ネガティブ感情は不適応的?

2019年9月1日
 感情はエネルギーとメッセージを発しますが、感情をどう扱うか決定するのは私たちです。

すべての感情は適応的で進化的な価値があることが科学で実証されています。ノースカロライナ大学チャペルヒル校の心理学教授、バーバラL.フレドリクソンの研究は、基本的な感情には固有の適応機能があることを示しています。これらの調査結果により、ネガティブな感情でさえ不適応的ではないという結論に至っています。

すべての感情には、良いか悪いかに関係なく有用な機能があります。最も不快な感情やネガティブな感情でさえ、社会的および個人的適応において重要な機能を持っています。

あなたの感情は、外界の特性に敏感な進化の産物です。しかし、私たちが感情と呼ぶ遺伝的方程式のすべてがコントロール不可能というわけではありません。感情を理解して状況に適応させることはできます。具体的には、強度とメッセージをコントロールすることが可能です。

「感情にはその居場所がありますが、適切な行動を妨げることはできません。」

-スーザン・オーキーベイカー-

ネガティブ感情 不適応的

ご存知でしたか?:
ネガティブな感情を上手く表現する

不適応感情とは

ジョージ・ブカイは、多くの感情はあなたが選択できるものではないと述べています。したがって、それらに対して責任を負うことはないでしょう。しかし、自分の行動には責任があります。あなたは、先祖から受け継いだありとあらゆる感情を経験しています(そしてこれから経験することになります)。特に、あなたの脳はこれらの感情を系統発生的に獲得するでしょう。

人生のある時点で誰もが「恥ずかしい」感情を感じることに注目することが大切です。たとえば、嫉妬、怒り、激情、悲しみなどが挙げられます。これらの感情を隠したり抑えたりしなければ、それらの感情から多くのメリットを得ることができるのです。

こちらもご参考に:
ネガティブな考えをポジティブに変える

感情は良くも悪くもない

時に嫉妬を感じることは「良い」ことであり、喜びを感じることは「悪い」ことになります。もちろん、これはあなたがその感情を経験する場合の状況によります。私たちは、これらの感情を感じることは良いことでも悪いことでもないことを理解することが重要です。むしろ、それは進化的であり、これらの感情によって、あなたが選択する行動が非難されるべきまたは賞賛に値するものになるのです。

不適応な感情は存在しないことを先でも述べましたが、その代わりに、不適応な行動が存在しています。例として、「怒り」という感情を見てみましょう。怒りを免れる人は恐らくいません。それは人間が祖先を残し生き残り進化するのを助けた感情だからです。特に、怒りは、筋肉や心拍数だけでなく神経活動を増加させなければならない状況で役立ちます。

したがって、感情としての怒りは必要です。ただ、この感情を用いてあながた何をするかによっては、不適応を起こすかもしれません。あなたは、さまざまな理由で怒りを感じることがあるでしょう。しかし、その怒りに対してどのようなアクションを取るかはあなた次第です。このため、これらの感情をなぜ感じるのか、その理由を知ることが重要です。そうすれば、多くの反応を処理できるようになります。怒りを感じる事は、決して悪いことではありません。その怒りが発するエネルギーとメッセージを用いて何をするかによって悪になることがあるのです。

感情教育は、あなたの中に生まれるかもしれない不必要な苦しみを避けるのに役立つでしょう。

感情の適応的価値

すでに何回もお伝えしてきたように、感情そのものは良くも悪くもありません。私たち人間の行動が感情に特定の意味を与えるのです。私たちが処置を誤れば、衝突と混乱を引き起こす恐れもあります。

不快な感情には適応的な価値があります。たとえば、あなたをより慎重に、注意深くさせることができます。同様に、あなたの権利を守るために必要な勢いを与えることもできます。しかし、多くの悪い感情的適応の源であることも事実です。

たとえば不安は、脅迫的で潜在的に有害な状況によりよく対処するための手段として存在しています。

しかし、恐怖やパニックを伴う激しい反応など、脅迫的な刺激につながる場合もあります。

ネガティブ感情 不適応的

時に、私たちは必要のないときにも不安を感じます。 その不安が消えない場合は、全般性不安障害、恐怖症、パニック発作、精神障害、およびその他の多くの障害、または他の病理につながる可能性があります。

  • Bisquerra, R. (2006). Educación emocional y bienestar. Madrid : Wolters Kluwer.
  • Panksepp, J. A. (1992). A critical role for “Affective Neuroscience” in resolving what is basic about emotions. Psychological Review, 99(3), 554-560.