起床時に疲れを感じないための6つのポイント

· 2018年9月22日

目覚めた時疲れを感じ、あと何時間か寝たいと思ったことはありませんか?早めに布団に入り休んでも、目覚めるとまだ疲れています。朝、よく休めたと感じるためには、何時間寝たかは重要です。しかしその他にも、見逃しがちな原因があります。

人は睡眠の重要性について軽視しがちです。よく眠れないと、記憶のトラブルやイラつきに影響し、目的が定まらない行動をしてしまいます。

このような問題に関する研究はいくつもあり、例えば、世界保健機関(WHO)は、1日6時間以上の睡眠を推奨しています。また、食生活や身体運動は睡眠の質に影響します。WHOは、睡眠が倦怠感に関わり、その日のタスクの遂行に重要であり、必要なものであると主張します。

起床時の疲れ

起床時に疲れを感じないための6つのポイント

生活習慣を改善するだけで、倦怠感に負けず、エネルギーを回復し、起床時に疲れを感じなくなる方法があります。ここでは、エネルギー溢れた一日を送るためのアドバイスをご紹介します。健康に大きく影響することです。頭に入れておきましょう!

1.健康的な食生活

エネルギーを蓄え、さわやかに目覚めるために、まず、マグネシウムや鉄を含む食品を取り入れましょう。ナッツ類や魚、野菜などです。

朝ごはんは大切です。代謝を活性化し、体を整えてくれます。

2.就寝前の食事を避けよう

消化には時間がかかります。日中、3~4時間おきに食事をとり、夜食べ過ぎないようにしましょう。

最初はこの重要性を疑うかもしれませんが、これは、起床時に疲れを感じないためのカギです。食事をとると、体は食物を消化しようと活発な状態になるため、睡眠の妨げになります。

3.午後のコーヒーは止めよう

一日の仕事を終わらせるために、コーヒーが必要だという人も多いでしょう。午後2時以降のカフェイン摂取は、睡眠に影響を与えるというデータがあります。カフェインが睡眠の質と量を下げ、その結果起床時に疲れを感じてしまいます。

コーヒー好きの人から朝のコーヒーを奪うことはできません。ただ、午後のカフェイン摂取の習慣は変えたほうがよいでしょう。これも眠りを妨げないためです。

「病気は健康を、空腹は満腹を、疲労は休息を喜びに変える」

-ヘラクレイトス-

コーヒー

4.電子機器の使用を止めよう

電子機器の刺激は、心と体を活発モードにします。また、電子機器の放つ光は、睡眠サイクルを調整するホルモン、メラトニンの値を変えることも忘れてはいけません。

パソコンやケータイなど、就寝前の電子機器の使用は止めましょう。読書など別のものに代えると良いでしょう。

5.運動を習慣に

これは矛盾するように感じるかもしれませんが、目が覚めるのを早すぎないようにするためのカギです。毎日の運動はホルモンバランスを整え、インスリン抵抗性を高め、入眠をスムーズにします。さらに、活力不足を解消するためにも重要です。

体は動かすためにあります。その体を動かさないと、気分が下がったり、むくみや倦怠感を感じるようになります。

運動

6.寝る時間を一定に

就寝時刻と起床時刻を一定にしましょう。時間を決めることで、体は、起きて活発になる時間と休む時間を調整します。体が必要とする時間、休息を取りさえすれば、睡眠の質は上がります。

すでに実行しているという人もいるでしょう。これらが、起床時の疲れを避けるシンプルな6つのポイントです。睡眠は、生活の質を高めるだけでなく、新たな挑戦へと足を進めるエネルギーを蓄えることにもつながります。