことで叱ります。または、着替えたり、食べたり、自分の意思を伝えるのが遅すぎるという理由で叱ります。 不器用で何でもないことですぐ泣いて。」というような言葉を、人生の初めの6年間で耳にたこができるほど言われます。

このような状況が子どもたちの中で少しずつ結晶化します。リネハン教授は、家族の無効化は自分の無効化につながるとしています。子供の感情的なニーズがはじめから無視されたら、「いつも何でもないことで騒ぎ立てる」子どもになってしまうのです。自分で自分自身を無効化してしまうのです。 感情はネガティブであると解釈します。そうやって無理やり感情を隠して飲み込もうとします。

階段に座り込む子ども

多くのケースで起こるのは、自己完結的予言です。何もできない、あなたには適さない、これはあなたには難しすぎるなどと子どもの時に何度も言われていると、これを毒性のあるマントラとして内面化してしまいます。

家族の無効化の効果を壊すことは、可能であり必要なことです。自分のことは肯定すべきで、他の人もその人のタイミングで行うべきです。

大人として自分を肯定する:内面の対話

システムズ・アプローチは、ポール・ワツラウィック氏の人間コミュニケーションの説に影響を受けています。「メンタル・リサーチ・インスティチュート(MRI)」の専門家たちがこの素晴らしいアプローチを形作りました。家族療法の未来のカギであり、複雑なダイナミクスのより良い理解が可能です。

この枠組みの中で、ワツラウィック氏は軽視のテクニックについて言及しています。これは空っぽで害があり攻撃的なコミュニケーションです。相手へのメッセージによって相手を無効化し、不快感を生み出します。リネハン氏のような心理学者は、幼少時代に無効化された子どもたちは自分の無効化に基づいた内面の対話をつくりだしてしまうと考えています。

自己批判、ふるまいの限定、優柔不断、責任、恐怖、自己愛の欠落によって事故の無効化を進めるモノローグです。今まで以上に自分を破壊してしまう火のようです。

男性の横顔

そんなことをする価値はありません。誰かがわたしたちのアイデンティティーや自尊心にこのような穴をあけるなら、このダイナミクスを終わりにしましょう。自分を自分自身の最大の敵にするのはやめましょう。

自分を認めてあげることは可能です。しかしそれを達成するには、自分自身の内面の対話を変える必要があります。自分に敬意と優しさをもって話しかけてください。自分を価値がある人として扱ってください。「できない、わからない、価値がない」と思い込むのはやめましょう。

全部できるようにやってみるときです。