心の知能:日々使うことの重要性

· 2018年4月15日

こころの知能は、より良く感情を認知し管理するための機能における、ただのアプローチや方法以上のものです。わたしたちは、もっと強固で尊重された人間関係を築くための、本物の感情的気づきの獲得についてお話しします。

また、もっと安定して、成功した、生産的で幸せな人間として自分を見るためにも、とても有効な方法です。

 

あなたも、このことについて読んだことがあるかと思います。学校、大学、仕事など、どこかで心の知能に関して聞いたことがあるかと思います。多くの人は心理学者のダニエル・ゴールマンの名前を聞いたことがあるかもしれません。

「高次の集合的知能指数を達成するカギは、社会的なハーモニーだ。」
-ダニエル・ゴールマン-

しかし、ゴールマンが有名な本『こころの知能』を1995年に出版するより前に、「こころの知能」という考え方は1964年にMichael Beldochによって科学界に紹介されていました。

Michael氏は、コミュニケーションや感情的敏感性、それらがわたしたちの人間性やパーソナリティにどう影響するかを議論していました。それ以来、このトピックは大きく進化し、異なるアプローチや評価がされています。

化学的な厳格さが全く見られないとする専門家もいます。彼らは、こころの知能が知能の「別の」タイプであるということを受け入れません。

その代わり、こころの知能は知能そのものの別の領域とみています。スキルのようなものです。しかし、心理学的・社会的・動機的観点から見ると、こころの知能はわたしたちの生活に否定できないほどの影響を及ぼします。ダニエル・ゴールマンの説にどんな穴があろうとなかろうとです。

こころの知能はわたしたちの生活の質、人間関係、自己認識、仕事でのパフォーマンスですら改善してくれます。学校でカリキュラムに組み込まれるべきといってもいいアプローチです。これがあれば、もっと満足のいく、安定した幸せな子どもたちに育てていくことができます。

この感情的気づきは、個人的・社会的生活を改善するカギです。もう少し詳しく説明します。

ごちゃまぜ
こころの知能はもっと満足のいく生活のカギ

幼少期から、多くの人は感情的抑制を行うよう教えられています。気づかずして、親や先生は多かれ少なかれ感情を押しとどめるように教えています。彼らは次のようなことを言います。泣くのはよしなさい。小さい子じゃないんだから。」「怒りを感じたら、内に留めておきなさい。」「なんでも大げさに受け取りすぎ。」などです。

自分自身及び他人の感情世界への乏しい敏感性は、毎日のシチュエーションに影響します。家族環境の中では、(深刻なものであったとしても)感情を表現しないように教えられます。

しかし、ヒエラルキー構造が未だはびこっている仕事場でも見ることができます。すぐに物事を終わらせることにフォーカスし、抑圧的かつストレスの多い仕事環境を作り出しているリーダーたちに邪魔されます。

ゴールマン博士は、こころの知能はどんな関係でもとても重要だと述べています。さらに、こころの知能には重要な目標があります。もっと満足のいく人生を与えることです。どうやって行うのかは続きを読み進めてみてください…

こころの知能が高い人はなぜ幸せなのか?

こころの知能をアンテナとしてイメージしてみましょう。内側・外側の両フィードバックのアンテナです。このアンテナのお陰で、自分のことをよりよく知れます。自分の感情や他人の感情をよりよく理解できます。

  • こころの知能のお陰で、より自分自身への気づきが高まる。
  • 自分の感情をよりよくコントロールできる。
  • 感情的・認識的共感力を養う。
  • 自分に対してよりコミットする。
  • 社会的意識が高まる。

「直接目を見つめることは、共感力のドアを開ける。」
-ダニエル・ゴールマン-

仕事場に適用されるこころの知能スキル

仕事場での規範が変わり始めています。「ギグエコノミー」のような発達や様々な仕事の自動化をうけ、この部門の多くの専門家は、一つとても具体的な警告を発しています。未来には、技術的な知識には価値がありません。もっとパーソナルなスキルが重宝される、ということです。

そして、自動化された経済のカギは、創造性、クリティカルシンキング、機転、こころの知能などのスキルです。これはどういうことでしょう。労働者はいままで見過ごされてきたこころの知能のようなエリアにもっと投資するほうが賢明だということです。

こころの知性

こころの知能が仕事場に適用されるなら、次のスキルを磨いてみてください:

自己認識

  • 感情的気づき:自分や相手の人の感情をすぐ認識する方法を理解している。
  • 感情的自己評価:自分の強さや限界を認識する方法を理解している。
  • 自信

自己制御

  • 自制: 重要な場面でコントロールを保つ力。
  • 信頼性: 正直さと統制の重要性。
  • 適応力: 変化を受け入れる柔軟性。
  • イノベーション: 新しいアイディアやアプローチを受け入れ促進する重要性。

モチベーション

  • 成功を重視した卓越性を身につける。
  • 組織の目標にコミットする。
  • イニシアチブと希望を持つ。
  • 楽観的で粘り強くいる。空飛ぶクジラ

こころの知能は子どもを育てる「燃料」

こころの知能は、子どもとその家族や友人がより良い人間関係を形成するためのドアを開きます。人生におけるバランスのとれた見方を養い、学校でポテンシャルを引き出すチャンスを上げます。

自分の感情的世界を統制し理解できる方法を知っていることは、学び・集中力・記憶・いらだちのコントロールなどのツールボックスに特異まれな能力を持っているということを示してます。

「自分の感情を表すことができる能力は、基本的な社会的スキルだ。」
-ダニエル・ゴールマン-

一方で、19世紀の権威ある医師のウイリアム・オスラーは面白い警告を発しています。感情を自分の第一言語にする子どもは、感情によって世界を理解し、コミュニケーションを取り、物事を求め、自分を表現し、交流し、探求します。彼らはそうやって意識を発達させます。

だから、わたしたちは子どものガイド、仲介者、翻訳者にならなくてはいけません。そうしなければ、いらだちのような感情は大人になるまでその子を制限し続けます。

裸のこども

こころの知能を子どもに教える際の重要ポイント

こころの知能は、子どもの日々の生活の一部を形成する以下のポイントを与えてくれます。それは、わたしたちが彼らのこころや精神に植え付けるべき力や幸せの種です。

  • 自分自身の感情の認識。ラベル付けし名前を付けられるように、早い段階で自分の感情を認識し分別する方法を学ぶべきです。
  • 感情的状態の管理。若者が成長し成熟する過程で、自分の感情を管理しコントロールする方法を学ぶべきです。
  • セルフモチベーション。人生における必要不可欠な戦法は、自分の感情を具体的な目標に向かって動かし、自分自身のモチベーションを上げることです。
  • 共感力。他人の感情を認識する重要性は、こころの知能の基本です。自分の言語的・非言語的ヒントに合わせることができるからです。

最後に、子ども同士の個人的なふれあいを促進することを忘れてはいけません。特に、それをどううまく行うかです。アサーティブネスや対立解決が子どもたちの生活で大きな変化を生み出します。

こころの知能はわたしたちの人生を養い、生き返らせます。なぜでしょうか?それが人生における様々なエリアにおいてわたしたちに影響を及ぼすからです。 こころの知能を風にして、複雑で常に変化する海を乗り越えましょう。