危機に陥った時に平静を保つ方法

09 12月, 2019
危機にあると平静を保つことが難しいですが、平静を保つことには心身の健康に数えきれないほどの利点があります。この記事を読んで、冷静さを保つのがなぜそれほどまでに重要なのか、そして、そうするために取れる策は何なのかを学びましょう。

危機に陥った時に明晰に考えられるようになりたいならば、平静を保つことが不可欠になります。危機的状態で下す決断は明暗を分ける重要なものです。なので、ネガティブな感情が思考プロセスに影響しないことが大切になります。正確で効果的で知的な行動が必要な時に、疲弊や必死さは悪影響となります。

一方で、平静を保てれば、こうした辛い時にも正しい道を選ぶことができます。危機的状態にある時に良い選択ができると、その問題に対して良い解決策を見つけられる確率が著しく高くなります。

脅威的、あるいは危機的状況下では、その状況から逃げようと体が防衛機制を発動します。これは自分を守ろうとするメカニズムです。この機能の進化のおかげで、人間は自然界の危険を避けることができています。しかし、体は他の脅威にも反応してしまいます。

この警告体勢は、その危険が本物であろうとなかろうと、自分が危険な状態にあると感じる時に引き起こされます。

こうした類の状況下では、体はすぐにストレスメカニズムを発動させます。本質的には、こうしたメカニズムは自身を闘争か逃走かという状況に備えさせるものです。いかなる形であれ脅威を感じると、動悸や発汗、苛立ちや不安などといった症状を感じ始めます。

こうした危険に対処する自然のメカニズムで自分の危機的状態に適切に対処することが大切になります。そうすることで、ストレスが慢性化しないのです。ほとんどの人が知っている慢性的なストレスというものは、時と共に健康に深刻な問題をもたらしかねないものです。

危機 平静を保つ

危機に陥った時に平静を保つことが大切なのはなぜ?

危機の最中に冷静を保つことで、より明確に考え、より良い決断を下すことができます。明晰な頭脳は、正しい選択と失敗の分かれ道となったりします。プレッシャーが多くかかる状況にあると、多くの人はうまく反応できません。緊張し、不安かつ優柔不断になり、それが健康に悪影響を及ぼし、衝突が起こった時に良い解決策が取れなくなったりします。

ストレスとなる出来事は、起こったことをなかったことにしようする行動を取るように私達を仕向けます。ですが、それが必ずしも可能なわけではありません。時と場合によっては、その危機的状況を乗り越えるために自身を可能な限りコントロールしながら、概念的なツールを使わなければいけないこともあります。

新しい状況や不快な状況下で感じる普通のストレスでさえ、うまく管理しないと慢性化してしまうこともあります。慢性的なストレスは新しいプロジェクトを始めたり、既に取り組んでいるプロジェクトを終わらせようとする気力を殺してしまいます。

そのため、ストレスとなる可能性のある状況下で自分の健康をしっかり守りたいのなら、不満をコントロールし、感情を表現し、フラストレーションを膨らませないことを学ばなければいけません。他にも有用な策として、困難な状況の最中に行う現実的なリスクアセスメントがあります。将来の脅威となるものや問題について悩むのではなく、今この瞬間を生きましょう。

危機 平静を保つ

危機に陥った時に平静を保つことの利点

危機の最中に冷静さを保つことには、健康全般において利点があります。最も重要な利点の一つは、その状況をさほど惨事と感じなくなって、緊急事態においてもあまり苦悩しなくなることです。

また、その瞬間に非生産的なネガティブな思考パターンを隔離させることが随分とたやすくなります

平静を保つことは心身の健康全般において良いことです。

人は、既に起こったことや今から起きようとしていることに心配する傾向にあります。苦悩につながる辛さと混乱は、こうした過去と未来という対極から生じることがよくあります。

深呼吸し、今現在にフォーカスし、パニックを避けることが、衝突が起こる確率の高い状況下で役に立つ策となります。また、ストレスがかかりますが、ほとんどすべてのことが可能なこの世の中で、人生という辛苦に徐々に対処するのにこれが役立ったりするかもしれません。

  • Wilson, P. (2005). Sabios consejos para mantener la calma. Madrid: Salamandra Ediciones.