気分循環性​​障害とは:症状、原因、治療

2019年5月24日

気分循環性​​障害の主な特徴は、慢性的に変動するこころの状態です激しい気分の揺れが見られ、悲しくなったと思ったら、数日のうちに急に幸せいっぱいになるような人をみなさんご存じではないでしょうか。こういった人たちは、気分循環性​​障害を患っています。

気分循環性​​障害の人の気分は、異常な「幸福」状態と鬱状態の間を変動します。つまり、一般の人が「普通」とは考えられないような気分の顕著な変化があります。

気分循環性障害と双極性障害の違いを明確にしておくことが重要です。双極性障害は、見られる症状がより極端であるため深刻です。気分循環性障害の症状の発現の場合、患者は鬱、 躁病、軽躁症状の基準を満たしません (精神障害の診断と統計マニュアル)。

鏡
気分循環性障害の基準

精神障害の診断と統計マニュアル(DSM-V)によれば、診断基準は次のようになっています。

A. 過去2年の間に、主要な鬱病の発現の基準には満たない、様々な軽躁的な症状と鬱症状の時期が見られる。

注意:子どもと青年においては、この状態が1年ほど続いているものとする。

B. 2年かそれ以上の間(子どもと青年の場合は1年)、患者が2カ月以上空けて症状を出さなかったことがない。

C. 深刻な鬱症状の発現、躁病症状の発現、その混合症状の発現が、最初の2年間に見られない。

注意:気分循環性障害の初めの2年間を過ぎた後、躁病的症状や混合症状の発現が見られることがある。この場合、 気分循環性障害と双極性障害1型と診断される。あるいは、深刻な鬱病症状の発現に苦しむ場合もある。(この場合、診断は気分循環性障害と双極性障害2型という診断。)

D. Aの基準となる症状の原因が、統合失調性感情障害で説明できない時。統合失調症、分裂病様障害、妄想性障害、不明な精神障害などがともに見られない場合。

E. 症状が特定の化学物質の生理的な影響(麻薬や薬)、あるいは病気(甲状腺機能亢進症)などによるものでない。

F. 症状が、社交、仕事、他の重要な分野において、臨床的に著しい不快感や機能障害を生み出している。

仮面
診断の特徴

はじめにお話ししたように、気分循環性障害には、慢性的な心の状態の変動が見られます。たくさんの軽躁期と鬱期があります。軽躁状態は、躁病状態とまではいかないものの有頂天の状態ですが、いらだちや軽い強迫観念的な姿勢を引き起こすことがあります。

軽躁症状は、多くの場合、気づかれないままになってしまいます。まず、患者が自分は安定していると思ってしまうからです。次に、仕事、家族、社交環境において、必ずしも大きな影響を引き起こすとは限らないためです。

診断をより複雑化してしまうのは、軽躁状態をただの「幸福状態」あるいはちょっとした異常活発と誤解してしまうことがよくあるからです。躁病は、鬱の対称として定義されています。患者は、多幸感にあふれ、有頂天状態になります。

気分循環性障害では、鬱症状の数、深刻度、期間が、鬱の主な発現の基準を満たすには不十分です。主要な鬱的、躁病的、軽躁的症状の発症を満たしたしていないときに、気分循環性障害の診断がされます。これは、重要な点です。双極性障害と差別化される点であるためです。

男性飲酒
気分循環性障害の発症と進行

気分循環性障害は、青年期、あるいは成人期の初期に発症します。科学者の中には、これを双極性障害への一時的な前兆を表すものだと考える人もいます。気分循環性障害の発症は緩やかであり、進行は永続的です。15~50%の確率で、気分循環性障害の患者は双極性障害を発症します。

気分循環性障害の発症や鬱的な症状が大人になってから現れた場合、気分循環性障害の正しい診断をするために、双極性障害や、その他の病気が原因の障害(多発性硬化症など)をはっきりと区別しなくてはいけません。気分循環性障害を持つ子どもにおいては、平均的な発症年齢は6歳半です。

結論としては、気分循環性障害は、双極性障害の弟のような存在です。気分に普通ではない程度のわかりやすい変化が見られますが、双極性障害ほどは劇的ではありません。

 

参考文献
American Psychiatry Association (2014). Manual diagnóstico y estadístico de los trastornos mentales (DSM-5), 5ª Ed. Madrid: Editorial Médica Panamericana.

Amerikan Psikiyatri Birliği (2014). Manual diagnóstico y estadístico de los trastornos mentales (DSM-5), 5ª Ed. Madrid: Editorial Médica Panamericana.