健康的な脳のための7つのビタミン

· 2018年4月30日

脳は人間の体の中で最も重要な臓器です。なぜでしょう?わたしたちの体の機能すべてが、正常に機能するために脳に頼っているからです。脳が必要とするビタミンと栄養素を摂取しないと、エネルギー不足に感じたり、疲れたり、いらいらします。病気になるかもしれません。

わたしたち多くは、脳が正常に機能するためにどんなビタミンが必要かを知りません。脳のことより、消化機能や鏡でどう映るかのほうを考えて食べます。

「食生活が悪いと、薬は効きません。食生活がいいと、薬は必要ありません。」
-アーユルヴェーダのことわざ-

記憶や集中力を改善してくれる成分があります。また、アルツハイマーなどの神経変性の病気のリスクを減らしてくれます。食生活を少し変えるだけで、素晴らしい結果を見ることができます。脳をケアするために取るべきビタミンは何でしょう?これからご紹介します。

1. 最も大事なビタミンのひとつ、ベータカロテン

ベータカロテンは、食生活に書くことが出来ないビタミンです。これは、ビタミンAにかわり、そのため「プロビタミンA」とも呼ばれています。その主な効果は、記憶の改善と、脳の細胞の保存です。

ベータカロテン不足は、視力の問題や、子どもであれば発育不良など深刻な問題を及ぼします。にんじん、かぼちゃや、メロン、パパイヤ、マンゴーのフルーツなどの食物に含まれています。

フルーツ

2. ビタミンB1

すべてのBビタミンは、良い脳の機能に欠かせません。特にB1は、記憶の喪失を防ぐ効果があります。 脳が老化するのをスローダウンさせ、鬱を患うひとのムードを上げるのに適しています。

ビタミンB1は、「チアミン」とも呼ばれ、脳や神経組織に多く含まれます。グルコースの吸収を担うため、エネルギーを高めるのに理想的です。また、心臓血管機能にも一役買っており、目の健康にもポジティブな影響を及ぼします。間違いなく最も重要なビタミンのひとつです。

 

ビタミンB1またはチアミンは、肉に含まれます。特に、牛肉、鶏肉、豚肉、魚です。また、ナッツやホールグレイン、フルーツ、野菜にも含まれます。

3. ビタミンB6

B6は、最も完璧なビタミンのひとつです。脳にもとても良いです。神経伝達物質のドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリン、 GABA、アセチルコリン などの生産を助けます。これらの神経伝達物質は、神経が発したシグナルを伝達する役割を担っています。詳しく見てみましょう:

  • わたしたちの脳の報酬センターと関連するドーパミン。ムードに大きな影響。
  • アドレナリンとノルアドレナリンは、警戒システムに組み込まれており、不安に影響する。
  • GABAは、痛みを制限しストレスと不安を軽減。
  • アセチルコリンは記憶プロセスの役割。

ビタミンB6は、認識的発達のために非常に重要な B12の吸収も助けます。ビタミンB6不足は、鬱などの問題を引き起こします。 全体的な感情的不均衡や不眠症に影響します。小麦胚芽油、こめ、ジャガイモ、七面鳥、牛肉、鶏肉、ラム肉、卵、牛乳、乳製品、豚肉、シーフード、レンズ豆、ピーマン、ナッツなどに含まれます。

野菜の脳

4. ビタミンB9

これはB6、B12と一緒に働き、赤血球の生産を助けます。酸素供給をスピードアップさせるとても良いビタミンです。

ビタミンB9は、「葉酸」や「プテロイルグルタミン酸」とも呼ばれます。精神をシャキッとさせるのに重要な役割を担っています。B6と同じように、様々な神経伝達物質の形成を助けます。ビタミンB9不足は、発作を引き起こす可能性があります。

マメ科植物、全粒穀物、ほうれん草、アスパラガス、米、オーツなどの食べ物に含まれます。バナナ、オレンジ、メロン、アボカドなどのフルーツにも含まれています。ナッツ類ほぼすべてに含まれていますが、特にピーナッツに豊富です。

5. ビタミンB12

B12は、脳の機能のために不可欠なB系ビタミングループの最後の仲間です。 最も重要なもののひとつと言っても過言ではありません。細胞や脂肪酸の形成を担っています。様々な物質構造の元となっています。短期記憶と密接に関係があります。

ビタミンB12不足は、記憶の喪失、だるさ、気分のネガティブな変化などを生み出します。多くの研究者が B12の不足はアルツハイマー病などと関係しているとしています。 ビタミンB12は、牛肉、鶏肉、七面鳥、レバーなどに含まれます。マス、サーモン、全粒穀物、貝、小麦粉、卵、チーズ、ヨーグルトなど乳製品などにも含まれます。

動物性たんぱく源

6. ビタミンC

強力な酸化防止剤のビタミンC。年齢と共に起こる酸化ストレスや変性過程から脳を守ってくれる効果があります。パーキンソン病、アルツハイマー病、その他の痴呆などの病気の防止に非常に役立ちます。

加えて、ビタミンCは鉄分を吸収するのを助けます。これは、記憶と集中力に重要です。多くの人は、鉄分が多い食べ物とビタミンCが豊富なものを一緒に摂取し、もっと鉄分を摂取できるようにします。

また、多くの人はビタミンCを自然の酸化防止剤として見ています。気分に関する重要な神経伝達物質であるセトロニンレベルを上げることができます。このビタミンは、柑橘類や緑の野菜に含まれます。

7. 他のビタミン

脳がきちんと機能するためにとても大事なビタミンは他にもあります。その一つがビタミンDです。多くの研究によれば、 多発性硬化症やいくつかの鬱の症状などの病気に効果があるとされています。イワシ、サーモン、マグロ、マッシュルームなどに含まれます。

ビタミンKは、より良い学習と記憶に貢献します。アルツハイマーを患うひとはビタミンKが不足している傾向にあります。このビタミンをたくさん含んでいるのはブロッコリーです。 また、メキャベツ、葉物系野菜、アスパラガス、セロリ、発酵食品などにも含まれます。

最後に、ビタミンEとオメガ3脂肪酸は、かなり脳へ良い効果をもたらします。 酸化防止剤であり、オメガ3脂肪酸は脳の可塑性を高めます。両方とも、退行変性からわたしたちを守り、精神をしっかりさせてくれます。

緑黄色野菜

栄養は、わたしたちの生活の質において重要な要因です。健康と病気の大部分は、何を食べるかで決まります。賢く食べましょう。