決断を下すための10・10・10ルール

· 2019年1月11日

10・10・10ルールは、難しい決断を下す助けになるように作られたルールです。Aの代わりにBを選んでも、正しい方へも悪い方へも転ぶ可能性があるような決断です。このような決断においては、どうしたら良いかわからなくなり、どちらの選択肢がより良いかを決める要因がありません。

従来のメリット・デメリット方式では、このような難しい決断を下すのには適していないことがあります。10・10・10ルールは、スージー・ウェルチによって編み出されました。彼女はベストセラーの本を出版していたことから、すでにかなり著名なジャーナリストでした。

ウェルチ氏は、決断を下す過程における脳の活動を細かく研究しました。これには重要かつネガティブな要因があることを発見しています。双曲割引と呼ばれていて、これは未来など存在していないかのように行動することです。例えば、まるで健康に影響などないかのようにジャンクフードを食べ続けることです。このような思考をとめるために、ウェルチ氏は10・10・10ルールを考案しました。

「誤った決断のリスクによって、優柔不断の恐怖の思うつぼになる。」

-モーシェ・ベン=マイモーン-

10・10・10ルールの機能

10・10・10ルールは、下さなくてはならない難しい決断へと導く一つの質問から始めます。まず、解決したい問題や下さなくてはいけない決断をはっきりと定義します。「仕事をやめるべきか?」「もう一人子供を作るべきか?」「国を離れるべきか?」などです。

質問が明確であればあるほど、正しい決断をすることができます。問題の重要な部分、関連する変動因子が何であるかわかっていればいるほど良いのです。

次に行うべきことは、情報の収集です。読書、会話、その他の資源を利用することで可能になります。目標は、自分の主な選択肢を特定することです。次の質問に答えてみましょう。これらの選択肢の10分後の影響は何だろう?10か月後の影響は?10年後の影響は?

疑問
3つの瞬間

10・10・10ルールを文字通りに解釈しないでください。下すべき重要な決断の度に10分、10ヶ月、10年で何が起こるか自分に尋ねる必要はありません。これはこのルールがどのように機能するかを説明しやすくするだけのものです。目標は、直近で何が起こるか、近い未来ではどうなるか、長期的な影響は何かということに基づいて、状況に目を向けることです。

始めの瞬間は、今この瞬間における決断の影響です。2つ目の瞬間は、決断がすでに下されて、最初の現実的な影響が出始めるときです。3つ目の瞬間は、遠く離れた未来と時間がたってから起こる決断の影響です。

ウェルチ氏は、これをマントラのように考えてほしいという思いから10・10・10ルールと呼んでいます。しかし、実際には決断を下している瞬間、決断が下された後の瞬間、すべてが行われた後の瞬間を意識するというだけのことです。

紙飛行機
分析

10・10・10ルールの3つの瞬間を思い浮かべることができたら、追加の分析を行いましょう。集めた情報、自分の持っている選択肢、信念、目標、夢、必要性が、この分析に含まれていなくてはいけません。ウェルチ氏は、もう一つ自身に投げかけるべき質問があると指摘します。自分の人生の舵を取るのにより役立つ決断はなんだろう?

この質問の答えは、決断を下すための最後の要因です。自分の求める未来に沿っている選択肢が、最も適切な決断です。

この過程の中で、すべての人がハッピーエンディングになるわけではありません。決断によっては何かを諦めることにつながるかもしれません。しかし、この方法を正しく利用すれば、安心感を得られるはずです。成長するために最適な方法を見つけたら、それに向かってエネルギーを注ぎ込むだけです。