コントロールを失う恐怖

2018年9月4日 in 感情 0 シェア済み
顔の隠れた女性

不安があなたをおそう時、すべてが闇に包まれます。コントロールを失う恐怖は簡単にあなたをつかみ、最も難しい感情が主導権を握り、思考は恐ろしいシーンを描きます。そこから自分を守らなければなりません。人を傷つけないよう、対処の仕方を学びましょう。

誰もが体験する、最も身近で共通しているのがこの種の恐怖です。例えば、職場で疲労が重なった人が、今までの静けさを爆発させます。

「大切な人間関係において、感情に任せてコントロールを失ったり、その場しのぎの対応をするべきではない。」

-ナポレオン・ヒル-

責任を背負ったもそうです。終わりのない問題や心配がストレスの鎖のように感じます。このような状況では、コントロールを失う恐怖を抱えた人は、大切な人へ何か悪いことを言ったり行動に移してしまうことがあります。

これに無関係な人はいません。ただ、日々の生活である程度の恐れを感じることは異常ではありませんが、その程度が問題です。自分の中にもう一人の人物がいて、悪い方が顔を出すようなものです。

コントロールを失う

不安にコントロールされるとき

ロバートは、不安に悩まされ浮き沈みの激しい日々を過ごしていました。一年近く無職で、生活のあらゆる部分で苦しんでいます。彼の親はそれを心配し、夕食に誘うなど元気づけようとしています。前回の食事の時、ロバートは自分がコントロールを失うことを恐れていると気付きました。

先週家族で食事をした際、ロバートの状況について兄が言った一言をロバートは悪くとらえてしまったのです。感情的になり、過剰な反応をしてしまいました―怒り、大声を出し、後で後悔するような言葉を発しました。母親は泣きだし、兄はテーブルを叩いて去っていきました。ロバートは自分の抱える問題を分かっていましたが、その対処法を知らなかったのです。

このような状況に心当たりはありますか?どのような刺激が、不安を行動、思考、反応に変えるか理解しておくことが重要です。

うつむく男性

不安の悪魔

心配や恐怖、不安を多く抱えていると、脳は周りにあるもの全てが危険で注意するべきだと捉えます。その結果、周りの人や物事から自分を守ろうとするのです。

  • 合理的な判断ができなくなり、コントロールを失い、より野性的で、効率が悪く、論理的でない行動を起こす。
  • 現実に不快感を覚え、全てが嘘のようで、自分とは関係ないことのように感じる。これは離人症と呼ばれる。
  • 物事に過敏になり、常に自分を守ろうとする。些細なことに過剰反応し、ネガティブな考えや悪い予感が常にある。

コントロールを失う恐怖の対処法

「あらゆる状況において、人はどのように対応するか選ぶことができる。最良の道を選ぼう」と自己啓発本にはよく書かれていますこの言葉は、心を打つものですが、不安でいっぱいの時、最良の道とは何かもわからないものです。

不安な心は、考えず反応します。不安な心はそれ自体を完全にコントロールすることができないため、最良の決断ができないのです。このような状況を解決するのは簡単ではありません。呼吸や明確な思考の邪魔をするコブが自分の中にあっては、やる気だけでは解決できません。

コントロールを失う恐怖を消すのに効果的な方法を見てみましょう。

蝶々

不安にコントロールされるのを防ぐ方法

  • 自分をコントロールしようとするのをやめましょう。少し考えてみてください―不満を自分で処理し、思いを隠し、感情を飲み込み、気分が良さそうに振舞っているとします。ため込んだものは多く、それを吐き出し解放する必要性が出てきます。恐がらず、内に貯めたものを解放し、自分の思いを口から出しましょう。
  • 恐怖とその理由を話しましょう。恐怖を言葉にして名前を付けると、その力を弱めることになります。「感情のコントロールができなくなり、後で後悔するようなことを言ってしまい、家族を失うことが怖い
  • 感情と思考をコントロールしましょう。認知行動療法の根底であり、自分のコントロールを失う恐怖を抱える人にピッタリの治療法です。

最後に、体を自由にし、心を自由にしましょう。ヤコブソンの筋弛緩法、マインドフルネス、ヨガ、その他の運動など様々な方法があります。身体的緊張を解きほぐし、心もリラックスさせます。

働きかけるだけで、自分のコントロールを取り戻すことは可能です

あなたへおすすめ