経済状況が重荷にならないようにする5つの方法

2018年7月31日 in 好奇心 0 シェア済み
ジャー

経済状況は、正しく扱われないことがあるテーマです。人生にはもっと重要なことがあると誰もが分かっています。しかし、月末になると支払いをしなくてはいけません。もう意見など持っていられません。 支払わないという選択肢はないのです。月末の支払いが問題でなくても、手に入らないものを望んでしまうという場合もあります。どんなに頑張っても届きません。 資金をどんなにやりくりしても無理なのです。

「パイソクルスを裕福にしたいなら、お金を増やすのではなく、望むものから引き算しなくてはだめだ。」

-エピクロス-

もちろん、自分の欲しいものを何でも買って、常に破産寸前の人もいます。お金の心配をしていない人なんてあんまりいないのです。お金は避けがたいテーマであり、お金の心配があるとリラックスできません。

お金の量が問題なのではありません。重要なポイントは、どのようにお金を管理するかです。自分の経済状況のコントロールがあって、はじめて気分が良くなります。もっと自分の経済状況のコントロールを得ることは可能です。ここでは、そのための5つの方法をご紹介します。

1.貯金 – 安定した財政の基本

極端な消費主義の時代では、お金を貯めることは難しいかもしれません。自分の資産とは何かということを人は考えなくなってきました。それよりも自分の消費力を知りたがります。セール、値引き、勧誘などに圧倒されて、お金を使ってしまいます。

貯金箱

お金を貯めることは、安定した経済状況を作り出す習慣です。経済学者によれば、収入の10%を貯金するべきです。これは、10%は絶対使ってはダメと頭にたたきこめれば、もう簡単です。その貯めたお金は少なくとも1年は手を付けてはいけません。そうすれば、求めているものを達成するのがどれだけ簡単かにあなたも驚くでしょう。

2.緊急ファンドを作る

安定した貯蓄も、思いがけないことが起こるとすぐに底をつきます。家へのダメージ、緊急の里帰りなどがよくあるサプライズです。

だから、緊急ファンドがあることが重要です。経済学者によれば、緊急ファンドは収入の5%程度が適切です。これも使わないでおきたいお金です。幸せのために毎月払うべき借金と考えてください。

3.社会保障の確保

若い人にとって特に重要なステップです。若い時には年を取ることなどまるで考えていません。でも誰でも年を取ります。いつか必ずやってきます。それが訪れたとき、準備がなければどうしようもない状況になってしまうのです。

芽

最近、多くの企業が社会保障をしてくれません。このような状況の場合、退職のためにお金をためておくべきです。推奨されている額は、収入の15%です。出来ればもっとです。人生も後半に差し掛かった時、財源があることは何にも代えがたいことなのです。

4.一ヵ月の予算を決める

安定した財務状況のためには、月の予算が必要です。どれくらいのお金があって、どれくらい使っているか把握することが重要です。毎月決まった額が入るわけではない場合は特に気を付けるべきです。支出を記録することは、嫌になるかもしれませんが必要なことです。

上記した内容に基づいて計算すると、月の収入の30%ほどは使わないでおくべきです。残りが実際に使える額としましょう。かなりの額に思えるかもしれませんが、これは習慣の問題です。時に、収入が増えても全てを支払うにはまだ足りないことがあります。それは、きちんと予算に沿っていないからです。

5.衝動買いしない

この記事のはじめに書いたことを思い出してみましょう。常にお金を使うように仕向けてくる世界にわたしたちは生きています。多くの広告が、衝動的に買い物をするようにデザインされています。だから派手で魅力的なんです。あなたの意思を曲げたいんです。クレジットカード

気づかないうちに、そんなに必要ないものを買ってしまっているはずです。もっと悪い場合は、欲しくないものまで買ってしまうかもしれません。靴の70%オフ、新しいテレビ、最新の携帯電話が我慢できないときは、本当に必要か自分に尋ねてみてください。

そうとは思わないかもしれませんが、お金は心理と秩序に深く関係しています。つまり、お金の使用と結果は客観的な現実より自分の精神の問題ということです。安定した経済状況は穏やかな生活を送るために重要です。少し修正を加えれば必ずできます。今から始めましょう!

あなたへおすすめ