子どもの感情処理に役立つ読書

14 4月, 2020
子どもの感情処理の方法として読書をすることは、感情の発達において非常に有効です。どのような本が良いか、読書により、何が得られるかを学びましょう。

読書は大切です。感情処理の方法として読書を使うことができるため、子どもにとっては特に重要です。読書は、子どもが自分の感情知性を理解し、学習するツールになるのです。

文字を解読することがだけが読書ではありません。その意味を解釈することに加え、子どもの成長と共に複雑になる神経接続を作り出します。

子どもは本を読むことで、感情記憶に役立つメッセージを理解しながら、脳が多様かつ詳細になっていきます。そして価値観を取得するための貴重なツールとして、読書の習慣がついてきます

読書 感情処理

 

感情処理に役立つ読書

親や先生などは、子どもの学習において重要な人達です。形式的、理論的知識の取得だけでなく、実践的知識を身につけるのにも重要になります。そして、感情処理においても子どもの役に立つことができます。

子どもが自分でできるタスクを親がしてしまうと、子どもは劣等感や無能感を抱き、自分は簡単なことやいつものこともできないと感じてしまうと専門家は言います。

さらに、劣等感が強化されると子どもは不安になります。そこで、自分でできることはたくさんあるということを、大人が手伝うのをやめて示してあげることが重要です

では、自分は役に立ち、自分にできることがあると子どもに示すためには、大人には何ができるでしょう?ここで、感情処理能力が重要になります。そして読書は、この感情処理能力を高めるための大切なツールなのです。

 

どのような本を読むか?

感情処理にはどんな本でも有効ですが、より役立つ本があります。このような本を親や先生が大事にすると、子どもの感情知性は高まるでしょう。

例えば、子どもやティーンエージャーのための哲学、子どものための心理学を重視したストーリーや劇なども、感情処理能力の発達にピンポイントで役立つようです。子どもは自分の能力を活かし、感情を切り替えることを学びます。これは、特に移行期において非常に重要です。6歳から8歳にかけて、あるいは思春期がこの時期に当たります。

自分の過去を思い返してみると、昔話には「道徳」が隠されていることに気づくでしょう。ひとつひとつの小さな知識が、どこか哲学の世界へ通じています。

今、子どものための哲学の本も多く出回っています。心理教育学者や心理教育の専門家で哲学を専門としている人達により、批判的な立場から世界を探索する本が多く書かれています。このような本は、子どもの感情処理や感情の発達を助けます。

感情処理 読書

 

感情処理に役立つ本には何が書かれているか?

この種の本では、主人公が自分の感情を解釈しながら物語が展開されます。ここから子ども達は、自分の感情の処理に関する実践的で興味深い教えを学びます。

また、この主人公から受け取る教えは、本の中からその本を読む子どもの心へと跳躍します。そして、子どもは貴重な教えを受けるのです。

「新たなアイデアをもつ人は、それが実るまでは、変人である」

-マーク・トウェイン-

同様の本は、思春期の子どもにも有効です。思春期の子ども達は、子どものアイデンティティを抜け出して大人としての道を進み始めるため、迷子になったような気分を抱くことがあります。そこで本が役立ちます。思春期は、自分の感情と感情知性を理解し、高めるのに非常に重要な時期です

読書を通し、子ども達は自分の価値を認識します。読書をしていると、思春期に入る頃には、感情的経験が豊富になり、自律へのツールを備えます。それは子ども達のために書かれた本を読んだおかげです。

まとめると、読書は感情処理に役立つツールです。充実し、幸せで、責任のある人を形成する力のある本をぜひ活用しましょう。

Lantieri, L., Goleman D., (2009) Inteligencia emocional infantil y juvenil. Nueva York: Aguilar.