気持ちを表現するための5つのアドバイス

2018年6月6日 in 感情 0 シェア済み
気持ちを表す方法

あなたが幸せに感じているとき、笑顔を浮かべてポジティブな気持ちであることを表現するのは簡単です。しかし、あなたが深刻な状況にある時、その解釈はとても主観的になります。他の人はあなたが疲れていると思うでしょうか?悲しい?迷惑?だからこそ、感情を表現する最良の方法を知ることがとても重要なのです。

感情を声に出すことで、他の人があなたに共感することができます。これにより、彼らはあなたをよりよく知ることができます。また、彼らは何をすべきかを知り、誤解や怒りを避けるのに役立ちます。感情を表現することは、困難な状況に直面した時に自己知識を向上させるのに役立ちます。以下が、助けとなってくれるカギです。

どうやって気持ちを表現しますか?

原点を探す

感覚と感情を言葉に置き換えるのは複雑なことです。多くの場合、最初に何が自分を悪い気分にさせたのか分かりません。ですから、まずは何がそんなに自分の気持ちを変えたのかを自分自身に尋ねなければなりません。どうすればいいのでしょうか?

数分間リラックスして、あなたの心をクリアにしましょう。そうすればあなたの中で何が変わったのかを特定することができます。あなたがそれらのすべての感情を経験する原因となったものを見つけます。もし目を閉じたほうが効果的な場合は、目を閉じて自分の心に意識を向けましょう。驚き、喜び、嫌悪、軽蔑、または恐怖を引き起こすのは何ですか?

ソファで落ち込むメガネを掛けた女性

感情を具体的に表す単語量を増やす

シンプルな「気分が悪い」「元気です」というのもいいですが、感情を表現するのにはほとんど役に立ちません。あなたが感じていることに名​​前を付けるくらい正確に、より具体的に表現するようにしてください。あなたがより具体的であるほど、自分が感じていることをよりよく理解できるでしょう。

たとえば、上司に対して腹を立てていると想像してください。怒っている理由は、上司があなたを同僚の前で叱ったからです。それを他の人に説明するときは、「恥ずかしめられた」、「無力」、「最低」、「怒っている」、「屈辱を受けた」などの言葉を使用できます。これらの言葉は、他の人があなたを理解しやすくし、あなたを助ける方法も考えやすいでしょう。

「私は~だと思う」「私の個人的な意見では~」「私は~だと信じる」の代わりに、「~だと気が付いた」「~のように見えた」「~だと感じている」などの感情動詞を使用します。前者は私たちの内面ではなく、思考プロセスについて言及するものです。

「考えないようにしよう」ではうまくいかない

あなたのパートナーは髪を触られるのが嫌いだと想像してみてください。あなたが彼女の髪に触れるたびに、悪いムードになります。もし彼女があなたに「髪に触れられること」が好きではないと伝えていなかったら、あなたは愛情のジェスチャーとしてこれを続けるのも当然で、彼女はずっと迷惑に感じるかもしれません。そして最後に、何かがバランスを押し上げ、パートナーが爆発し、なぜなのかあなたは理解できません。

あなたは彼女が大げさだと思うでしょうし、あなたはその不快感の原因を別のことのせいにするでしょう。そして結果は期待どおりにならず、彼女の恐れ、怒り、または不快感があなたにぶつかってくるでしょう。この例からも、沈黙が最良の選択肢ではないことがわかります。問題について考えようとせず避けているばかりでは、自分の不快感も周りの不穏感も長引いてしまい、衝突を起こすことさえあるのです。

「考え」ではなく「感情」を伝える

感情を表現したいときは、「を感じる」という動詞を使用します。私たちが思考を伝えるなら、私たちは 「だと感じる」を使用します。その違いは微妙で、「感情」を感じるか、「状況」と感じるか、の違いです。。たとえば、「怖いと感じる」(感情)、「恐怖が私を麻痺させていると感じる」(思考)。

この最後のケースでは、私たちは感情を合理化しているか、あるいは状況にどのように反応しているのかです。それは、私たちが既に感情の原因を認知的に処理したことを意味します。私たちはもはや状況が私たちに及ぼしている影響ではなく、その結果の可能性を説明しているということです。

カップルが話している

感情的な責任を実践する

「あなたは私を〜という気分にさせる」と自分自身を説明し始めると、相手を責めるだけでなく、自分の気持ちに対する影響力を相手に与えていることになります。感情に対する責任は個人的なものであって、他人に譲渡はできません。それを他人に与えたがるのは、倫理的でもなければ可能でもありません。さらに、その行為はあなたの周りの人々との問題を引き起こす可能性があります。

自由に話す

長い間くすぶっていたことについてついに話をする時、どう感じますか?あたかも何かが解放されたかのように感じる、そうですよね?話すことは治療的でかつ、救済的です。多くの研究によると、気持ちを伝えるのを避けようとする人々は、がんのリスクが高い可能性があると言います(Chapman、Fiscella&Kawachi 2013)。

人間として、私たちは感情を感じます。それは私たちにとって自然なことです。自分自身を尊重する最善の方法は、感情と共に生きることを学ぶことです。感情を受け入れ、それらを理解しようとすることです。

一度感情を表現しようとすると、次回はより簡単にできるようになります。そうこうするうちに、あなたはこれに慣れて、それは毎日の習慣になるでしょう。これに成功すれば、他の人よりも大きな感情的な利点を得られます。

あなたの感情を表現することは、あなたの関係の質を高めるでしょう。それは他人との関係だけでなく、自分自身との関係もです。

彼女の額にキスをする男性

感情を健康的に表現する

私たちが感じているることを大声で表現した時、感情が引き起こしている不快感を少し減少させます。これは、感情を声にすることで、扁桃体が活動を下げるからです。 これは、感情的反応を減少させます。(Lieberman et al., 2007)。

さらに、感情を表現する方法を知ることは、あなたの精神的な強さと困難な瞬間や状況に直面した時の能力を向上させます(Kross et al., 2009)。 それは、予期せぬ出来事にどのように反応するかをメンタル面で準備してくれます。

感情を表現する時間を投資することは、簡単なタスクではありませんが、対人関係の質を向上させます。 それは、心の内面での努力と、自分自身の完全な受け入れを必要とする努力です。

あなたへおすすめ